お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

島津4兄弟の父・島津貴久の家紋「丸に十文字」を解説|島津家を拡大させた戦国武将

   

takahisa juji 丸に十文字

■父:島津貴久
島津4兄弟の父・島津貴久の家紋「丸に十文字」を解説|島津家を拡大させた戦国武将
■長男:島津義久
島津4兄弟の長男・島津義久の家紋「丸に十文字」を解説|九州一の戦国武将
■次男:島津義弘
島津家次男で九州の猛将・島津義弘の生涯と家紋「丸に十文字」
■三男:島津歳久
→父の貴久や兄の義久、義弘を助けて数々の合戦で活躍した立役者
■四男:島津家久
島津4兄弟の四男・島津家久の家紋「丸に十文字」を解説|龍造寺隆信を破った戦国武将

島津貴久の家紋

九州の大名と言えば、真っ先に名前が挙がるのは島津家でしょう。
戦国時代において、「九州の島津家」と言えば最強の家として良く知られています。
ゆえに、現代でも島津家の人気は特別に高くなっていますよね。

今回紹介する島津貴久は、島津家の15代目当主。
島津家は著名な武将が多く、時に誰が何をやったかが分かりにくくなるのですが、貴久は「のちの徳川家康でさえ潰すことができなかった猛将・島津義弘」のお父さんです。
島津義弘と言えば、「鬼島津」と呼ばれ、「関ヶ原の戦い」では敵の中を中央突破して撤退したことでも知られる九州最強の武将。
その義弘のお父さんですから、もちろん超優秀な人物です。
「島津四兄弟」と言われた義久、義弘、歳久、家久の父であり、「九州の英主」と言われる島津貴久についてまとめました。

 

島津家の養子になったのに、追い出された貴久

島津貴久は、もともとは島津分家の主・伊作忠良の嫡男として生まれました。
そのままいけば島津家を継ぐこともなかったのですが、主家の島津勝久の養子となり、13歳で島津家の15代目当主となります。

どうして貴久が島津家の当主になったのでしょう?
それは、島津家の当主が次々と亡くなり、14代目当主となった島津勝久も若くて力がなかったことが原因と言われています。島津家の力が弱まり、家臣たちが離れていくことを懸念した勝久は、分家の忠良を頼って貴久を養子にしました。
そして自分は引退し、貴久を当主にすることで島津家を盛り返そうとしたのです。

…と言いたいところですが、実は勝久は養子縁組に積極的ではなかったようです。
この養子縁組は、勝久よりも島津家の家老たちが推し進めたものだったとか。
少し事情を説明すると、兄から勝久に当主が変わった時、勝久は兄についていた家老を追いやり、自分のお気に入りの家臣を傍におくようになりました。
この家臣が、貴久の家・伊作家に近しい人間ばかりだったのです。
これが、貴久との養子縁組につながったわけですね。勝久としては、家臣たちに「貴久を養子に」と言われたため、積極的ではないながらも同意したということのようです。

そんな時、島津家のもうひとつの分家にいた島津実久が挙兵。
ようは「どうして自分じゃなく、貴久なんかが当主になるんだよ!」という挙兵です。
勝久に遠ざけられた先代の家臣たちも、実久の味方をします。

これを見た勝久は「貴久じゃなくて実久の味方をすれば、自分がまた権力を握れるかもしれない」と考え、実久の味方に。そして養子縁組を解消し、貴久を追い出してしまいます。
しぶしぶとはいえ、自分から声をかけて養子にしたのに、都合が悪くなったら縁組を解消して追い出す。戦国時代とはいえ、あまりに理不尽な話です。
しかし、勝久は結果的に家老とも実久とも関係が悪化し、島津家を追い出されてしまいました。

諦めなかった貴久!再び当主に返り咲き

ところが、この状況でも貴久とその父・忠良はあきらめませんでした。
忠良はコツコツと努力を続け、薩摩半島の南にいた「国人衆」と手を結ぶなどして、力をつけていきます。
そして貴久も戦で実久の軍を破るなどの才能を発揮し、鹿児島での勢力をどんどん強めていきます。

ここに、島津家を追い出された勝久が現れて再び手を結び(はっきり言って勝手すぎますが)、貴久と実久の戦いが本格化します。
…ちなみに、勝久はまた貴久を裏切って実久の方にいこうとするのですが、無視されて大友家のところに逃げています。もとはこの人がすべての発端だったのですが…。
そして、貴久は、実久との戦いに見事に勝利し、薩摩半島を統一して国主になるのです。
このあとも混乱が続くものの、のちに朝廷が貴久を正式に「薩摩の国主」と認め、国主を名乗ることになりました。

その後、領土を拡大するために「大隅」という地域を攻めるのですが、戦の最中に亡くなりました。
しかし、その意志は息子たちに受け継がれ、嫡男の島津義久が「薩摩」「日向」「大隅」を島津家のものにしています。
貴久の成功がのちの島津家繁栄につながったこともあり、父・忠良とともに「中輿の祖」と呼ばれるようになりました。

ポルトガルから入ってきた鉄砲をはじめて戦で取り入れるなど、新しいことにも積極的に挑戦した貴久。そんな父の生き方は、子供たちにしっかりと伝わったようです。

 

島津貴久の家紋とは

島津貴久の家紋は「丸十字紋」。
名前の通り、丸の中に十字架を描いたような形をしている家紋です。
この家紋は、平家と戦った島津家の活躍を認めた源頼朝下賜したものと伝えられています。

 

 - 戦国武将の家紋