お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

小早川秀秋の家紋「丸に違い鎌」を解説!裏切り者の代名詞になってしまった戦国武将

   

小早川秀秋
 

小早川秀秋といえは「裏切り」。関ヶ原の戦いで石田三成の西軍についていた秀秋が、途中で東軍に寝返ったことが西軍敗北のきっかけになったと言われています。複雑な背景を持つ小早川秀秋の家紋とこれまでについてみていきましょう。

※名前が色々変わっていますが、ここでは「小早川秀秋」で統一しています。

スポンサードリンク


もともとは豊臣秀吉の養子だった小早川秀秋

実は、小早川秀秋は豊臣秀吉の養子でした。秀吉には実子がいなかったために、あちこちから養子をもらって跡継ぎを育てていたのです。秀秋は秀吉の正室・ねねの甥だった縁から養子に入り、とても可愛がられて育ちました。

 

養子には豊臣家の後継ぎ候補の秀次もいた

この時、養子には秀吉の姉の子・秀次もいました。秀次は養子の中で一番年長だったため、秀吉に跡取りとして一番期待されていた人物です。秀秋とは年齢差もあり、豊臣家は秀次が継ぎ、そのあとに秀秋が継ぐと言われていたそう。つまり、秀秋は豊臣家を継いでもおかしくない立場にいたのです。

 

秀吉に実子が生まれてから、すべてが変わってしまった

そんな秀秋の人生が変わったのは、秀吉に実子の豊臣秀頼が生まれてからのことです。実子が生まれてからというもの、秀吉は養子たちを次第に疎んじるようになったのです。「養子より実子に豊臣家を継がせたい」と考えるようになったのでしょう。

跡取りになるはずだった秀次は切腹に追いやられ、さらし首に。

 

豊臣家から小早川へ移らされた秀秋

秀秋も領地をとられてしまい、小早川家に養子に出されてしまいました。ここから「小早川秀秋」を名乗ります。
実の父のように慕っていた秀吉に、邪魔者のように養子に出された心境はいかばかりだったでしょうか…。

 

スポンサードリンク

 

朝鮮出兵で、加藤清正を守るために戦った秀秋~それも評価されず…

そんな秀秋ですが、秀吉の命令で朝鮮出兵に参加しています。なんと、彼に任されたのは総大将!朝鮮出兵にいった8の軍をまとめる大将です。この朝鮮出兵で秀秋は「裏切り者」のイメージにそぐわない勇猛果敢な行動を見せています。

 

初の実戦では清正を助ける見事な仕事

朝鮮出兵で、秀秋は釜山を守るようにと言われていました。しかし、同じ日本軍の加藤清正が敵に追い込まれていると知ると、わずかな軍を率いて清正のところに駆けつけます。そして大軍を後退させたあと、追撃して13もの首をとる活躍を見せました。

実は、これが秀秋初めての実戦。この活躍を、現地の兵士たちはみな一様に褒めたと言われるほどです。

 

しかし、日本に戻った秀秋を待っていたのは「厳封」という処罰…。

味方の清正を助けたにも関わらず、秀吉は「総大将が、みすみす命を落とすような危険な真似をするべきではない」と怒り、秀秋を処罰したのです。これは、秀吉の言い分にも一理あります。

全軍を指揮するはずの総大将が倒れては、他の軍を指揮する人がいなくなってしまいます。他の軍まで危機にさらすことになってしまう。たとえ清正のためでも、その場を離れてはいけないという理由でした。

しかし、誰よりも秀吉に認めてほしかっただろう秀秋の胸中を思えば、この処罰がいかに辛いものであったか…。

秀吉を恨むようになっていたとしても、おかしくありません。

 

スポンサードリンク

 

関ケ原の戦い~岡山城を任されるも、若くして亡くなる

秀吉の死後に勃発した「関ヶ原の戦い」では、小早川秀秋は西軍の石田三成についています。裏切った理由については諸説あり、「もともと東軍に参加するはずだったが、参加できず仕方なく西軍に参加した」という説も。

ただ、いずれにせよ西軍の大谷吉継は「小早川秀秋は裏切る」と見抜いていたようで、あらかじめ対策をしていました。そして重要なのは、「関ヶ原の戦いで裏切ったのは、小早川秀秋だけではない」ということです。

西軍に参加しながら、陰で「東軍の味方をする」と家康に伝えていた武将も多く、むしろこちらの裏切りで西軍が敗北しています。

西軍の要だった大谷吉継は、小早川秀秋の裏切りは予想していても、他の武将の裏切りまで見抜くことができなかったのです。

 

21歳でこの世を去った小早川秀秋

「関ヶ原の戦い」のあと、小早川秀秋は21歳という若さでこの世を去りました。秀秋が裏切ったことで壊滅した軍の大谷吉継が、切腹前に恨み言を残したことを気に病んで…と言われていますが、そうではなく「お酒を飲み過ぎた」ということが原因のようです。

あまりに若くして死んでしまった小早川秀秋。もう少し長く生きていれば、「裏切り者」と言われてばかりの評価もまた違ったものになったのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

小早川秀秋の家紋は「丸に違い鎌」

小早川秀秋の家紋は「丸に違い鎌」。

家紋
ちょっと珍しいデザインの家紋ですよね。

鎌は、昔は農業用の器具として使用されていたため「五穀豊穣への願い」が込められているそうです。
あとは、武器を連想させることから、武将が良く使用している家紋のひとつのようです。

 

三つ巴紋

さらに、こちらの「三つ巴」を使用していたとも…。

家紋
 

こちらは、「蛇」「渦巻」という意味を持つ家紋。昔は蛇のことを「神聖なもの」として扱っていたので、武将がこの家紋を使用するのはよくわかります。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋