お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

龍造寺隆信の3つの家紋と生涯|九州三傑の一人と言われる戦国武将

   

龍造寺隆信
 

戦国武将の中には「あまり有名ではないけれど、調べてみるとびっくりするような人生をたどっている武将」が何人もいるのですが、龍造寺隆信もその一人。龍安寺家を九州の三大勢力にまで育てた一方、意外な死に方をした人物です。

そんな彼の家紋とこれまでについてまとめました。

 

スポンサードリンク


寺の僧から龍造寺の跡継ぎへ

龍造寺家の分家の血筋として生まれた隆信。この時、龍造寺家は「小弐冬尚」という人物に仕える小さな家でした。隆信が生まれたのはその龍造寺家のさらに分家でしたから、決して大きな勢力ではなかったのです。

つまり、解りやすく言うと
「小弐冬尚」←龍造寺本家←龍造寺分家(隆信が生まれた家)、ということです。
さらに隆信は7歳のころに出家して僧になりましたので、本来であれば龍造寺家を継ぐような立場ではありませんでした。

 

主である小弐冬尚への謀反から父が殺される

ところが、事件が起きてしまいます。主である小弐冬尚への謀反を疑われ、父と祖父が殺害されてしまいました。この危機を察した曽祖父は、隆信を連れて逃げます。そして殺害した本人を討って龍造寺の分家を復活させるものの、高齢でこの世を去ります。死ぬ間際、この曽祖父は隆信の才能を見抜いており「家の後を継ぐように」と言い残していました。

 

龍造寺家の跡継ぎとなった分家の隆信

家のものから多くの反発があったものの、クジを三回ひいて三回とも「跡継ぎは隆信」と出たため、隆信がこの分家の家督を継ぎ、龍造寺本家を支えることに。その後は主であった小弐冬尚を追い出し、本家の主が亡くなったあとに未亡人と結婚して本家の家督を相続しています。

 

スポンサードリンク

 

不満と反発の中にいた隆信~それをはねのけ九州の一大勢力へ

とはいえ、分家の子供がいきなり本家の主となったことに、龍造寺家の関係者は反発しました。そこで、隆信は時の権力者であった大内氏と手を組むことで家の声を黙らせました。「自分の後ろには大内家が付いているぞ」という圧力です。ちなみに、隆信の「隆」は大内家の当主だった大内義隆からもらったものです。

 

かつての主「小弐家」を滅ぼす隆信

しかし、この大内家は中国地方の毛利家に敗北してしまったために力をなくしてしまい、隆信も一度は城を追われるほどのダメージを受けました。それでも、隆信は近隣の家を味方につけることで復活し、かつての主であった小弐家を完全に滅ぼすなどして領地を拡大。

 

家臣・鍋島直茂の活躍で九州での勢力拡大に成功

九州の大きな勢力だった大友家に目をつけられるもの、家臣・鍋島直茂の夜襲作戦で大友家を破り、有利な条件で和睦に成功しました。こうして、龍造寺家は九州の大きな勢力として知られるようになったのです。

 

スポンサードリンク


九州の一大勢力となるも、死んだあとは首の受け取りを拒否された隆信

大友家を完全に排除することはできなかったものの、大友家が同じ九州の武将・島津義久に敗北すると、その混乱の中で大友家の領地を奪うことに成功。周辺の家たちも「龍造寺家の家臣」という立場になり、隆信の立場は一層強固なものになりました。

 

勢力を拡大するも反発も買い息子に家督を譲る

しかし、一方で自分に従わないものには冷酷な仕打ちを繰り返すようになります。一族を滅ぼしたり、言うことを聞かなかった武将から預かっていた幼い子供を殺害したり…。これが反発を呼ぶようになり、隆信はどんどん敵を増やしてしまいました。隆信は子供に家督を譲って引退するものの、引き続き家の実権を握り続けています。

 

島津家VS龍造寺隆信

さて、この時期にどんどん勢力を強めていた島津家は、肥後(熊本)に勢力を伸ばしていました。そのことから、肥後にいた有馬晴信が島津家に離反。怒った隆信は肥後に軍を率いて有馬晴信を討とうとしますが、晴信は島津家に救援を要請していました。これで、島津家と隆信が戦うことになります。

 

島津家を率いる島津義弘に撃たれる隆信

島津家を率いたのは、九州で一番戦が上手いと言われた島津義弘。隆信の軍が約30000、島津の軍が10000で数では圧倒的に隆信が有利でしたが、島津家は隆信の軍を狭いところに誘導し、逃げ場をなくしたところで一斉に射撃しました。この作戦の前に隆信の軍は総崩れとなり、隆信は銃弾を受けて死亡しています。享年56歳。

 

スポンサードリンク

 

隆信の首を受け取らなかった隆造寺家

非常に太っていた隆信は、馬に乗ることが出来ずに六人に担がせた輿にのって戦を指揮していたと言います。亡くなったあと、首は龍造寺家に返されますが、隆信の家臣であった田部島直茂が「島津家に屈することはできない」という意味で首の受け取りを拒否。そのことから、首を届けた使者が帰り道に葬ったという説が残っています。

 

隆信の首にまつわる話~嘘か?本当か?

さて、最期にもうひとつの逸話をご紹介しましょう。島津家に敗北した隆信の首は、最初に龍造寺へと返されます。しかし、龍造寺の方でこれを拒否したため、一度は弔い場所がありませんでした。

その首ですが、一度は「赤星統家」という人物に渡されたという話があります。赤星家は人質として幼い子供を隆信に預けていましたが、隆信の命令に統家が従わなかったことで怒りを買い、子供たちは殺害されてしまっています。このことがありましたから、赤星家はこの首を蹴るなどして恨みを晴らそうとしたそうです。

しかし、これを聞いて激怒したのが島津義久。義久は隆信を破った義弘の兄弟です。義久は「戦のあとは、敵味方にかかわらずきちんと弔いをするべき」という考えを持っていたため、赤星家の行動を許さず、以後赤星家に冷たい接し方をするようになったそうです。
これが本当かどうかは解りませんが、もし本当であれば、「島津家がなぜ大きな力を持つようになったのか」がなんとなくわかりますね。

 

スポンサードリンク


龍造寺隆信の家紋は諸説あり!有名なのは「日足紋」その1

 

家紋
 

龍造寺隆信は三種類の家紋を使用していました。その中でも、特に有名なのが「日足紋」と呼ばれる家紋です。

あまりみない形の家紋だと思いませんか?実は、この「日足紋」は北九州で多く使われている家紋で、本州ではあまりみることがありません。「肥後」がかつて「日の国」と呼ばれていたことから生まれた家紋で、太陽のような形をしています。北九州ではこの家紋を使用している人が少なくありません。

 

杏葉紋:龍造寺隆信の家紋その2

そして、もう一つが「杏葉紋」。

家紋 この家紋は、実は九州でかなりの力があった「大友家」が所有していた紋です。大友家の象徴として扱われていたこの家紋は、九州の武将たちの間で憧れの存在でした。隆信が大友家と戦って勝った時、隆信はこの家紋を「戦で大友家に勝った」という象徴で使用していたそうです。

ちなみにこの家紋は隆信の家臣であった「鍋島直茂」も使用するようになり、彼が使っていたものはのちに「鍋島杏葉」と呼ばれるようになりました。のちに、この鍋島家が龍造寺家を継いでいます。

 

剣花菱紋:龍造寺隆信の家紋その3

三つめは「剣花菱紋」です。菱紋が花になったような、とても可愛い形の家紋ですね。

家紋
 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋