お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

福島正則の家紋の由来って?豊臣家に生まれながら西軍についた戦国武将

   

豊臣秀吉に多大なる信頼を集めていた戦国武将と言えば、福島正則。石田三成とは馬が合わなかったことはご存知の方も多いはず。

豊臣家に生まれ、次の豊臣家の家臣となるべく忠実だった、正則がなぜ関ケ原の戦いで徳川軍についていたのか、また彼が使っていた家紋にはどんな由来があるのか、についてみていこうと思います。

スポンサードリンク

 

福島正則の母は秀吉の叔母!

 
hukusima
 

福島正則は、秀吉の母の姉が産んだ子供です。このため、正則は小さなころから豊臣秀吉の小姓として身の回りの世話をし、将来は豊臣を支える武将としての地位を約束されていたのです。その通り、大きくなった正則は18歳で初陣を飾り、次々と武勲を立てていきます。

 

石田三成との確執が、豊臣との決別に

このように、豊臣秀吉の血縁だった正則は豊臣家のために力を尽くしてきました。あの豊臣秀次切腹事件でも、切腹せよとの命令を伝えたのは正則です。いかに豊臣秀吉に信頼されていたのかがわかるでしょう。

 

福島正則と対立していたのが石田三成

hukusima2
 

秀吉が行った朝鮮出兵で、正則と三成の仲はかなり険悪なものとなり、秀吉が亡くなってからは三成を襲撃する事件も起こしています。では、どうしてこんなに三成と正則は仲が悪かったのでしょうか?

正則は、小さなころから秀吉とその正妻・寧々に大切に育てられてきた子供です。

それだけに豊臣家への思い入れも強く、秀吉のために働いてきましたが、秀吉が亡くなってからの徳川家は秀吉の側室であった茶々(淀君)や、石田三成を中心に回るようになっていました。

茶々には、秀吉の子供である秀頼がいます。正室であっても子がいなかった寧々は、茶々よりも発言権がなかったと言われています。

 

スポンサードリンク



秀吉の死後、寧々をないがしろにする豊臣家

正則にしてみれば、お世話になった寧々をないがしろにされるのは面白くない。それに、血が繫がっているわけでもない三成に豊臣家を引っ掻き回されるのも嫌だったのでしょう。

これに関しては「寧々と茶々の関係はそう悪いものではない」という説もありますが、いずれにせよ正則が三成をかなり嫌っていたのは間違いありません。寧々側についていた正則にとって、豊臣家は非常に危険な存在になりつつありました。

このため、正則は勢力を拡大しつつあった徳川家に傾倒していきます。豊臣家では私婚を禁じていましたが、にも関わらず自分の娘を徳川家に嫁がせるなど、徳川との関係を強固なものにしていきました。

 

石田三成は兵を挙げ「関ヶ原の戦い」が勃発。

hukushima
 

豊臣家の血を引きながら、正則は西軍につき、石田三成との対陣を求めたと言います。残念ながらこれが認められることはありませんでしたが、このエピソードからもいかに三成を憎み、嫌っていたのかがわかります。

 

正則の誤算か?豊臣家滅亡へ

こうして石田三成を豊臣家から追い出すことに成功した正則ですが、その後に彼を待っていた運命は過酷なものでした。彼は、あくまで「豊臣家が嫌いなのではなく、石田三成が嫌い」だったのです。

だから、関が原以降に豊臣秀頼が病に伏した時はお見舞いにも行っています。正則が考えていたのは、「石田三成を追い出して、そのあとも豊臣の天下を支えていく」ということでした。つまり、正則にしてみれば関が原は「豊臣のお家騒動」。

しかし、関ヶ原の敗戦を引きずった豊臣家は力を失っていき、逆に徳川はどんどん力をつけていきました。とうとう家康は征夷大将軍となり、豊臣家は一大名となってしまいます。その後にどんどん豊臣側だった武将が亡くなっていき、豊臣を守るものが減っていきます。

スポンサードリンク

 

勃発した大阪の陣で豊臣家は滅亡

豊臣の血縁である福島家への徳川の対応は冷たく、正則もどんどん領地を減らされていき、出家してから64歳で亡くなっています。

石田三成が憎い!という一点で徳川家康についた関ケ原ですが、それが豊臣家を滅ぼす大きな要因となり、正則にとっていい結果にもなっていないことから「判断ミスだったのでは」という考え方もあるようです。

 

福島正則の家紋をチェック!

福島正則が使用していた家紋は、「福島沢瀉」紋。

hukushima

「福島沢瀉」

 

この「沢瀉紋」は非常に有名な家紋で、日本十大家紋に数えられているもののひとつ。沢瀉は、たくさん生えているところを見ると弓に使う矢が並んでいるように見えるため、戦に縁がある草とされました。武将たちの多くが、この沢瀉を家紋に用いているのはこのためです。

福島正則以外にも、秀吉の養子であった豊臣秀次もこの家紋を使用していたことが解っています。

 - 戦国武将の家紋