お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

長曾我部元親の家紋と生涯を紹介!四国を平定した戦国武将に迫る

   

四国を代表する武将と言えば、長曾我部元親ですよね。以前はちょっと知名度が低めの武将だったのですが、最近の戦国ブームの中でゲームに登場するなど知名度をあげ、現在では有名な武将の1人になっています。

その長曾我部元親の、どこか悲壮さが漂う人生と家紋についてご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

長曾我部元親ってどんなひと?

cyosokabe
 

長曾我部元親は、1539年に土佐(現在の高知県)に生まれました。「岡豊城(おこうじょう)」というお城の主だった長曾我部国親の息子です。

幼いころは大変に大人しく、20歳を過ぎても初陣がなかったことから、「姫若子」などと呼ばれることもあった元親ですが、22歳でようやく迎えた初陣では鬼人のごとく槍を振り回し、一転して「鬼若子」と恐れられるようになりますした。その初陣からほどなくして、父の国親が他界。

 

22歳の若さで長曾我部の家督に

元親は、22歳という若さで長曾我部の家督を継ぐことになりました。元親は、「半兵半農」という「普段は田畑を耕し、いざという時は兵士として戦う」という方式を使って四国各地に攻め入り、1585年に四国統一を果たしました。

 

あまりに大きかった豊臣秀吉、そして息子の死…

しかし、四国統一に喜んでいたのもつかの間のことでした。天下統一を果たした豊臣秀吉が四国に目を付け、この年に四国に攻め入ります。

元親側は半民半農の兵ばかり、しかし相手はきっちりと闘い方を教え込まれた兵士ばかりです。勝ち目はなく元親は降伏。せっかく統一した四国から、土佐以外の領地をすべて没収されてしまいました。

四国という国から見て、秀吉の存在はあまりに大きなものでした。

 

cyokosokabe2
 

さらなる悲劇!長男長曾我部信親の戦死

その元親に、さらなる悲劇が襲ったのは1586年のこと。秀吉の九州攻めに参加した元親ですが、この戦いで長男である信親が命を落としました。享年22歳。

信親は一気に八人の兵を斬ることもできたという実力者で、元親も大変期待していた息子です。信親の遺体をみた元親は、ショックのあまり自死をしようとしたほど。この信親の死が、元親の運命を大きく変えてしまいます。

 

スポンサードリンク


なぜか四男盛親に家督を継がせることに

信親の死が元親に与えた影響は非常に大きなものでした。元親には信親のほかに三人の息子がいましたが、次男・三男を無視して四男の盛親に家督を継がせることを決めます。

この理由には諸説ありますが、元親は信親がのこした娘を息子に嫁がせて「信親の血を残したい」と考えていたそうで、そのためには一番若い盛親が適任であったと考えたのかもしれません。

既に次男と三男は他の家を継いでいたため、長曾我部家の家督を継ぐことは難しいと考えた可能性もあります。

この件に当然のことながら長曾我部家の関係者は反発しますが、反対する者を元親は厳粛して黙らせ、かなり無理な方法で盛親が家督を相続することになりました。それも、家督は継いだものの父と二人の二頭政治です。

周りから見れば「異常な経緯での家督相続」となったため、豊臣秀吉は盛親を城主とは認めていなかったとも言われています。

 

息子「信親」の死後、急変する元親の性格

信親が死ぬまでの元親は、部下の話しにもきちんと耳を傾ける人物であり、慈愛にあふれ、家臣たちからも信頼された城主でした。

それが信親を失ってからは一転し、周囲の反対も聞かずに四男の盛親に無理やり家督相続させるなど別人のような行動をとるようになりました。当主としての精彩を欠いたまま、元親は1599年に京都にて死去。61歳でした。

大坂の陣で敗北後に長曾我部家は滅亡に

cyokosokabe5
 

その後、盛親は大阪の陣で豊臣側に敗北して斬首に。息子たちもそれぞれ斬首になったため、長曾我部家は滅亡することになります。しかし、それは直系のみの話しで、養子に出ていた一族が血を残しており、現在もご子孫が健在です。

 

 

スポンサードリンク

 

長曾我部家の家紋は「七つ片喰(かたばみ)」

長曾我部家の家紋は、「七つ片喰」と呼ばれるもので、私たちが良く知っている「カタバミ」をイメージしたものです。

 

cyokosokabe3

「七つ片喰」

 

長曾我部元親の先祖となる人物が土佐に向かう際に参拝をし、杯を仰ぐと、そこにカタバミの葉が浮かんでいたことから家紋にしたという言い伝えがあります。

また、カタバミは繁殖力が強いことから「子孫繁栄」の意味もあるとされていますが、長曾我部家のことを思うとなんとも言えない物悲しさがありますね。

 - 戦国武将の家紋