お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

生駒正俊の家紋「生駒車」とは?香川の丸亀城を守りたかった戦国武将

   

生駒正俊
 

香川県の丸亀城の城主だった生駒正の家紋とこれまでについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

香川県にある小さなお城・丸亀城

丸亀城は讃岐(今の香川県)のお城で、高松城に次ぐお城として使用されていました。建築したのは正俊の父・一正らで、豊臣秀吉の命令によって造られました。とても高い石垣の上にたつ丸亀城は、小さいけれどとても美しいお城だったようです。

 

家康の一国一城の令で廃城となる丸亀城

ところが、豊臣秀吉から徳川家康に政権が変わると、「一国一城」の令が出されるようになります。これは、ひとつの国にはひとつのお城しかあってはいけないという決まり事でした。讃岐には「高松城」があったため、丸亀城は廃城となり取り壊されることになったのです。それに待ったをかけたのが生駒正俊でした。

 

スポンサードリンク

 

隠し続けた丸亀城!取り壊れる丸亀城

正俊はこの城をとても気に入っていたようで、城が外から見えないように木を植えるなどして隠し、こっそり守ろうと考えていたのです。しかし、それも長くは続きませんでした。生駒家に変わって山崎家が領地を治めることになったため、このお城の存在がバレてしまったのです。

丸亀城は生駒から京極の手に

 

丸亀城
 

城は取り壊され、城壁の上には新しい城が建設されました。その後、京極氏の代になって天守が完成し、現在の形となりました。生駒正俊が守ろうとした丸亀城は見ることはできませんが、現在でもその時代の城の絵図が残っているため、当時の丸亀城を想像することはできます。

正俊が頑張って守ろうとしたかつての丸亀城がどんなものなのか、この目で見てみたいですね。

 

生駒正俊の生涯と家紋

家紋
父の生駒一正が「半車」の家紋を使用していましたので、おそらく息子の正俊もこの家紋を使用していたと思われます。この家紋は生駒車と呼ばれています。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋