お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

北条早雲(伊勢盛時)の家紋と戦国時代幕開を実現した人物と言われる人生に迫る

   

北条早雲
 

長く続く戦国時代の開幕は、この北条早雲という人物が関わっていると言われています。

以前は「一介の浪人から戦国武将にまで上り詰めた」と紹介されていた早雲ですが、この時代に浪人→武将となることは不可能でした。このため研究が進められ、現在は「室町幕府の政所執事であった伊勢盛定の息子」という説が正しいと改められています。もともと地位が高い生まれだったということですね。

正しい名前は「伊勢盛時」。北条星雲という名称が有名で、彼はのちに戦国でよく知られた北条氏の先駆けでもありますが、本人は生涯「北条」を名乗ることはなかったとも言われています。※ここでは「北条早雲」で統一します

 

スポンサードリンク

 

早雲を有名にした「伊豆乱入」~戦国時代の幕開け~

早雲は今川家の家督相続に関わっており、この働きぶりから今川家の中心人物として扱われるようになります。今川家の中でその力を振るっていた時、関東の「伊豆」で事件が起きました。

当時、伊豆は足利家が治めていたのですが、足利家の当主の長男は素行不良で幽閉されており、異母弟が継ぐと決められていました。しかし、その当主が亡くなってから長男が牢から脱出し、異母弟とその母を殺害してしまったのです。さらに、無理矢理足利家当主になってしまいました。

しかし、実は亡くなった当主にはもう一人息子がいたのです。その息子は既に出家しましたが、クーデターにより俗世に戻り、早雲に「殺された母と弟の敵を討ってほしい」と命じました。これが「伊豆乱入」のきっかけです。その後6年をかけて伊豆を平定し、自らは出家して「早雲」と名乗るようになりました。

ここから早雲は相模進出と小田原城奪還も行っており、ここから国をとってとられての「戦国時代」に突入したと言われています。伊豆でも小田原でも、彼は住んでいる人たちをとても大切にしていたそうです。

 

北条早雲の孫は北条氏康

北条氏康 北条早雲の孫「北条氏康」
北条氏康から始まった家紋「三つ鱗」の由来とは?領民に慕われた戦国武将
北条早雲の孫にあたる北条氏康は上杉憲正率いる上杉軍から河越夜戦で勝利している。3000人対8000人と圧倒的な不利な状況にもかかわらず見事な勝利を収めた

河越夜戦でみる家紋解説

1546年 河越夜戦で見る戦国武将の家紋

 

 

北条早雲の家紋は「三つ鱗」

北条早雲の家紋は、北条家で非常に有名な「三つ鱗」。これは北条家の定紋であり、後の子孫たちも使用しています。

家紋
 

スポンサードリンク

 

北条鱗とは?

もうひとつ、「北条鱗」と呼ばれる家紋も使用していたことが解っています。この三角に見える部分は「鱗」なのですが、この鱗の高さを低くしたものが「北条鱗」という家紋になります。この名前からしても、北条氏のみが使っていた家紋と考えられます。
「北条鱗」の画像検索結果

対い蝶も使用していた

他にも、替紋として「対い蝶(北条対い蝶)という家紋を使用していたことが解っています。

 

家紋
 

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋