お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

藤堂平助藤原宜虎の家紋と生涯|伊東甲子太郎の弟子で新選組を離脱した隊士

   

 

新選組には、局長・近藤勇が江戸で道場をやっていたころから懇意の隊士が複数人いますが、藤堂平助もその一人です。平助は、新選組の幹部として活躍した土方歳三・沖田総司と共に京都に上洛し、やがて結成した「新選組」をもりたてていく人物の一人。「新選組」では「副長助勤」「八番隊組長」とかなり重要な役割を果たしており、近藤も平助のことをとても信頼していました。そんな彼の家紋と生涯について解説します

 

スポンサードリンク

 

藤堂平助の新選組離脱~そして死

「池田屋事変」でも、近藤らとともに池田屋に踏み込むなどの活躍を見せた平助ですが、その後に新選組を離脱しています。近藤に可愛がられ、自らも近藤を慕っていた平助が、どうして新選組を離脱してしまったのでしょう?

 

新選組の参謀・伊東甲子太郎の存在

新選組を結成してからしばらくして、「伊東甲子太郎」という人物がやってきました。伊東は江戸で道場をひらいており、その時の弟子に藤堂平助がいたと言われています。この縁から、平助が伊東を近藤を仲介して新選組入りが実現したとか。

 

総長・山南敬介より格上の参謀となった伊東甲子太郎

伊東は自分の同志たちと一緒に上京。そして、もともと新選組で参謀のような役割を果たしていた「総長・山南敬介」より格上の「参謀」の地位で迎えられました。伊東は知識が豊富であったばかりでなく、話し上手で人望もあり、近藤はこの伊東に心酔したせいで副長・土方との仲が悪くなったと言う説があるほど。

しかし、伊東が「幕府が長州藩と和解すれば日本はひとつになれる」という考えなのに対し、近藤たちは「長州を倒すべき」と訴えていたために思想が合わず、伊藤は新選組を脱退することになります。

 

スポンサードリンク

 

脱退が許されない新選組!伊藤と同時に脱退した藤堂平助

新選組は「脱退」が許されないため、伊東は頭を使って「孝明天皇の墓を守る御陵衛士として働くことになった」と近藤に説明。実際にこれを朝廷も認めていたため、近藤たちも認めるしかありませんでした。この時、伊東について新選組を出た隊士の一人に藤堂平助がいました。

 

「伊東が近藤を暗殺しようとしている」という一報

その御陵衛士の中に、新選組からのスパイ・斎藤一もいました。ある日斎藤は、伊東たちが近藤の暗殺をたくらみ、新選組を乗っ取ろうとしていると知らせます。この説については疑問もあるのですが、近藤は激怒して伊東の暗殺・御陵衛士の殺害を決めます。

 

近藤勇との歓談後に殺害される伊藤と藤堂

近藤は伊東を呼び出して歓談しつつ酒を飲ませ、帰り道に殺害しました。そして、わざと伊東の亡骸を放置し、亡骸をとりにやってきた御陵衛士たちのことも殺害しました。この時、殺害された隊士のたなに藤堂平助もいたのです。

近藤は、事前に「まだ若い平助を殺したくはない。逃がせ」と命じており、現場に赴いた永倉新八らも平助のを逃がそうとしますが、その計画を知らなかった別の隊士が平助を斬りつけてしまい、絶命してしまったそうです。享年23歳。

斎藤一と並んで若い隊士であり、江戸からずっと一緒だった平助の死は、近藤たちにやりきれないものを残しました。そして、新選組はここから転がり落ちるように過酷な運命をたどることになるのです。

 

スポンサードリンク

 

藤堂平助の家紋は蔦紋

家紋
藤堂平助の家紋は「蔦紋」です。この家紋は、その優雅な形から遊女たちが好んで使用したとも言われています。

 

スポンサードリンク

 

 - 幕末・新選組の家紋