お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

島津4兄弟の長男・島津義久の家紋「丸に十文字」を解説|九州一の戦国武将

   

yoshihisa

juji 丸に十文字

■父:島津貴久
島津4兄弟の父・島津貴久の家紋「丸に十文字」を解説|島津家を拡大させた戦国武将
■長男:島津義久
島津4兄弟の長男・島津義久の家紋「丸に十文字」を解説|九州一の戦国武将
■次男:島津義弘
島津家次男で九州の猛将・島津義弘の生涯と家紋「丸に十文字」
■三男:島津歳久
→父の貴久や兄の義久、義弘を助けて数々の合戦で活躍した立役者
■四男:島津家久
島津4兄弟の四男・島津家久の家紋「丸に十文字」を解説|龍造寺隆信を破った戦国武将

島津義久の家紋

九州の最強武将軍団・島津家。
15代当主・島津貴久の子、島津義久・義弘・歳久・家久の四兄弟は、戦国時代を語るには欠かせませんよね。
この四兄弟の中でも、貴久の跡を継いで16代目当主となった島津義久について紹介します。
次男の島津義弘があまりに有名なので、その陰に隠れがちなのですが、義久は九州の名家・島津家の当主としてふさわしい人柄・実力を兼ね備えている人物です。

 

父・島津貴久の跡を継いだ義久

父・島津貴久は、島津家の分家に生まれた嫡男でした。
それを、島津家の当主に請われて養子に行ったのですが、一度は当主の座を奪われるなどした苦労人です。
のちに島津家当主に返り咲いた貴久は、かねての願いだった薩摩(鹿児島)を平定しました。
この時、すでに家督は嫡男の義久が継いでいます。
その後、島津一家は大隅(鹿児島のあたりだと思ってください)を攻めるのですが、その半ばで父・貴久は死去。

義久と下の弟たちは、父の遺志を継いで大隅・日向(宮崎)と戦い、傘下に治めると、侵攻してきた大友宗麟を「耳川の戦い」で打ち破り、さらに勢力を強めていた竜造寺のことも弟の家久が破り、快進撃を見せます。
そして肥後(熊本)を手に入れ、九州統一目前までいきました。

ところが、ここで思わぬところからストップがかかりました。
豊後国の大友宗麟が、わざわざ上洛して秀吉に「助けてほしい」と要請したため、秀吉が「惣無事令」を出し、国同士の争いをやめるように命令したのです。
※ちなみに、秀吉は海賊も禁じています。これで壊滅的な打撃を受けたのが、瀬戸内海の村上水軍。

これは、九州だけでなく関東や東北・朝鮮にわたって出した命令で、「勝手に戦をすることを禁じる」という命令です。織田信長亡き後に、着々と天下統一への道を歩んでいた秀吉は、九州の島津家の勢力も「何とかしなければ」と思っていたのでしょう。

でも、だからといって言うことを聞くような四兄弟ではありません。
秀吉の言うことを無視して、筑後を攻撃しようとしていました。
これに怒った秀吉は、島津家を潰すために「九州征伐」を開始するのです。
一度はこれに勝利したものの、最終的には秀吉の軍に降伏。島津家に与えられたのは、薩摩一国となりました。

後に、島津家の家臣たちが秀吉に対する不満を抱えて「梅北一揆」を起こすのですが、この時に弟・歳久の家臣が多く加わっていたことから、義久は弟を討たなければならなくなります。
歳久は朝鮮出兵も断っていたため、秀吉からいろいろと睨まれていたというのもあるのでしょう。仕方なく義久は歳久を討とうとするのですが、歳久は家と兄のことを思って自害します。
義久は、弟の一人を失うという悲劇をここで経験することになるのです…。

 

そして、やってきた「関ヶ原の戦い」!弟・義弘の西軍参加

秀吉が死ぬと、時代は「関ヶ原の戦い」へと流れていきます。
この時、弟の島津義弘は京都にいたことから、石田三成の西軍に参加することになりました。
しかし、義弘は兵を率いたにも関わらず戦に参加させてもらえなかったため、敵の中を中央突破して退却。

義久は九州で軍を動かさずに静観しており、義弘の西軍参加も「義弘の独断でやったことで、島津家は関係ない」という立場をとろうとしていました。
ところが、義弘の息子・忠恒は義久の反対を押し切って上洛し、父の行いを謝罪。
家康は島津家をつぶしたいという考えでしたが、関ヶ原の戦い」で少なからずダメージを受けた家康とちがい、島津家はほとんど戦っておらず戦力を維持していました。
ここでぶつかることは得策ではない、と考えた家康は、忠恒の謝罪を受け入れ、島津家の領地もそのまま安堵されました。
家康に逆らったのに、領地を取られずに済んだ極めて稀有な例です。

その後、義久は家督を正式に義久の子・忠恒に譲ります(のちに家久と改名します。叔父と同じ名前ですね)。
島津家の実権を握りつつ、79歳で亡くなりました。
※これまで、弟の義弘が17代目当主とされてきましたが、その後の研究で義久の後は忠恒に家督が譲られているようです。しかし、島津家の「島津家正統系図」には、義弘が17代目当主と書かれているため、それを優先し義弘を17代目当主としているそうです。

天下をとり、幕府を開いた徳川家康でさえ、義久の実力と恐ろしさを認めていたとか。
まさに九州の名将にふさわしい人物です。

 

島津義久の家紋とは

島津義久の家紋は「丸に十字紋」。
九州・島津家のシンボルとしてかなり有名な家紋です。

 

 - 戦国武将の家紋