お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

松平忠直の家紋と生涯に迫る!家康の孫は本当に暴君だったのか?

   

松平忠直
 

松平忠直は、徳川家康の息子である結城秀康の息子です。つまり、家康にとって忠直は孫にあたる人物ですね。

しかし、偉大な祖父を持ちながらも、秀康の評判と言えば「正妻を殺そうとした」「妊婦の腹を裂いた」など、暴君のようなエピソードばかり。
本当にこんな人物だったのでしょうか?彼の家紋とその人生を解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

父・結城秀康の辛い立場

忠直についてお話しする前に、彼の父・結城秀康について語らなければなりません。秀康は徳川家康の息子で、実は順番から言えば彼が家康の跡を継いで将軍になるはずでした。
しかし、秀康は家康と豊臣秀吉が争い→和睦をした後に、豊臣家に人質に出されてしまいます。「秀康」という名前も、「秀吉」「家康」からとった名前です。

このため、秀康は「豊臣家の人間」として扱われていたのです。

 

秀吉の実施誕生後、結城家におくられ秀康

当初は秀吉に可愛がられていた秀康ですが、秀吉に実子ができると一気に冷遇されるようになり、「結城家」という家に婿に出されました。
結城家の一員となった秀康は、徳川家の跡継ぎ候補からは完全に外されてしまいました。

もし、秀康が豊臣家の人質に出されることなく徳川家にいれば、秀康が将軍になった後に息子の忠直が将軍になっていたはずです。この運のなさが、忠直の心をゆがませたと言われています。

 

スポンサードリンク

 

暴君ばかりの武将ではなかった

家臣の妻を口説いて断られたことに腹を立て、その一族を惨殺したとか、妻を殺そうとして応戦されたとか、悪いエピソードには事欠かない忠直。ただ、このエピソードのいくつかは創作の可能性もあるのでは?と言われています。

その理由のひとつが「初花肩衝」という茶器のエピソード。
大坂夏の陣で、忠直は真田幸村が作った「真田丸」の前に敗北してしまい、家康から叱責されてしまいました。

 

大坂冬の陣では真田幸村を打ち取る大活躍

その後に勃発した「大阪冬の陣」では、その仇を返すかのように幸村を討ち取るという活躍を見せています。
しかし、その活躍に対しての褒賞が「初花肩衝」という茶器ひとつだったとか。
これに怒った忠直は、茶器を投げて割ったという話が伝わっています。

でも、実はこの茶器は今も傷がないまま現存していて、少なくとも「投げて割った」というのは作り話であることが解ります。また、「初花肩衝」は「天下三肩衝」と呼ばれる茶器で、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が所有していた大変に価値のある茶器。どうでもいいものではなく、とても価値があるものをもらっているのです。

 

スポンサードリンク

 

越前そばの発祥は忠直?

また、越前(現在の福井県)の藩主だった忠直は、土地がやせてなかなか作物が育たないことを気にかけ、その土地でもきちんと育つそばを育てさせています。「越前そば」はここから生まれています。
父・秀康の代から継いだ治水事業も完成させ、土地の農民たちからの支持も厚い人物でした。

暴君であるという話しのすべてが嘘とは言いませんが、暴君ばかりの武将でなかったことは確かです。

 

松平忠直の家紋は「結城巴」

松平忠直が使用していた家紋は、父も使用していた「結城巴」と言われています。

家紋
 

父・結城秀康からはじまる「越前松平家」が使用している家紋です。

 

「丸に三つ葉葵」を使用していた可能性も

また、徳川家の一族のみが使用できる「丸に三つ葉葵」を使用していた可能性もあります。

 

家紋
 

この家紋は、家康の意向で徳川家の一族にしか使うことが許されていませんでした。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋