お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

浅野長政の家紋「丸に違い鷹の羽」を解説|秀吉と家康から信頼された戦国武将

   

浅野長政の家紋

家紋 丸に違い鷹の羽

浅野長政の家紋について

「浅井長政」と混同されがちな武将・浅野長政。
一文字違いなので、たまにどっちがどっちか解らなくなってしまうことがありますが、二人はまったくの別人です。

・浅井長政→織田信長の妹・お市と結婚した武将。信長に討たれる
・浅野長政→豊臣秀吉の忠臣
です。二人を混同しないように、「浅野長政」の生涯について簡単に振り返ってみましょう。

 

豊臣秀吉にもっとも近い家臣と言われた長政。その理由は…

浅野長政は、豊臣秀吉がとても頼りにしていた家臣で、現代でも「豊臣秀吉に最も近い人物」と言われています。
なぜそんなに秀吉に重用されたのか?それは浅野長政の若いころに秘密がありました。

浅野長政は、事情があって母方の叔父の養子になった子供です。
この叔父には男児がなかったこと、長政の家が他家のものになってしまったことで、行き場をなくしたことが養子になるきっかけでした。
奇しくも、この浅野家ではとある女性のことも養女として引き取っていました。
この女性こそ、のちの豊臣秀吉の正妻になる寧々です。
寧々と同じ家にいた長政ですから、秀吉との距離が縮まることも、秀吉が頼りにすることも当たり前ですよね。

この縁から、長政は秀吉の家臣として長く仕えることになるのです。

 

豊臣姓まで下賜された長政!!秀吉からの絶対の信頼

秀吉の腹心として働く長政は、秀吉が行ったいくつもの重要な戦に参加しています。
秀吉が九州の島津家を倒すために行った「九州征伐」もそうですし、天下統一を賭けて北条氏と戦った「小田原征伐」でも戦いました。

また、戦で功績をあげるだけでなく、長政は秀吉と他の武将たちの取次役も務めるようになります。
織田信長が死んだあと、急速に力をつけていた秀吉は「天下人になるだろう」と各地の大名たちから注目を集める存在でした。
そうなると、「秀吉に会いたい」という大名があちこちから連絡してくるわけです。
でも、秀吉は1人しかいませんので、そうたくさん来られても全員に会うことはできません。なので、長政が仲介をして「あわせるべき人物」を選んでいたわけです。
この取次をしてもらった大名の中には、あの伊達政宗もいました。
誰に会うべきなのかを選ぶのは、本当に大切な役目。秀吉がみずから長政を選んで取次役にしているくらいですから、よほど信頼された立場で会ったことが分かるでしょう。
秀吉は、長政に「豊臣」の姓も下賜しているほどです。

こうして、長政は「豊臣家になくてはならない武将」としてその立場を確実なものにしていくのです。

 

秀吉亡き後の「関ヶ原の戦い」では徳川側へ

その秀吉が亡くなったあと、長政は徳川家康から謀反の疑いをかけられ、謹慎させられてしまいます。
時代はそのまま「関ヶ原の戦い」へと流れていき、謹慎中だった長政の代わりに息子の浅野幸長が東軍として出陣。本戦でも見事に活躍しています。
戦のあとは和歌山城主となり、穏やかに暮らしました。

この浅野長政の子孫は、のちに赤穂事件を起こす朝野内匠頭につながることも有名です。
戦国武将の血筋は思わぬところにつながっていることがありますが、長政も同じなようです。
長政が秀吉に尽くした忠義ものだったように、子孫もまたそれを受け継いでいたのかもしれません。

 

浅野長政の家紋とは

浅野長政の家紋は、丸に違い鷹の羽。
戦国時代において、鷹は強い動物として武将たちのあこがれを集めていました。
その鷹の羽を家紋にすることで、雄々しい活躍をという願いを込めたのでしょう。

戦国武将らしい家紋ですね。鷹の羽紋は、他にも大谷吉継が使用していたことでも知られています。
「鷹の羽」の紋は、日本で10大家紋に入るほど多く使用されている家紋なので、多くの人が「鷹」という動物に憧れを持っていたことが解りますね。

 - 戦国武将の家紋