お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

加藤清正の生涯と家紋「蛇の目」と「桔梗紋」について|熊本城を作った戦国武将

   

加藤清正
 

戦国時代に活躍した武将で、「築城の名手」と言われている加藤清正。彼がどんな武将だったのか、家紋と一緒にを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

築城といったら加藤清正!関わった城は12城

加藤清正が「築城の名手」と呼ばれるのは、12もの城の築城に関わっているためです。有名なのは「熊本城」ですね。

 

熊本城を築いた清正

秀吉が大切にしていた部下である清正は、戦での活躍から若くして19万石5000石を与えられました。その時に清正が築いたのが「熊本城」です。

残念ながら、熊本地震で大きなダメージを受けてしまった熊本城。しかし、日本中の専門家たちが一丸となり「必ず修復させてみせる」と頑張っていますので、また完全な雄々しい姿を見せてくれるでしょう。

 

他にも名古屋城天守閣に江戸城の石垣も

他にも、「名古屋城」の天守閣を作ったのは清正ですし、江戸城の石垣も手掛けています。他にも多くの城に関わっており、築城に関して清正が高い評価を得ていたことがうかがえます。

 

スポンサードリンク

 

豊臣秀吉の親戚だった?加藤清正

加藤清正像
 

加藤清正は、豊臣秀吉の母の縁者だったと言われています。父を早くに亡くし、教育にとても熱心だった母に育てられた清正は、小さなころから寺に出入りして将来のための知識を身に着けていました。

 

「賤ヶ岳の戦い」では大活躍

そして、母のこともあり秀吉の小姓として働くことになったのです。秀吉と妻のねねはこの清正をとても可愛がり、清正も成長してからは二人の気持ちに応えるように功績をあげました。「賤ヶ岳の戦い」では、秀吉に「賤ヶ岳の七本槍」の一人と言われたほどの活躍をしています。

 

関が原では三成嫌いから東軍(家康)へ

秀吉が亡くなってからは、豊臣家の中で石田三成と対立。後に勃発した「関ヶ原の戦い」では、徳川家康の東軍に加わり、見事西軍に勝っています。

 

よくわかっていない!清正が亡くなった理由…

「関ヶ原の戦い」が終わった後は、家康と親しくしながらも豊臣家への恩を忘れず、秀吉の子・豊臣秀頼と家康の面会にも尽力しています。しかし、この面会を実現させた後に清正はすぐに亡くなってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

家康の毒殺の可能性も!?

船の中で高熱を出した清正は、熊本城に戻っても体調が回復することなく、そのまま息を引き取りました。この死の理由については、梅毒や性病が原因として挙げられることもありますが、「家康が毒殺した」と考える人も少なくありません。

豊臣家を越えた力を持つようになった家康ですが、いまだに豊臣家を重んじる清正の存在は面白くなかったはずですからね。ただ、これは憶測であり、今もはっきりしたことは謎のままです。

 

加藤清正の家紋

「蛇の目」紋

加藤清正の家紋は、「蛇の目」です。

家紋
 

ちょっと珍しいデザインの家紋ですよね。蛇の目に似ていることが、この家紋が生まれた由来と言われています。
加藤清正は、この家紋を甲冑にもつけていました。

戦国時代において、蛇は神聖なものとして扱われており、「お守り」の役目を果たすものとしてこの家紋が使用されていたと言います。また、見た目が解りやすいこととデザインに力強さがあることも、愛用されていた理由のようですね。

 

「桔梗紋」

もうひとつ使用していた家紋が「桔梗紋」。

家紋
 

加藤清正の主だった秀吉は、九州征伐をしたときに失態を犯した尾藤知宣の領地を取り上げました。

その尾藤から没収した家具を清正に与えたのですが、それらにはこの桔梗紋がついていました。そこで、秀吉は桔梗紋を清正に与えています。そのため、清正は桔梗紋も持っていたのです。

 

スポンサードリンク

 - 幕末・新選組の家紋