お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

細川藤孝(細川幽斎)の家紋と生涯|息子に細川忠興を持つ和歌の才能にあふれた戦国武将!天皇が命を助けたって本当?

   

細川藤孝
 

「細川幽斎」の名称で有名な武将・細川藤孝。武将・細川忠興の父です。彼も武将なのですが、実は武勲よりも和歌や茶道の道で有名な人物です。(※ここでは「細川藤孝」で統一してご紹介しています)そんな彼の家紋と生涯について解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

和歌の才能は日本随一、多くの弟子を抱えていた藤孝

血なまぐさい戦があちこちで行われていた戦国時代であっても、相変わらず「茶道」「和歌」などをたしなみ、ひそかな楽しみにしている武将や公家たちはたくさんいました。その中で、ひときわ目立っていたのが細川藤孝です。

 

三条西家に評価された和歌の才能

彼は、他の人間が「どう和歌を作ろう?」と悩んでいる間に次々と和歌を完成させるほどの才能の持ち主で、武将からも公家からも、そして平民たちからも一目置かれる存在だったのです。
この才能を高く評価したのが、「三条西家」という家の実技という人物でした(公家の方ですね)。

 

誰でも彼でも理解できるわけではなかった古今和歌集

さて、ここで登場するのが「古今和歌集」の存在。「古今和歌集」とは平安時代にまとめられた歌集のことで、紀貫之や小野小町といった有名な歌人たちの歌をまとめたものです。この「古今和歌集」に掲載されている和歌は、戦国時代において「和歌の基礎」と呼ばれるほどに大切にされており、掲載されている和歌の解釈は最も関心があるものでした。

 

古今伝授を受けていたのは実技一人

しかし、重要なものだけに誰でもその解釈を知ることができるわけではなかったようで、解釈は「古今伝授」として限られた人物に伝授されていったそうです。そして、その「古今伝授」を受けていたのが実技でした。この時、古今伝授を受けたのは実技一人。

 

古今伝授を実技かた受け継いだ藤孝

彼は孫にそれを伝えたかったようですが、孫があまりに幼いために藤孝に一時的に伝授したそうです。その後、実技はすぐに亡くなったため、古今伝授を受けたのは藤孝一人になってしまいました。これが、彼の運命を変えたのです。

 

スポンサードリンク

 

あわや、藤孝が殺されるかもしれない事態に天皇が動いた!

そんな藤孝の状況が一変したのは、石田三成と徳川家康の間で起きた「関ヶ原の戦い」です。挙兵した石田三成は、徳川家康に味方している武将の妻を人質にとるという作戦に出ました。

 

関ケ原の戦いで三成に狙われた藤孝

この時、藤孝の息子・細川忠興の妻「細川ガラシャ」のことも人質にしようとしたのです。しかし、ガラシャは三成の要請を断り、屋敷に火をつけて自害。この事態に慌てた三成は、「では忠興の父・藤孝を攻めよう」と考え、藤孝のいる田辺城を目指します。

 

天皇が三成に「藤孝を殺すな」

これに慌てたのが、他でもない天皇でした。和歌を愛する天皇は、この世でたった一人「古今伝授」を受けた藤孝が亡くなることを懸念し、「藤孝を殺さないように」と西軍に伝えたのです。天皇の命令ですから、さすがの西軍も藤孝を攻撃するわけにはいかず「城を捨てれば命はとらない」と藤孝側に伝えました。

 

天皇の勅令により城を解放した藤孝

しかし、藤孝は「戦わずして逃げることは武士として恥である」と考え、動こうとしません。西軍としては戦うわけにはいかず、かといって兵をひくこともできず、膠着状態のまま二か月が経過。そこで、天皇は勅命を出して「城を開放して、出なさい」と藤孝に言いました。

「勅命」は天皇の命令であり、絶対に聞かなければならないものです。藤孝は言われたとおりに城を開放しました。「天皇が直々に命令を出して助けるほど、藤孝が受けた古今伝授は重要なものであった」ということです。

 

スポンサードリンク

 

「関ヶ原の戦い」のあとは、孫夫婦の面倒を見た藤孝

さて、先に紹介した「細川ガラシャ」の件に戻ります。屋敷を包囲した石田三成のもとに下ることを拒否したガラシャは、自ら屋敷に火をつけて自害します。

※この時点でガラシャはキリスト教の洗礼を受けていたため、自ら死ぬのではなく火に包まれて自分が死ぬのを待ったと言われています。

 

息子の忠興に追放された忠隆は細川家を離れて祖父藤孝と暮らす

これを知った忠興の息子・忠隆の妻「千代」は、すぐに屋敷を出て姉の豪姫(前田利家の娘)のもとへ逃げました。しかし、忠興は息子の妻が逃げたことを咎め、忠隆に「離縁するように」と命じます。忠隆は妻を庇ってこれに反発。結果、忠隆は細川を追放されてしまい、祖父の細川藤孝のもとで生活をしました。

 

ガラシャを愛した忠興と千代を愛した忠隆

千代は豊臣秀吉の家臣・前田利家の娘だったので、豊臣家を滅ぼした徳川家康からはよく思われてしませんでした。忠興は、家康からにらまれないように千代を追い出したかったようですが、忠隆はよほど妻が大事だったのでしょう。忠興もガラシャをとても愛していたと伝わっているので、この辺りは血筋でしょうか。

藤孝は二人の生活をささえており、孫にも恵まれています。
のちに忠隆は忠興と和解し、忠興に孫をみせることもできました。
父の藤孝、その子である忠興は優れた芸術的才能を持っていましたが、この忠隆もそうだったようで、茶の湯や能楽の世界に大きな貢献をしています。

 

スポンサードリンク

 

細川藤孝の家紋は「丸に二引き両紋」

家紋
 

細川藤孝の家紋は、「丸に二引き両紋」です。

この家紋は、室町幕府の将軍・足利家が代々使用していたことで有名ですね。細川家は足利尊氏に仕えていた家なので、その縁からのものでしょう。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋