お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

村上武吉の家紋「丸に上の字」を解説!村上水軍を率いて信長軍(九鬼嘉隆)と戦った戦国武将

   

murakamitakeyoshi

maruniue丸に上の字

村上武吉の家紋

戦国時代というと、馬に乗って旗を持って「さあ刀を持って合戦!」というイメージが強いのですが、実はこの時代は「海賊」の全盛期でもありました。
この「海賊」の中でも、最大の勢力と言われたのが村上武吉の「村上水軍」。
戦国時代を武将とは別の形で戦い抜き、そして消えていった「村上水軍」と村上武吉についてまとめてみました。
かつて、日本に生きた海賊の物語をご覧ください。

 

「水軍」なのに「海賊」と言われてしまうワケ

冒頭で「海賊」という書き方をしていますが、村上武吉が率いていたのは「水軍」です。
簡単に言うと、船に乗って戦う兵力のことですね。
村上武吉のいた「村上水軍」は、瀬戸内海で勢力を誇っていた水軍で、その歴史は平安時代にさかのぼると言われています。
武吉の代で村上水軍は最大の勢力を誇るようになり、この時代の大規模な水軍として名をとどろかせるようになりました。
ちなみに、水軍には他にも九鬼水軍(こちらの水軍も凄まじい強さと有名ですね)、土佐水軍(高知県)、宇喜多水軍(岡山県)などがあります。

では、どうしてその村上水軍が「海賊」と呼ばれるようになったのでしょう?
それは、日本を訪れたイエスズ会の宣教師「ルイス・フロイス」が遺した「日本史」の中の記述に理由があります。
「私たちが訪れた瀬戸内海には大きな海賊がいて、他の船を襲っていた。だから、沿岸のひとたちは襲撃にあわないように毎年貢物をしていた」
……これを信じれば、やってることは「海賊」でしかないわけです。
実際に「海賊」と書かれてしまっていますしね。この影響が強いので「海賊」と言われることも多いのです。

とはいえ、実態は少し違うようで「瀬戸内海を通ろうとする船から運行料を徴収し、海を安全に渡れるようにしていた」そう。海となれば危険も多いので、警護を引き受けたり、案内人もやってくれたとか。こちらだと「海賊」とはちょっとイメージが違いますよね。

 

村上水軍を有名にした「厳島の戦い」

村上水軍を有名にしたのは、毛利元就と陶晴賢の間で起きた「厳島の戦い」です。
陶晴賢はもともと「大内氏」の傘下で働いており、陶晴賢も大内家の家臣でした。
しかし、主の行動に疑問を感じた晴賢は、謀反を起こして大内家の当主を殺害してしまいます。それにより大内家は力をなくし、この晴賢が実権を握るようになるのです。

そして、陶晴賢は毛利家と戦うことになるのですが、毛利家の当主・元就は村上水軍に「一日だけ味方になってほしい」とお願いしました。
武吉側も晴賢に思うことがあったのか、これを承諾。後に起きた「厳島の戦い」では退却仕様とする陶軍を阻み、追い込まれた晴賢は自害でこの世を去っています。
村上水軍に「味方になってくれ」というあたりは、さすが聡明な毛利元就ですよね。
その後も元就に協力して大内氏攻めに協力もしていますが、味方というわけではなく、のちに九州の大友氏の方についています。
このあたりの世当たりのうまさも、海で生きていくには必要なことなのかもしれません。

 

海賊たちの終焉~そして元吉の死

刀を振るって敵を討つ「猛将」と言われる武将が、徳川幕府ができて平和な時代になると立場をなくしていったように、海賊にも「終わる日」がきました。

武吉の息子・村上元吉は、毛利・本願寺について織田信長と戦います(第一次木津川口の戦い)。
この戦いで村上水軍は織田家の船を燃やして大勝し、織田軍の名だたる武将たちを討ち取ることにも成功しました。
しかし、この勝利は織田信長をこれ以上ないほど怒らせました。
敗戦に怒り狂った信長は、自身の家臣であった九鬼嘉隆(九鬼水軍を率いた人物ですね)に「燃えない船を作れ」と命じます。
この命により、義隆は鉄でできた大きな鉄甲船を作り上げました。
そして、第二次木津川川口の戦いで村上水軍は敗れ去るのです。

豊臣秀吉の時代の到来

信長が「本能寺の変」で討ち死にすると、時代は豊臣秀吉の天下統一に向けて動いていきます。
秀吉と毛利家が和睦して「来島を渡せ」と言われても拒否したり、秀吉の四国攻めへの協力も拒んだり、武吉は誰の味方になることもなく、独立した勢力としての立場を守り抜きました。
その行動が危険視されたのでしょう。
毛利元就の息子・小早川隆景によって武吉たちがいた「能島」は討伐されてしまい、そこにはいられなくなりました。武吉たちは必然的に自由気ままな海賊をやめさせられ、小早川隆景の家臣として生きることになったのです。

かつて、瀬戸内で栄華を極めた村上水軍の運命は過酷なものでした。
秀吉は、武吉たちのような海賊たちがやってきた「通行料を取る」という行為を禁じます。武吉はそれも聞かずに立場を変えませんでしたが、秀吉を怒らせて辞めざるをえませんでした。
ここで、村上水軍は完全に消滅。
ただし、息子たちは決まりを守りながら水軍であることは続けています。
武吉は前線に出ることなく、1604年に亡くなりました。
どんなに強くなって栄華を極めても、時代が変わればいずれ終わる日が来る。村上水軍を見ると、そんな栄枯盛衰の悲しさを感じずにはいられません。

 

村上武吉の家紋とは

村上武吉の家紋は「丸に上の字」。
解りやすい家紋ですね。

この家紋は「文字紋」と言われ、文字を家紋にしたものになります。
「丸に上の字」の紋を付けた船たちが、瀬戸内を悠々と横切っていくところを思い浮かべると、なんともロマンがあります。現代でも、この家紋は「村上水軍」のシンボルとして良く知られています。

 - 戦国武将の家紋