お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

前田慶次の家紋「加賀梅鉢」を解説!かぶき者と呼ばれた戦国武将

   

ゲーム「戦国BASARA」でも有名になった前田慶次。本名は「前田慶次郎利益(まえだ けいじろうとします)」と言います。

あの織田信長とも縁が深い前田慶次の生涯と、家紋についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

 

実は史料に乏しい前田慶次

maedakeiji
 

ゲームや漫画の影響から、知名度が非常に高い前田慶次なのですが、実は彼に関するハッキリとした史料はあまり残されていません。

このため生まれもハッキリしておらず、織田信長の家臣であった滝川一益の子だったかもしれない…程度のものになってしまっていることが現実です。

ただ、どこかの子であった前田慶次が、前田利家の兄・前田利久の家に養子にいったことは解っています。

 

前田家の家督は利家になり運命が狂う

前田慶次は、養子となった前田利久の跡継ぎとして育てられ、ゆくゆくは城もかれが継ぐ予定でした。

しかし、利久が病弱であったことを理由に、織田信長は「隠居するように」と命じます。ここには、利家の弟・利家と仲の良かった信長の思惑が働いていたとも言われています。

ともあれ、前田家の家督は利家にいってしまったので、慶次の今後の予定は大きく狂ってしまいました。

利家とはやはり仲が合わず・・

その後も前田家にいた慶次ですが、家督を継いだ利家とうまくいくはずもなく、家を出ます。

慶次は、他の武将のように「戦って領地を広げたい」「天下統一をしたい」などという目標は薄かったそうで、その後は京都の都で教養を積むことに専念します。

スポンサードリンク


上杉謙信の息子・上杉景勝に仕えた前田慶次

その後、慶次は縁あって上杉謙信の息子・上杉景勝に仕えることになりました。上杉家は、謙信の時代は「越後国(今の新潟)を治めていましたが、景勝の代になって会津(今の福島県)に国を移されています。

 

ここでちょっと、慶次がいる上杉家のお話を

この景勝、実は徳川家康とすごく仲が悪かったんですね。会津での景勝の動きがあまりに怪しいので、隣の国(というか、もともとは上杉家の国だった)越後の領主が「謀反を起こそうとしているのではないか」と家康に言ったくらいです。

また、家康が上洛を命じても景勝は応じなかったので、家康自身も上杉家の動向を怪しんでいました。

 

家康に対して強硬な返事!直江状

naoe
自分から見ても動きが怪しい上に、隣の国の領主まで「上杉家は怪しい」と言われたので、家康はもう一度「上洛するように」という書状を上杉家に出します。

これに対する上杉家(というか、その家臣の直江兼続)の返事が、あの有名な「直江状」です。

 

直江状から関ケ原の戦いへ

直江状を見て大激怒した家康は、とうとう上杉征伐を決意。そして上杉家を攻めるのですが、その隙をついて石田三成が家康に対して戦を仕掛けました。

これが有名な「関ヶ原の戦い」です。ある意味、上杉家と直江状は「関ヶ原の戦い」が起きたきっかけでもあるわけです。

 

スポンサードリンク


その時の前田慶次

この直江状~「関ヶ原の戦い」の流れの時も、もちろん前田慶次は上杉家にいました。しかも、かなり優秀な働きを見せています!

最初は直江兼続と最上義光’(伊達政宗の叔父)とを攻めていましたが、その最中に関ヶ原は家康率いる「東軍」の勝利で勝敗がついてしまいました。

それを聞いた慶次と直江は退却戦に転じますが、この時に「殿(しんがり)」となって退却する軍の最後尾につき、追随する敵を追い払ったのが慶次。

この時は伊達政宗の軍も直江の首を狙っていたそうですが、両軍をものともせずに戦った慶次の戦いぶりは今も語られるほどです。

 

関ケ原の戦いの後、上杉家の領土は大幅カットに

この後、徳川家ににらまれた上杉家は会津から米沢にうつされ、領土も大幅に減らされました。年収で言うと、今まで1200万円あったものが、300万に減らされたという結果に…。

それでも、上杉景勝は給料を減らしながらも家臣たちの面倒を見続け、慶次もそれについて米沢に行きます。晩年は米沢の自然の中で暮らしながら生活し、72歳(諸説あり)で亡くなりました。

お墓の場所も2つの説があり、はっきりしていませんが、米沢の地に眠っていることは確かです。

 

前田慶次の家紋

umehachi 加賀梅鉢

前田慶次の家紋は「梅鉢紋」の中の「加賀梅鉢」という種類のものです。梅鉢紋にはたくさんの種類があるのですが、「加賀梅鉢紋」は前田家が独自に使用していたもの。

慶次は、おそらく前田家に養子に行った時にこの家紋を継いだのでしょう。主とは合わなかったようですが、それでも前田の名前は捨てていませんので、そのまま使い続けたと考えられます。

ちなみに、梅鉢紋の由来は学問の神様で良く知られる「菅原道真」が梅を愛したことから。そこから梅は菅原道真と縁が深いものとされ、今でも道真を祀った神社には梅紋が良く使用されています。

 

スポンサードリンク


 - 戦国武将の家紋