お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

秀吉の弟・豊臣秀長の家紋「五七桐」を解説!兄を支え続けた戦国武将

   

豊臣秀長は、豊臣秀吉の弟にあたる人物です。

兄の秀吉があまりに有名なために、秀長にはあまりスポットが当たらないのですが、彼は「豊臣家の運命を握る、とても重要な存在」といっても過言ではありません。

「秀長がもっと長く生きていれば」。後世でもそう言われるほどの人物・豊臣秀長についてまとめてみました。

スポンサードリンク


秀吉と仲のいい兄弟であった秀長

hidenaga 戦国時代において、兄弟は時に敵になることも多いのですが、秀吉と秀長は違いました。

秀吉はもともと農民の出身で家を出ており、その後は弟の秀長と長く会っていません。

 

戦国時代には珍しい兄弟愛

二人が再会したのは、秀吉がねねと結婚した当たりのことと言われていて、離れてから10年以上の時が経っていたと言われています。
にも拘わらず、秀長は兄のいうことをよく聞き、家臣にもなり、豊臣家を支えるようになりました。戦国時代には珍しい兄弟愛ですね。

秀吉も、農民出身で後ろ盾がなかったことから、弟の秀長のことは特に頼りにしていたようです。自分が城をあけるときは秀長に留守を任せるなど、何かと秀長を頼りにしていました。

 

スポンサードリンク

 

信長からも認められ、豊臣秀次とも関係が良かった秀長

この秀長、秀吉の主だった織田信長にも気に入られるほどの逸材でした。

秀吉が同行することができなかった「長島一向一揆」も、信長に同行しているくらいですから、かなり信頼されていたことが分かります。秀長はとても温厚な人柄で、誰に対しても誠実に接したようなので、そういうところが信長も気に入ったのでしょう。

 

秀吉の四国攻めは秀長の指揮だった

また、秀吉が行った「四国攻め」は、実は秀長の指揮によるものです。四国を統一した長曾我部元親と戦うための「四国攻め」でしたが、秀吉はこの時病に臥せっていたため、かわりに秀長が軍を率いたのです。

結果はご承知の通り。元親は土佐(高知)以外の3つの国「阿波(徳島)」「讃岐(香川)」「伊予(愛媛)」を失いました。四国攻めは秀吉の天下統一に欠かせないものでしたので、秀長は秀吉の天下統一に大きく貢献したことが解ります。

 

スポンサードリンク

 

連戦により体調を崩す秀長

ところが、いくつもの戦に関ったことが良くなかったのか、秀長はたびたび体調を崩すように…。秀吉が天下統一を賭けておこした「小田原征伐」には、同行していません。この時、体の具合は相当良くなかったようです。

そんな秀長を心配して、秀吉の養子・豊臣秀次(秀吉の姉の子)も神社に出向いて「病気が良くなるように」とお願いしたそうです。秀長は秀次とも関係が良く、豊臣家の人間関係を良いものに保つ存在でもあったのです。

 

その秀長の死~豊臣家の斜陽

多くの人の願いも届かず、秀長は51歳でこの世を去ります。いつ死ぬか解らない戦国の世の中で、51歳まで生きたというのは決して短い人生ではありません。

しかし、秀長の死はその後の豊臣家に暗雲をもたらしました。秀長の支えがなくなった秀吉は、その後に非道な行いをするようになります。

 

 

秀長の死後、非道な行為をした秀吉

有名なのは、秀次の切腹ですね。

諸説あるものの、秀次を切腹させたのは後に生まれた嫡子・豊臣秀頼に家督を相続させたかったためと言われています。この秀次切腹の事件で、秀吉は秀次の妻子に至るまで惨殺し、穴を掘っただけのところに遺体を投げ込むという非道なことをしました。

 

英次の妻になる寸前だった駒姫も殺害する秀吉

この惨殺された女性の中に、秀吉に請われて秀次の妻になろうとしていた駒姫もいました。
駒姫はまだ秀次に会ってもおらず、父の最上義光がほうぼうを駆け回って「命を助けてくれ」とお願いしていましたが、無残にも殺されてしまいます。

この所業は各大名にも伝わり、豊臣家ではなく徳川家康に傾く人間を増やしてしまいました。

 

スポンサードリンク

 

朝鮮出兵も秀長の死後の出来事

また、有名な「朝鮮出兵」も秀長の死後に行ったことです。正確に言うと、秀吉は朝鮮ではなくその先の中国を目指したのですが、失敗しています。

朝鮮という不慣れな土地で戦ったことは、豊臣恩顧の家臣たちを分裂に追いやり、諸国の武将たちを疲弊させただけで終わり、この戦にかかわらなかった徳川家康の力を強めることにもなりました。

そして、それは「関ヶ原の戦い」から「大阪の陣」で豊臣家の滅亡にもつながっていくのです。

 

秀長が生きていれば防げたかもしれない「関ケ原の戦い」

秀長が生きていれば、秀吉の死後に石田三成と加藤清正らの家臣たちが割れることを防げたかもしれません。秀次切腹や、朝鮮出兵自体なかったかもしれません。

秀長には子供がなく、彼の資質を継いだ子供がいれば跡取りの秀頼を支えたかもしれません。秀長の死が、豊臣滅亡の原因の一つになったことは間違いないです。

 

豊臣秀長の家紋は「五七桐」

goshichikiri五七桐

豊臣秀長の家紋は、秀吉と同じ「五七桐」です。これは秀吉が天皇から下賜された家紋で、豊臣家の象徴でもあります。

秀吉は、後に「太閤桐」という家紋を独自に作っていますが、やはり「五七の桐」の方が有名ですよね。

スポンサードリンク

豊臣秀吉
織田信長
豊臣秀次
長曾我部元親
小田原征伐
豊臣秀次
最上義光
石田三成
加藤清正
関ケ原
大坂の陣
朝鮮出兵

 - 戦国武将の家紋