お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

酒井忠次の家紋と生涯を解説!徳川四天王と呼ばれた戦国武将

   

酒井忠次は、家康の父・松平広忠の代から徳川家の家臣であった人物です。弘忠の家臣であった忠次は、弘忠の息子である竹千代(のちの家康)が今川家に人質に行く時も同行しており、家康が小さいころから傍らにいて守りました。

それだけに、彼が家康に果たした役割は非常に大きいものです。

そんな豊臣家に忠義を見せた酒井忠次の家紋と彼の人生について解説していきます。

スポンサードリンク

 

その生涯を家康に捧げた酒井忠次

家康は後に今川家を出ますが、その時もずっと家康に仕えて戦にも出ています。「本能寺の変」で織田信長が討たれたあとも家康を支え、常に傍らで家康の補佐をしていました。

家康は小さなころから人質生活を強いられていましたが、忠次のように信頼できる家臣がそばにいてくれたことは幸せなことだったのではないでしょうか。

酒井忠次
引用:https://ja.wikipedia.org/

 

しかし、晩年は家康との関係が悪化

ところが、家康が成長するにつれ忠次への対応は少しずつ悪くなっていきました。

この理由のひとつに「家康の家臣の中で忠次は年配だったために、他の武将たちと同じような行動はとれなかったのではないか?」という見方があります。

父の代から家康に仕えている忠次と、他の家臣たちとでは年齢差がありすぎました。この関係の悪化は、忠次が隠居してからさらに顕著になります。

忠次を継ぐ家次は徳川四天王だが存在感は薄い

忠次のあとを継いだ家次は、父と同じように家康に仕え「徳川四天王」として働きますが、他の四天王が10万石与えられているところを、家次は3万石しかもらっていません。長く付き添った忠次の息子なのに、この扱いはあんまりですよね。なぜ、忠次はこのような扱いを受けてしまったのでしょうか。

徳川四天王とは

安土桃山時代から江戸時代初期にかけて、徳川家康の側近として仕えて戦国武将で酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政の4人の武将を指します

 

徳川四天王 酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政
徳川三傑 本多忠勝・榊原康政・井伊直政

 

スポンサードリンク

 

見張りをしていた家康の子を信長に殺されたことで家康の評価を落とす

実は、家康の息子・松平信康は織田信長に「裏切り者」の烙印を押されて殺されています。この時、忠次が信康を庇って守っていたのですが、それでも信長は信康を殺してしまいました。

「お前がもっとしっかりしていたら、息子は殺されずに済んだ」という思いが、家康の胸の中にはあったのかもしれません。
また、家康が好ましく思っていなかった秀吉が忠次を何かと気にかけていたようで、そのことも家康が忠次を遠ざける一因になったと言われています。

ただ、家康が忠次をまったく必要としなかったのか?と言えばそうではなく、忠次の子孫は「庄内藩(山形県・鶴見市)」を任されるようになりました。

反りが合わないところがあったとしても、忠次は家康を幼いころから守り、常に傍らで支えた人物です。その恩を、やはり家康は忘れることはできなかったのでしょう。現在もご子孫が山形県内におられ、酒井家の血をつないでいます。

 

酒井忠次の家紋「丸に片喰紋」

酒井家の家紋は、「丸に片喰(かたばみ)」という紋です。カタバミは雑草の一種で、今でもよく見かけられる植物の一種。家紋はそのカタバミの葉をモチーフにして作られました。

丸に
引用:http://busho.hudakobo.com/busho068.html

生命力が強い草なので、「子孫繁栄」の意味もありますし、次から次へとはえてくるために「お金が減らない」という意味もあるそう。
日本十大家紋のひとつになるほど、良く知られた家紋です。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋