お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

「鬼佐竹」と呼ばれた佐竹義重の家紋と生涯

   

「鬼佐竹」と呼ばれるほどにすさまじい猛将ぶりを発揮した佐竹義重。その佐竹義重の家紋と生涯に迫ります。

 

スポンサードリンク

 

部下の前で7人の敵を討ち取った

satake
佐竹義重は、敵におびえる部下の前で七人の敵を討ち取るなどの活躍を見せた武将。猛将として知られ、「鬼佐竹」とも呼ばれるほど勇ましい武将として知られていた人物です。

 

父から家督を継ぎ佐竹氏当主に

「常陸(現在の茨城県)」の武将である佐竹義重は、父から家督を譲られて当主に。

ただ、佐竹家では前当主が存命の間は前当主が実権を握るというしきたりがあったようで、父が生きている間は名前だけの当主でした。

 

父が亡くなった後に頭角を見せた義重

彼がその頭角を見せ始めたのは、父が亡くなったあとのこと。

常陸のみならず、下野や南陸奥にまで領地を拡大させた佐竹義重は、その勢いから当時圧倒的な勢力を誇った「北条氏」ににらまれることになってしまいます。

 

伊達政宗とのライバル関係

秀吉と懇意となり北条氏を抑えた義重ですが、伊達政宗とも戦いになります。

一時は最上義光らの勢いもあって優位に立ちますが、最上義光は政宗の叔父です。政宗は、義光の妹でもある母の義姫に頼み込み、最上義光と講和を結んでしまいました。

 

伊達家と講和を結び義重は家督を息子へ

この流れで義重は劣勢となり、伊達家と講和を結ぶことになります。

このせいで佐竹家は滅亡の危機を迎えたと言われ、この時に義重は家督を息子に譲りました。

 

スポンサードリンク

 

「小田原征伐」での活躍から、表舞台へ

そんな義重ですが、秀吉と協力して「小田原征伐」を実施。

小田原征伐で、権力者であった北条氏を滅ぼすことに成功しました。

さらに、伊達政宗と秀吉の関係が悪化したことから、常陸を支配することが認められることになります。

 

関ケ原でははっきりしない態度

「関ヶ原の戦い」で東軍・西軍のどちらにつくのか態度をはっきりさせなかったことから、家康との仲が険悪になりかけますが、家康と息子・秀忠に忠誠を誓うと宣言したために厳封処分で済まされ、家の存続は許されました。

その後、佐竹家は幕末まで続いています。

戦国武将の家で幕末まで存続したところは数少ないので、佐竹氏は家を守ったと言えるでしょう。

 

佐竹義重の家紋は「五本骨扇に月丸」

satakekamon
佐竹義重の家紋は「五本骨扇に月丸」というもの。よく見ると、扇に五本の骨が使われているのが解るでしょう。

 

佐竹氏が五本骨扇に月丸を使う理由

佐竹氏がこの家紋を使用するようになった理由は、平家軍だった佐竹家が源頼朝に領地を没収された後に、頼朝とともに戦に出ようとしたときに「真っ白い旗が頼朝の軍と同じだった」ことから。

紛らわしいことを回避するために、旗の上に扇をつけたことがはじまりだそうです。

以後、佐竹家ではこの家紋を使っており、もちろん義重も試用していました。あまり見ないタイプの家紋ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋