お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

海賊大名・九鬼嘉隆の家紋「七曜紋」について|信長のもとで鉄の船を作り上げた武将

   

九鬼嘉隆
 

戦国時代には水軍を率いて活躍した武将が何人かいます。有名なのは毛利水軍でしょうか。他にも、宇喜多水軍など有名な水軍があります。その中でも、「海賊大名」と言われるほどの見事な戦いぶりを発揮したのが九鬼嘉隆(くきよしたか)。信長のもとでその手腕を存分に発揮した九鬼嘉隆の家紋と人生に迫ります。

 

スポンサードリンク

 

毛利水軍に敗北した信長が、嘉隆に鉄の船を造らせた

九鬼嘉隆は、織田信長に仕えていた武将です。信長は戦の中で毛利水軍・村上水軍と戦いましたが、この水軍たちの強さに敗北してしまいました。この経験から、信長は「もっと強力な船を作る必要がある」と思い立ち、毛利水軍が利用していた木製の船を超える戦力の船を作ることを思い立ちます。

 

鉄甲船を率いた九鬼嘉隆

信長が考えたのは、鉄で全体を覆った「鉄甲船」。
毛利水軍をはじめとする「水軍」で使われる船の常識を破った発想でした。
あのルイス・フロイスがびっくりしたとも伝えられるこの船を率いて海に出たのが九鬼嘉隆だったのです。

 

当時の常識を超えた鉄甲船で織田・徳川を圧倒した嘉隆

この画期的な船を率いて海に出た嘉隆は、毛利水軍に快勝。その後もどんどん功績をあげ、彼の活躍は「海賊大名」と呼ばれるほどに良く知られるようになります。最新の船を率いて海戦を制する嘉隆の姿は、さぞ勇ましかったことでしょう。その様子が「海賊大名」の異名からも伺えます。

 

スポンサードリンク

 

信長没後は秀吉を支える

信長が「本能寺の変」で討たれた後は秀吉に仕え、あの小田原征伐でも活躍を見せ、秀吉の勝利に大いに貢献しました。しかし、その栄華も朝鮮出兵で敵方に敗れたことで暗雲が立ち込めます。

 

関ケ原では西軍に参加するも息子には東軍へ参加指示

「関ヶ原の戦い」では石田三成の西軍につきました。この時に嘉隆には息子がいましたが、息子には東軍の徳川家康につくように言っています。こうすることで、どちらがかっても九鬼家が存続できるようにしたのでしょう。

そして、戦は徳川の勝利へ。敗北した嘉隆は切腹してこの世を去ります。その後、九鬼家は二分されるなどして不遇の時代を迎えますが、明治維新ののちに両家共に子爵となっています。

 

九鬼嘉隆の家紋は「七曜紋」

九鬼嘉隆が使用していた家紋は「七曜」と言われる家紋です。

 

家紋
 

この丸は星をイメージしていて、星を使った家紋は戦国武将にも大変人気がありました。海賊大名と言われた嘉隆ですが、もしかしたら船の上から夜空に輝くたくさんの星たちを眺めたことがあったかもしれません。その嘉隆にぴったりの家紋ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋