お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

山県昌景の家紋と生涯|武田二十四将の一人として知られる武田家最強の戦国武将

   

山県昌景は、武田信玄に仕えた「武田二十四将」の一人として知られる武将です。その彼の家紋と生涯について解説していきます。

 

山県昌景
 

スポンサードリンク


武田軍最強の「赤備え」を率いて山県昌景

武田信玄は生涯において「戦上手」と言われ、負けたことがあまりない武将なのですが、その誉れの裏にはこの山県昌景の存在がありました。山県昌景は武田家最強の「赤備え」という軍を率いていた人物でもあります。この集団は、「真っ赤に染めた鎧」を着用していたことから「赤備え」と呼ばれており、武田家生え抜きの人材を集めているとしてよく知られていました。

信玄のために働き、親族から「赤備え」を引き継いだ昌景

「赤備え」で非常に有名な山県正景ですが、この「赤備え」は最初から正景のものであったわけではありません。もともとは兄(叔父とも言われる人物)が率いていた舞台でしたが、武田信玄の息子が起こした反乱の影響から自害。そこで、残った「赤備え」を昌景が引き継ぐことになったのです。この時に、名前も「山県昌景」に改めました。

武田信玄、景勝に一生をささげた山県昌景

昌景はかなり優秀な武将で、数々の戦に参加しては信玄のために武勲を挙げ、武田家の勢力として大いに活躍。信玄が亡くなったあとも相変わらず武田家に仕えており、当主となった武田勝頼の補佐を務めています。
武田家の家臣の中でも、上位の立場にいた重臣として知られた昌景は、その生涯を信玄と息子の勝頼のためにささげたのです。彼がどれだけ武田軍にとって重要な人物だったのかは、彼の首に一級の価値がつけられたことからもよくわかるでしょう。

今でも語り継がれる長篠の戦いでの昌景の最期

やがて、織田信長・徳川家康の連合軍と武田勝頼の軍が戦った「長篠の戦い」が勃発。この戦の中で、昌景は徳川家康の軍と対峙し戦いますが、全身に家康軍の鉄砲を受け死亡。この時の「口に采を加えたままという壮絶な死に方」は、今も語り継がれています。

 

スポンサードリンク

 

武田二十四将一覧

No 武将名 生没年 出自 死因
1 秋山信友(秋山虎繁) 1527年-1575年 秋山氏 刑死(岩村城の戦い)
2 穴山信君 1541年-1582年 穴山氏 戦死(本能寺の変)
3 甘利虎泰 1498年?-1548年 甘利氏 戦死(上田原の戦い)
4 板垣信方 1489年?-1548年 板垣氏 戦死(上田原の戦い)
5 一条信龍 1539年?-1582年 武田氏 戦死(甲州征伐)
6 小畠虎盛(小幡虎盛) 1491年-1561年 甲州小幡氏 病死
7 小幡昌盛 1534年-1582年 甲州小幡氏 病死
8 飯富虎昌 1504年?-1565年 飯富氏 自害(義信事件)
9 小山田信茂 1539年-1582年 小山田氏 刑死(甲州征伐)
10 高坂昌信(春日虎綱) 1527年-1578年 百姓・春日氏 病死
11 三枝守友(三枝昌貞) 1537年-1575年 木原領主 戦死(長篠の戦い)
12 真田幸隆(真田幸綱) 1513年-1574年 真田氏 病死
13 真田信綱 1537年-1575年 真田氏 戦死(長篠の戦い)
14 武田信繁 1525年-1561年 武田氏 戦死(川中島の戦い)
15 武田信廉 1532年?-1582年 武田氏 戦死(甲州征伐)
16 多田満頼 生年不詳-1563年 多田氏 病死
17 土屋昌次(昌続) 1544年-1575年 金丸氏 戦死(長篠の戦い)
18 内藤昌豊 1522年-1575年 工藤氏 戦死(長篠の戦い)
19 馬場信春 1515年-1575年 教来石郷領主 戦死(長篠の戦い)
20 原虎胤 1497年-1564年 原氏 (千葉氏族) 病死
21 原昌胤 1531年-1575年 原氏 (土岐氏族) 戦死(長篠の戦い)
22 山県昌景 1529年-1575年 飯富氏 戦死(長篠の戦い)
23 山本勘助(菅助) 1493年?-1561年 庵原氏未詳 戦死(川中島の戦い)
24 横田高松 1487年?-1550年 未詳 戦死(砥石崩れ)
 

 

昌景が率いた「赤備え」は後に真田幸村に引き継がれる

ここで昌景は亡くなったものの、昌景が率いた「赤備え」の武勇は全国の武将たちに名を知られるほどの存在となり、その影響からのちの真田信繁(真田幸村)は赤備えの鎧を引き継ぐことになります。信繁の赤い鎧が有名すぎるために、彼が発祥かのように言われますが、実はこの昌景がはじまりです。

 

スポンサードリンク

 

山県昌景が使用していたのは桔梗紋

昌景が使用していたのは、この桔梗紋です。桔梗紋は、文字通り「桔梗の花」を家紋にしたもの。昌景が使用していたこの紋は、桔梗紋の中でも非常にシンプルなスタイルのものでした。

 

家紋
 

形違いではありますが、「本能寺の変」で織田信長を討った明智光秀が使用していた家紋も桔梗紋で、さらに幕末に志半ばで倒れた坂本龍馬も使用していたため、「悲劇の紋」とも呼ばれています。昌景の場合はどうだったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋