お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

斎藤道三の家紋と人生を解説!油商人から城主への道

   

美濃のマムシと呼ばれる斎藤道三ですが、いかにも戦国時代の戦国武将という破天荒な存在です。度重なるクーデーターを起こしてのし上がったのですが、彼の生い立ちがどのようなものだったかって気になりませんか?

元々は商人だった彼がどうやって成り上がったのか、
また、現代人にも教訓となる彼の周囲との関係性、
そして彼の持つ家紋の由来などを本ページでは順に解説していきます。

 

スポンサードリンク

戦国時代は、家臣が君主を倒してその座を奪う「下剋上」が当たり前のように行われていました。
昨日まで臣下だった人物が、何日か後には主の座に座っている…ということが当たり前だったのですが、その下剋上でのしあがり、また下剋上で身を破滅させたのが斎藤道三という人物です。

dosan
 

もともとは油商人だった斎藤道三

若い頃は京都で僧侶をやっていたとも言われていますが、何らかの理由で美濃に渡り、「一文銭の穴を通して油を注ぐ」というパフォーマンスで人気を集めていました。

そんな生活を送っていた道三ですが、美濃の国で力のあった「長井家」に仕えることになります。この長井家の紹介で、さらにその主人であった土岐頼芸に仕えはじめます。

この土岐頼芸は美濃の国の有力者だったのですが、頭がキレる道三のことをとても気に入り、自分の側室を彼の妻へとしたほどです。

 

一回目のクーデターのターゲットは主人の土岐頼芸

さて、その土岐頼芸なのですが、美濃の国大名として活躍していた土岐政頼と仲が良くありませんでした。
「邪魔だったら追い出せばいい」が戦国時代の倣い。頼芸は道三と手を組み、夜に政頼を襲って美濃の国から追い出してしまいます。

これが斎藤道三の一回目のクーデターです。頼芸は政頼に代わって大名となり、彼の一番信頼できる家臣として道三は仕えるようになります。

 

続けざまに行われる道三のクーデター!恩人の長井氏を殺害

D22M78.TIFF ところが、この強引すぎるやり方は美濃の有力者たちの反発を招いてしまいます。その反発する勢力の中に、かつて道三を頼芸に紹介してくれた長井氏もいました。

そこで、道三はかつての恩人であった長井氏を殺害。長井家をここで手に入れた道三は、次々と有力者を自分の味方に引き入れていきます。

そのうちに、美濃を統治していた斎藤家を手中に収め、ここで頼芸をも追い出しました。これで、彼は油商人から守護職(城主)まで上り詰めたのです。

スポンサードリンク

 

しっぺ返しを喰らい、クーデターで失脚する斎藤道三

道三の妻はかつての主君の妻だった

しかし、これで終わりにならないのも戦国時代。記述している通り、道三の妻はかつての主君・土岐頼芸の妻だった女性です。実はこの女性、道三の妻になってすぐに「義龍」という名前の男の子を生みました。

ご存知の通り、妊娠してから出産までは10カ月ほどかかりますよね。それなのに、あまりにも早く子が産まれていることから、「その子供は土岐頼芸の子ではないのか」と周囲に指摘されるようになりました。

あまりにも強引なやり方でことを進めてしまったため、あちこちからの反発を招いていた道三。
土岐家も例外ではなく、道三はなだめるのに大変苦労をしていたようです。このため、道三は家督を義龍に譲ることで、土岐家とのもめ事を収めようとしました。

 

あまりにも頼りなく見えた息子「義龍」

 

dosan5
 

ところが、道三からみた義龍はあまりにも頼りない息子でした。身体は大きいけれど、本ばかり読んでいてとても大人しい義龍を見て、「これではダメだ」と考えた道三は家督を他の子供に譲りたいと考える様になりました。

これが道三の運命を大きく狂わせることになったのです。一度家督を譲り渡しておきながら、それを反故にして他の兄弟に譲りたいという道三に、義龍はかなりの不信感を抱くようになります。また、主君を次々と手にかけるという道三の非道さは、家臣たちから義龍の耳にも入ることになりました。

美濃の有力者であった土岐家も、「道三ゆるすまじ」の気持ちを固くしており、その周辺の家たちも土岐家と一緒に「道三を倒すべき」の声を強め、義龍を支持するようになります。

息子「義龍」の父「道三」へのクーデター

今まで下剋上で上り詰めた道三は、最期は息子からの下剋上によってその地位を失いました。猫の子だと思っていた息子の義龍が、生まれ変わったかのように虎の子のような采配をすることに、道三は「自分が子供を見誤っていた」と言い残したと言われています。
引用:https://ja.wikipedia.org/

なんとも戦国時代らしいエピソードを持つ斎藤道三。彼の人生こそ、この時代を象徴していると言ってもいいでしょう。

スポンサードリンク

 

斎藤道三の娘は、織田信長の妻・濃姫

斎藤道三は、自分の地位をより確固たるものにするために、自分の娘をかの織田信長に嫁がせています。それが、織田信長の正妻・濃姫。

 

dosan3
 

信長は若い頃は「うつけもの」と周りから馬鹿にされる存在ですが、道三は正装をして現れた信長を見て、「この男はただものではない」と見抜きました。「我が子は信長のもとに降りることになるだろう」という言葉を残しています。
道三は非道な下剋上の繰り返しから「美濃のマムシ」とも呼ばれていますが、人を見抜く目は確かだったのでしょう(自分の息子に関しては失敗していますが)。

 

斎藤道三自らデザインした「二頭波紋(にとうなみもん)」

斎藤道三が使用していた家紋は、「二頭波紋」という名称の家紋です。dosan4見た通り、波をデザインした家紋ですね。もともと斎藤家では別の家紋を使用していたそうですが、道三は自分が城主になったときにこの家紋に変えました。波の紋は力強さの表れといわれ、武家で多く使用されてきた経緯があり、道三はそのようなところからこの家紋を使うようになったと考えられています。

 - 戦国武将の家紋