お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

武田信玄の家紋の由来を画像付きで解説!商標登録もされる武田菱紋

   

戦国武将の中でも常に人気が高いのが武田信玄上杉謙信とのライバル関係は歴史好きには当然の話ですが、二人の関係や、武田信玄の生い立ちや性格などまで詳しい人はそれほど多くないかもしれません。

今回はそんな武田信玄の有名すぎる武田菱の由来や、武田菱以外にも使っていた家紋、
武田信玄の生い立ち、永遠のライバル上杉謙信との間にうまれた面白い絆などについてまとめました。

まずは武田信玄の生い立ちから見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

戦国時代に、現在の山梨県を押さえていた武田信玄

 

shingen
 

武田信玄ってどんな戦国武将なの?

まずは信玄の父「武田信虎」について

武田信玄を語るには、まず武田信玄の父である「武田信虎」について知る必要があります。

shingen3
実は、武田家というのは常に争いが繰り返されていた家です。信玄の父・信虎が武田家を継ぐ前は、権力をめぐって色々な家が揉めている状態でした。

そんな中で家督を継いだ信虎は、有力な大名の家と婚姻関係を結ぶなど知力を駆使して武田家の地位を固めました。ずっと険悪だった今川氏と和睦したのも信虎です。

信虎は甲斐の国を統一することにも成功していますし、さらに甲府にある城下町も整備しました。そう、武田信玄の父は非常に優秀な人物だったのです。

 

長男として生まれた武田信玄・しかしクーデターで家督を相続

そんな折、1521年に長男・太郎(武田晴信/信玄)が誕生しました。この後に弟(のちの武田信繁」も生まれています。

戦国時代であれば、家督は長男が継ぐのが倣い。しかし、父の信虎はなぜか弟の信繁の方を可愛がり、長男の信玄のことは遠ざけていたという説があります。

物語に出てくる記述なので、本当のことなのかはまだ解明されていませんが、後の父子の展開を見ても信虎と信玄の間には何かしらの確執があり、上手くいっていなかった可能性は高いです。この不仲説を後押しするかのように、信玄は21歳にして父を国から追い出し、家督を継いでいます。

クーデターに至った理由は諸説ありますが、有力なのは「信虎の強引なやり方」。甲斐を統一した実績のある信虎ですが、そのためにかなり強引なやり方をして反発も受けていました。

甲斐の行く末を案じた信玄、そして家臣たち(家臣が計画を持ち掛けた説も)、さらに信虎が可愛がっていた弟の信繁までがこのクーデターに参加し、信虎を追い出したとか。なんとも戦国時代らしい下剋上で、信玄は家督を継いだのです。

 

スポンサードリンク

 

領地の人々のための政治を行った信玄

 shingen2

 

武田信玄が遺した有名な言葉があります。「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

これは、「人のための政治を行っていれば、強固な城や石垣は必要ない。人こそが自分の城だ」という意味の言葉です。信玄がいかに臣下と農民たちを大切にしてきたのかがこの言葉からもわかるでしょう。

その証拠に、信玄は農民たちのために国を発展させ、洪水を防ぐために「信玄堤(しんげんづつみ)」を作りました。これは人びとから大層喜ばれたと言います。

 

生涯のライバル・上杉謙信との戦い

有名すぎるほど有名ですが、武田信玄のライバルは「越後の龍」とも言われた上杉謙信。武田信玄が「信濃(長野県)」を占領した後、信濃の大名たちに請われて奪還のために動いたのが謙信です。

こう書くと信玄が悪者になってしまいますが、領民に豊かな生活をさせるためにはどうしても領地を広げなければならない時代でした。信玄も、自分の国のために信濃を占領したのです。

さて、この信玄と謙信ですが、なんと5度にわたって戦をしています。

shingen3
 

 

武田信玄対上杉謙信の5度にもわたる戦い

 
  • 1553年 川中島の戦い(布施の戦い)
  • 1555年 川中島の戦い(犀川の戦い)
  • 1557年 川中島の戦い(上ノ原の戦い)
  • 1561年 川中島の戦い(八幡原の戦い)
  • 1564年 川中島の戦い(塩崎の対陣)
 

この中で、最も激しい戦いだったのが四回目。この戦では両軍ともに多くの死者を出し、信玄の弟である信繁も命を落としています。しかし、その犠牲をはらって五回闘っても、決着はつきませんでした。

 

「敵に塩を売る」…謙信と信玄の関係

 しかし、生涯のライバルと言われた謙信ですが、憎いばかりではない関係だったことも解っています。「敵に塩を売る」という言葉をご存知ですか?この言葉は、信玄と謙信の関係から生まれました。

 

shingen8
 

今川氏と北条氏と対立していた武田氏は、ある時に塩を絶つ「塩攻め」という攻撃をされています。塩がなければ人間は生きていくことができません。甲斐の国が塩不足に陥っていることを知った謙信は、信玄がおさめていた信濃に塩を売りました。さらに、商人が塩の値段を釣り上げていたら知らせる様に、と信玄に書簡も送っています。

謙信は非常に聡明で義に厚い人物だったので、敵国であっても人が苦しんでいることを我慢できなかったのでしょう。2人の間には、憎いばかりではないエピソードも残っています。

ちなみに、テレビ番組などの企画で武田家から上杉家に三度ほど塩が返されているとご子孫が明らかにしています。

スポンサードリンク


「信玄」は法名前~本名は「晴信」

「武田信玄」という名称があまりに有名ですが、この「信玄」は法名。40歳で仏門に入った時に「信玄」を名乗るようになり、名前は元服した時にもらった「信晴」になります。とはいえ、やはり信玄の方が定着していますよね。

 

〇武田菱紋・武田信玄の家紋の意味と由来について

 さて、そんな武田信玄の家紋と言えば「武田菱」。この武田菱は武田家がとても大切にしているもので、商標登録もされており使用には許可が必要です。

shingen5

武田菱

 

槍無の鎧にも描かれる武田菱

武田菱は非常に長く使われていることも解っていて、武田家が平安時代に使っていた「槍無の鎧」にも描かれているそう。これが家紋であったとは限りませんが、鎧にあるということは武田家とこの家紋が古くから繫がっていたという証になります。ここから武田菱の家紋が生まれたという説が。

 

shingen6
引用:http://hangeshow.exblog.jp/9684642/

 

武田信玄の家紋である武田菱は四つ割菱とも呼ばれている

「武田菱」は「四つ割菱」とも呼ばれており、他にも「武田の田の字が変形してこの形になった」という説があります。武田菱は信玄の兜にも使われていて、武田信玄がとても大切にしていたことが解ります。

 

武田菱は信玄をはじめ諸国の武田姓の家が使用しており、かなりポピュラーな家紋です。ただ、よく見ると白線の太さが少しずつ違う「三階菱」「地黒菱」「松笠菱」であることも多く、全てが武田菱とは限りません。

武田菱に関しては、現在商標登録もされています。

 

スポンサードリンク

 

花菱紋:武田信玄の家紋の意味・由来について

 もう一つ、武田信玄が使用していた家紋が「花菱紋」です。

shingen7

「花菱紋」

 

武田菱は多くの武田家が使用していますが、「花菱紋」は甲斐武田家が使い始めた家紋。

この家紋は控え紋として使用しており、特に女性が好んで使用していたそうです。この可愛らしい形が、女性の優しさをあらわすのにぴったりだったとか。この花菱も、「槍無の鎧」に描かれています。

 

現代でも交流がある上杉家と武田家

 shingen4

 

長くライバル関係にあった上杉家と武田家。ですが、時代というのは不思議なものです。

武田信玄の娘である菊姫は、上杉謙信の養子であり跡取りでもあった上杉景勝に嫁ぎました。かつてのライバル同士の子供が、政略的なものとはいえ婚姻を結んでいるのです。

上杉家は武田家に敬意をもち、菊姫のことをとても大切にしていたとか。夫となった影勝も、妻の菊姫に配慮していたようで、ちゃんと好意を持っていたことも解っています。

ライバルから親族へ、戦国時代の縁はどう転がるか解りません。

現在も子孫同士の交流が続いているそうなので、ぜひご子孫の方のお話などもたくさん聞いてみたいものです。

 

 

 - 戦国武将の家紋