お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

今川義元の家紋について!「桶狭間の戦い」で織田信長に敗れた生涯に迫る

   

 

「今川義元」の画像検索結果
 

織田信長の名前を一気に有名にした「桶狭間の戦い」。この戦いで信長に敗北したのが今川義元です。「信長に敗北した」という印象があまりに強いため、「いい武将ではなかった」とも言われる今川義元ですが、実際はどうだったのでしょう。そんな彼の家紋とこれまでの人生をまとめました。

スポンサードリンク

 

意外に優秀だった?それとも部下が優秀だった?

今川家は、駿河(静岡県全域)を治めていた非常に力のある一族でした。義元は、その今川家の5男として生まれています。当時、家督は長男が継ぐものと決められていましたので、5男の義元は家督相続から遠い存在となり、仏門に入ります。ここで、後に義元を支える太原雪斉に出会っています。

 

兄たちが次々亡くなり今川家当主となる義元

しかし、兄たちが次々と亡くなったために義元にも家督相続のチャンスが到来。反対派を破り、義元は今川家当主となりました。この義元ですが、商人たちを統率するために「商人頭」という役割を作って統率させたり、海運を活発化させて貿易をおこなったり、金山を開拓したり、多くの功績をのこしています。

 

公家とも親交を深め駿河の文化にも貢献する義元

義元と言えば公家との関係が深いと言われていますが、国にやってきた公家たちを大切に扱って公家文化を学ぶなど、駿河の文化を深めることにも貢献しています。部下の太原雪斉が優秀だったとも言われ、実際に彼が亡くなってからは義元の勢いは落ちていますが、それでも「彼自身も優秀な武将だったのではないか」というのが近年の見解です。

 

誰も負けると思っていなかった「桶狭間の戦い」

さて、その義元が敗れた「桶狭間の戦い」なのですが、今川義元の軍勢が25000に対し織田信長の軍勢は2000から3000あまりでした。誰もが義元の勝利を確信していましたし、負けるなんて夢にも思っていなかったはずです。

 

スポンサードリンク

 

今までの定説がひっくり返った?

「桶狭間の戦い」は、これまでは「休んでいる今川軍に奇襲をかけて、信長が勝利した」というのが定説でした。
しかし、今はその説が見直され、「信長は正面突破で今川軍に勝利した」という説が有力とされているようです。
どうやって勝ったのかは諸説あるものの、いずれにせよ信長はここで義元を討ち取り、その名を国に轟かせることになりました。

 

今川義元の家紋について

「足利二つ引き両」紋

今川義元の家紋は「足利二つ引き両」紋です。

家紋
 

「赤鳥紋」今川義元の替え紋

もうひとつ、彼が使ったとされる家紋に「赤鳥紋」があります。

家紋
 

女性が使用する櫛のような形をしていますが、はっきりした由来は解っていません。馬の鬣を整えるための櫛が家紋になったとも言われています。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋