お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

前田利家の家紋の由来を画像付きで解説!加賀百万石の前田梅鉢紋の他に五七桐・菊紋も

   

前田利家
 

前田利家は、織田信長から豊臣秀吉に仕えた人物。「豊臣五大老」と呼ばれるほどの活躍をしただけでなく、一代で「加賀百万石」を達成した優秀な武将であることも有名ですね。そんな彼の家紋とこれまでについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

織田信長と前田利家

利家は、若いころは派手好きで破天荒な行動が多かったようで、決して評判はよくありませんでした。しかし、そこが「うつけ者」と呼ばれていた信長に気に入られたらしく、信長の小姓として働くことになったのです。お互いによく言われなかった者同士、気が合うところがあったのでしょう、信長は三歳年下の利家をとても可愛がり、利家も信長を主として非常に慕っていたそうです。

 

信長の目の前で信長の弟を斬首

しかし、利家はちょっとしたもめ事から信長の弟を斬首してしまいました。それも信長の目の前で、です。もちろん信長は激怒し、利家を家から追い出してしまいました。

 

弟の斬首を信長になんとか許してもらう

利家はこのことを深く反省したようで、信長の「桶狭間の戦い」では信長に許されていなかったにも関わらず参加し、敵の首を討ち取りました。しかし、弟を殺された信長の怒りは解けることがなく、その後の戦で敵の首をとってようやく許してもらうことができました。

 

信長が亡くなったあとは秀吉に仕える利家

その信長が「本能寺の変」で討たれたあと、利家は織田家の家督争いに巻き込まれることになります。羽柴秀吉と柴田勝家の間で起きたこの争いで、利家は「どっちにつくか」を求められました。どちらとも縁があった利家は、最初は勝家につきその後は秀吉につくという荒業をやってのけます。

結果的に秀吉が織田家の実験を握ることになり、利家は以後秀吉のために働くようになります。

 

スポンサードリンク


秀吉の死後も、利家の影響力は絶大

「豊臣五大老」と言われるまでに秀吉のもとで力をつけた利家は、秀吉の死後もその影響力を維持しています。
秀吉が亡くなったのち、豊臣家の中では石田三成とそれに反発する勢力が対立していました。石田三成は人間関係を築くのが苦手だったようで、秀吉の家臣であった加藤清正・福島正則らの彼に対する怒りは非常に大きかったといいます。

 

三成と秀吉の家臣・加藤清正、福島正則らの仲裁役として活躍

両者の間に立って仲裁をしていたのがこの前田利家でした。秀吉の忠臣でもあり、力もあった前田利家の存在を無視することはできなかったのです。しかし、そのさなかに利家は61歳でこの世を去ってしまいます。

 

利家亡き後、関ケ原の戦い勃発へ

仲介していた利家の存在がいなくなったことで、力をのばしていた家康をとめられる人間がいなくなってしまいました。そして、家康に加藤清正・福島正則らがついた「東軍」と、石田三成率いる「西軍」の間で「関ヶ原の戦い」が勃発したのです。

利家がもう少し長く生きていれば、もしかしたら「関ヶ原の戦い」は避けられたかもしれません。

 

スポンサードリンク


実は、前田家の領地が100万石になったのは利家の死後?

「加賀百万石を実現した前田利家」と言われていますが、厳密に言うと100万石になったのは利家の死後です。豊臣政権のなかで90万石を得た利家ですが、「関ヶ原の戦い」の前に亡くなりました。

100万石になったのは、その「関ヶ原の戦い」で利家の子・利長が家康率いる東軍で活躍し、加増されたために100万石になりました。実は、子供の代でさらに増やして120万石にまでなっています。

 

家康の次に石高のあった前田家

しかし、こうして石高が増えてよかったことばかりではなく、力があるばかりに常に徳川幕府から監視されていたとか。家康の次に石高がある家ですから、警戒されるのは当然と言えば当然です。前田家は徳川家をたてながら、明治維新で幕府が倒れるまで大名の座を守り抜きました。

 

前田利家と言えば、奥さんの「まつ」が超有名

前田利家と言えば、本人もさることながら妻の「まつ」がとても有名ですね。「利家とまつ」というタイトルで大河ドラマになったことでもよく知られています。

まつは利家との間に11人も子供を産み、さらに秀吉の妻・ねねとも親しく、秀吉と利家の関係が悪くなりそうなときも仲介するなど、とても優秀な妻でした。利家と同じくらいまつは有名な存在で、前田家を語るときには欠かせません。

まつは、秀吉が亡くなった後に家康から前田家が疑いをかけられた時も、自分が家康の人質になることで前田家を守っています。その期間、なんと14年。前田家は家康と戦うつもりだったようですが、それで負けていたら今の前田家はなかったので、まつは身を挺して前田家を守ったのです。

 

加賀梅鉢紋:前田利家の家紋・由来について

加賀梅鉢紋

家紋 前田利家といえば、「梅鉢紋」ですね。「梅鉢」の家紋は、学問の神様で名高い「菅原道真」がよく使用していた家紋です。利家は、自分のことを「道真の末裔」と宣言してたそうで、その関連から梅鉢紋をよく使用していました。こちらの家紋ですね。

 

スポンサードリンク

しかし、この家紋は時代と共に変化したようで、後に前田家では「中央の部分が刀のように見える家紋」を使用するようになっています。

家紋
 

よく↑が前田利家の家紋として紹介されていますが、利家が使用していたのは上の形の家紋で、こちらのものではないので注意しましょう。これは「変形星形の梅鉢紋」と呼ばれています。

 

 

秀吉から下賜された五七桐

 

家紋
 

豊臣秀吉の家紋で有名な「五七桐紋」も、前田利家が使用したもののひとつです。秀吉は、自分の家紋を家臣に多く下賜していたことで有名で、「五大老」と呼ばれるほどの忠臣・利家にももちろんこの家紋を下賜していました。日本の硬貨にも使われている非常に有名な家紋ですね。

 

「菊紋」も使用していた利家

 

家紋
 

また、利家は「菊紋」も秀吉から下賜されていました。菊紋と言えば、現在では「天皇家が使用している家紋」ですが、この時代にはまだ大名なども使用していたようです。ただ、利家はこの菊紋はあまり使用していなかったようですね。

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋