お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

吉川広家の家紋と生涯|毛利輝元を救った救世主と言われるうつけもの戦国武将

   

「関ヶ原の戦い」について調べてみると、「毛利家がなぜ残ったの?」と思いませんか?関ヶ原の戦いで、毛利家の当主であった毛利輝元は西軍の総大将でした。つまり、東軍を率いた徳川家康にとって大敵だったわけです(事実上の敵は参謀の石田三成でしたが)

 

吉川広家
 

にも拘わらず、徳川家康が勝利したあとも毛利家は滅ぼされることなく、輝元も命を救われています。不思議だと思いませんか?実は、この毛利家存続には吉川広家という人物が活躍していました。そんな彼の家紋とこれまでについて解説します。

 

スポンサードリンク

 

うつけ者だった吉川広家

吉川広家は、中国地方を治めていた毛利元就の次男・毛利元春の子供です。つまり、元就にとって広家は孫にあたります。小さなころは素行がよくなかったようで、両親から「うつけ者」などと呼ばれ、よく言われることはありませんでした。

 

秀吉の元へ人質へ、そして吉川家の家督に

三男だった広家は家督相続をすることもなく、羽柴秀吉のもとへ人質に出されたこともあります。そのあとに広家は吉川家に戻され、父と兄が亡くなったことで吉川家の家督を継ぎました。それからは秀吉に仕え、武功も挙げています。

 

毛利家は広家が救った!その舞台裏とは

関ヶ原の戦いは、徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍の間で勃発した戦いです。この戦いが起きる前に、三成は西軍の総大将となる人物を探していました。

 

スポンサードリンク

 

安国寺恵瓊が輝元に西軍総大将に依頼した

そこで、動いたのが毛利家から豊臣家の家臣になっていた安国寺恵瓊という人物です。恵瓊は、前に仕えていた毛利家の当主・輝元に「西軍の総大将になってもらえないか」と輝元に頼み、輝元はそれを呑んでしまいました。

しかし、広家はこの段階で「間違いなく東軍が勝利する」と確信。輝元を止めようとしたものの、すでに輝元は大阪城に入ってしまっていたのです。慌てて広家も大阪城に入り、東軍に入るようにと輝元を説得しますが、そうこうしているうちに総大将になってしまいました。

 

東軍の勝利を確信した広家がとった行動は

これで西軍が負ければ、間違いなく毛利家は徳川家に滅ぼされてしまいます。そこで広家は奇策に出ました。西軍につきながらも、数名の仲間たちと結託して家康に内通したのです。つまり、「西軍につくが、途中で寝返って東軍にいきますよ」と先に言ったわけです。この条件と引き換えに、毛利家の領土をそのまま据え置いてくれるようにと願い出ました。

西軍からの出撃要請に「弁当たべるから」と広家

そして布陣した広家は、西軍からの出撃要請も「霧が濃い」と言って拒否し、三成が総攻撃の命令をしても、「弁当を食べるから」と言って動かず、時間を稼ぎます。やがて小早川秀秋の寝返りで西軍は総崩れとなり、広家は約束を果たして撤退しました。

戦のあと、「毛利家の領地を残すというのは、家康本人との約束ではない」と言われ、家康は毛利家の領地を没収。そのうち、周防と長門を広家に任せようとしました。

 

広家の要望で毛利輝元の命と領地は無事守られた

それを聞いた広家は「そのふたつの領地を毛利家に残してほしい」と家康に嘆願。あくまで毛利家の存続にこだわりました。それが認められ、毛利家の輝元らの命は救われることになり、周防・長門のみではあるものの毛利家は存続できることになったのです。

「うつけ者」と呼ばれていた広家は、こうして毛利家最大のピンチを救ったのです。

 

スポンサードリンク

 

吉川広家の家紋は丸に三つ引き両紋

吉川広家は、「丸に三つ引き両紋」と呼ばれる家紋を使用していました。

家紋
この「引き両」には「龍」という意味があるといわれており、縁起のよさから多くの武将が愛用しています。
形は違いますが、あの足利尊氏率いる足利家の家紋も引き両紋ですね。とてもシンプルな家紋ですが、足利家が使用していることで引き両紋は各地に広まっていったそうです。

 

吉川広家の父である元春
 

吉川広家の父である元春は、アーティストとして活躍している吉川晃司さんのご先祖。吉川家の血は現代にも伝わっています。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋