お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

毛利家の軍師・安国寺恵瓊が武田菱の家紋を使う理由とは?

   

「安国寺恵瓊」の画像検索結果
 

安国寺恵瓊は信長が天下をとれないことを予想していた?

戦国時代を振り返ってみると、時勢を大きく変えるいくつかの出来事があります。
中でも有名なのが織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」でしょう。

それまでの常識を打ち破る政策を次々と実行し、「天下をとるかも」と言われていた武田勝頼(武田信玄の息子)を破った織田信長は、「もっとも天下統一に近い武将」とされていました。
というより、おそらく多くの人が「織田信長が天下統一をとるだろう」と思っていたはずです。

 

スポンサードリンク

 

その信長が「本能寺の変」で討たれたことは、当時の時代の流れをひっくり返すような出来事でした。信長が死んだことで、運命が変わってしまった武将もたくさんいたのです。
その中で、「信長の勢いは3、5年。そのあとに公家になり、仰向けに転ぶだろう」と予言していた人物がいます。
それが安国寺恵瓊(あんこくじえけい)です。

安国寺恵瓊(あんこくじえけい)
 

 

1573年の手紙で語られる信長の衰退

恵瓊はこのことを1573年に書いた手紙の中で語っており、そのほぼ10年後にあたる1583年に信長は本能寺の変で討死しました。また、手紙の中で恵瓊は秀吉の素質を見抜いてほめたたえており、まるで豊臣政権の訪れを予想していたかのようです。
このように、「先を読む力」に大変優れていた安国寺恵瓊はどんな人物だったのでしょうか?

 

誰もが認める優秀な交渉人・安国寺恵瓊

安国寺恵瓊は、中国地方の大名・毛利家で軍師として活躍していた人物です。

 

毛利家と宇喜多家との同盟を提案

日に日に大きな勢力となっていく織田信長に対抗するために、恵瓊は中国地方の毛利家と、備前(今の岡山)を治めていた宇喜多家の同盟を提案。毛利家を中心に中国地方の勢力を強めることに成功しました。

ちなみに、播磨(今の兵庫県)は信長側の黒田官兵衛がいる地域で、毛利家と宇喜多家の同盟は官兵衛をけん制することにもつながりました。
時代を読んでこそ、毛利家・宇喜多家が協力して立ち向かうことが必要と考えたのでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

毛利家を裏切り秀吉の家臣となる恵瓊

しかし、その後に毛利家と秀吉が戦った時には毛利家を見限り、秀吉の家臣となっています。これにより、かつて争っていた官兵衛と恵瓊は肩を並べて秀吉のもとで働くようになりました。
これからは秀吉の時代である…そう呼んでいたからこそ、恵瓊は毛利家から秀吉のもとへ行ったのでしょう。

 

恵瓊でも読めなかった関ケ原~敗北から斬首へ

しかし、その恵瓊でも読めなかったことがありました。それは「関ヶ原の戦い」の結末です。
秀吉亡き後に徳川家康と石田三成の間で勃発した「関ヶ原の戦い」の中で、恵瓊は前に仕えていた毛利家に交渉。そして、毛利輝元を西軍の総大将として担ぎ出しました。

※「関ヶ原の戦い」だと石田三成が総大将のように語られますが、三成は参謀です。が、輝元は実際には関が原には出ていませんし、三成と家康の戦いと考えていいでしょう。

当時、「関ヶ原の戦い」では「西軍が有利」とされており、恵瓊もそう考えていたのでしょう。しかし、西軍は度重なる味方の裏切りから総崩れになり、敗北。

 

スポンサードリンク

 

関ケ原の敗戦で処刑された安国寺恵瓊

恵瓊は輝元を総大将にするために交渉したことが原因で、斬首の刑になりました。関ヶ原の戦いでは、石田三成・
小西行長、そしこの安国寺恵瓊が六条河原で処刑されました。
「信長は天下をとれない」という予想を的中させた恵瓊ですが、関ヶ原の先にある自分の未来をみることはできなかったようです。亡くなった年齢は62歳とも、64歳とも言われています。

 

安国寺恵瓊の家紋は「武田菱」、つまり武田家の子孫だった

恵瓊が使用していた家紋は、武田信玄で有名な「武田家」が使用していた武田菱です。

家紋
なぜ恵瓊が、武田家が使用している武田菱?と思われるかもしれませんが、ここにはちゃんと理由があります。恵瓊は、武田家の14代目当主・武田信重の子どもなのです。
信長の未来を予想したと言われる恵瓊ですが、その優秀さも信玄公を生んだ武田氏の流れと考えれば納得ですね。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋