お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

浅野幸長の家紋とは?父長政の才能を受け継ぎ、秀頼と家康の「二条城対面」を実現させた戦国武将

   

浅野幸長
 

浅野幸長といえば、「関ヶ原の戦い」以降に二条城で実現した「徳川家康と豊臣秀頼の面会」を実現させた人物です。この面会は非常に重要な意味を持つ出来事となりました。本記事では浅野幸長の家紋と人物像について解説します。

 

スポンサードリンク

 

父の代から豊臣家に仕えていた幸長

浅野幸長についてお話しする前に、幸長の父・浅野長政について説明しなければなりません。浅野長政は、豊臣秀吉の妻・おねの義理の弟です。秀吉とおねは、戦国時代には珍しい恋愛結婚。このことを考えても、おねの義理の弟である長政が豊臣家に深くかかわるのは当たり前のことでした。長政は豊臣家への貢献を買われて、「豊臣五大老」の一人にもなっています。

そんな長政の子供である幸長ですから、もちろん小さなころから豊臣家と深い縁がありました。幸長は父よりもさらに優秀な子供だったようで、秀吉は父よりも幸長の方を高く評価しています。

 

秀吉の朝鮮出兵に参加した幸長

幸長の優秀さが際立ったのは、秀吉の「朝鮮出兵」でしょう。朝鮮出兵にて期の軍に追われ、城に籠城した幸長は、仲間の軍が次々と壊滅的なダメージを受ける中でも相手を銃撃し、毛利の救援が来るまでの時間をしのぎました。

 

石田三成との対立~家康と秀頼の面会を実現させるまで

秀吉の死後、秀吉の家臣・石田三成と徳川家康の間で「関ヶ原の戦い」が勃発します。勘違いされやすいのですが「関ヶ原の戦い」はあくまで「豊臣家の中での派閥争い」。「豊臣家の中で家康と三成どちらを推すか」という争いであって、あくまでトップは豊臣秀頼だったのです。なので、秀吉の忠臣であった福島正則も「三成を倒したい」という気持ちから家康についています。

 

スポンサードリンク

 

三成と反りが合わなかった幸長、東軍に参加

幸長も、石田三成とは反りが合わなかったようで徳川家康に味方していました。その結果、「関ヶ原の戦い」で三成は敗北したのですが、思ってもみなかった出来事が起きました。この戦いを境にどんどん力を付けた家康が、「征夷大将軍」に任命され、自分で政権をつくりはじめてしまったのです。これで、秀頼の影はどんどん薄くなってしまいました。

 

家臣だった家康に上洛を求められる豊臣家

秀頼が右大臣となったあと、家康は面会のために上洛しなさいと秀頼に言いますが、「どうして家臣に面会に行かなければならないのか」と母・淀殿が反発。しかし、その六年後にもう一度「京都の二条城に上洛して挨拶するように」と言われたときは、徳川の力は無視できないほどに大きくなっていました。

 

渋る秀頼を説得できたのが幸長・加藤清正、福島正則

ここで、渋る淀殿を説得して秀頼を上洛させたのが幸長です。幸長は淀殿を説得した上で秀頼の上洛に付き添い、さらに家康と秀頼が面会する時も見守っています。秀頼になにか大事がおきないように、幸長と加藤清正・福島正則は傍で秀頼を守ったのです。

 

豊臣家を存続させたい気持ちが秀頼にも通じる

この面会については意見が分かれますが、「秀頼が家康に臣従した」という見方もあり、秀吉の代から続いた徳川政権のひとつの区切りとみていいでしょう。幸長は、秀頼側が二度目の面会を断ることで、家康に攻撃されることを避けたかったのでしょう。

時代の流れをみても、今後は家康が中心となった世の中になっていくことは一目瞭然。でも、幸長は「たとえ豊臣が一大名になっても、家を存続させたかったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

最期は暗殺か?幸長の死には謎がいっぱい

そんな幸長ですが、38歳で突如この世を去ってしまいます。戦国時代には短命な武将がたくさんいますが、それでも38歳で亡くなるのは早い方です。なぜ死んだのかについては諸説ありますが、「豊臣への忠誠を崩さなかった幸長が邪魔で、徳川方が暗殺した」という見方もあるとか…。

はっきりしたことは解りませんが、時期が時期だけに十分あり得ることです。こうして、豊臣側の勢力が少しずつ減っていったことも、豊臣政権が倒れる理由になったのでしょうね。

 

浅野幸長の家紋

 

家紋
 

浅野幸長が使用していた家紋は、「丸に違い鷹の羽」という家紋です。
中央で二枚重なったように見えるのが、「鷹の羽」です。鷹は非常に力強い鳥であることから、「武威がある」として武家に良く使用されていました。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋