お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

織田信長の7つの家紋を用いた意味・由来を簡単に画像付きで解説!織田木瓜の家紋の読み方は?

   

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名で天下人の織田 信長。
織田信長の存在は日本人であれば誰もが一度は目にしている存在ですが、彼の家紋についてはあまり注目した人は多くないと思います。

現在だと家紋は「一つの家庭に1つの家紋」というイメージですが、実は織田信長は7つ家紋をもっていました。

織田信長の家紋織田木瓜について織田木瓜 織田信長の家紋十六葉菊について菊紋 織田信長の家紋揚羽蝶について揚羽蝶 織田信長の家紋永楽通宝について永楽通宝銭
織田信長の家紋五三桐について五三桐 織田信長の家紋丸に二引両について二つ引両紋 織田信長の家紋無文字について無の字
 

スポンサードリンク

 

 

 

肖像画を見てみると、裃の肩衣に、足利義昭から下賜された五三桐の家紋が確認できます。一般的には織田信長の家紋は織田木瓜が有名ですね。

ではなぜ、織田信長が家紋を7つも持つことになったのでしょうか?7つの家紋のそれぞれの読み方、意味・由来を画像付きで紹介します。

 

織田信長は7つの家紋を持つ天下人

肖像画は五三桐の家紋が描かれている

織田信長について
 

天下人!織田信長ってどんな人?


織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。

尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男[注釈 5]。

尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の清洲織田氏(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏をも凌ぐ力をつけ、家督争いの混乱を収めて尾張を統一し、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら領土を拡大した。足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令。後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼし、畿内を中心に強力な中央集権的政権(織田政権)を確立して天下人となった。これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。

しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自害し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。

引用:wikipedia

 

織田木瓜(五瓜木瓜):織田信長の7つの家紋その1

織田信長の家紋織田木瓜について 織田木瓜の読み方

「おだもっこう」と読みます

 

織田木瓜の意味・由来

織田信長の家紋として最もよく知られている家紋で、10大家紋としても有名です。
外郭の数が5つあるために五瓜木瓜とも呼ばれている。木瓜紋は外郭の数で、木瓜、五瓜、六瓜として種類も多い。

織田木瓜の由来は、瓜の断面説や花の形説といった言い伝えがありますが、はっきりとした理由は明確になっていません。今では、鳥の巣に似ていることから、子孫繁栄のとして考えられることが多いです。

八坂神社や祇園社での神紋としてのイメージがあり、格式高い家紋であると考えられています。

 

スポンサードリンク

 

揚羽蝶:織田信長の7つの家紋その2

織田信長の家紋揚羽蝶について 揚羽蝶の読み方

「あげはちょう」と読みます

揚羽蝶の意味・由来

この紋はもともとは平氏の家紋ですが、織田信長は自身がが平氏の流れをくむと称して、この家紋をを使用していました。

織田信長が平氏であると称した理由は、当時の時代では、次に天下人になるのは平氏側の人間であると信じられていたからだそうです。

 

スポンサードリンク

 

永楽通宝:織田信長の7つの家紋その3

織田信長の家紋永楽通宝について 永楽通宝の読み方

「えいらくつうほう」と読みます

永楽通宝の意味・由来

中国の明から輸入された通貨を図案化した家紋。織田信長は旗紋として使用したことで有名です。
永楽通宝は江戸初期まで流通していました。経済政策を多く行っていた織田信長ならではの家紋です

 

スポンサードリンク

 

五三桐:織田信長の7つの家紋その4

織田信長の家紋五三桐について 五三桐の読み方

「ごさんのきり」と読みます

五三桐の意味・由来

皇室の家紋として有名です。足利義昭が皇室からもらったものを信長が拝領した。足利家も、この家紋を当時の後醍醐天皇から拝領したものでとても名誉ある家紋だと思えます。

この桐紋は信長以外にも豊臣秀吉も使っています。

 

丸に二引両:織田信長の7つの家紋その5

織田信長の家紋丸に二引両について 丸に二引両の読み方

「まるににひきりょう」と読みます

丸に二引両の意味・由来

この紋も五三桐と同様で、足利将軍家の家紋を織田信長が拝領したものです。引き両紋は龍をかたどった図案ともいわれている。

 

スポンサードリンク


十六葉菊:織田信長の7つの家紋その6

織田信長の家紋十六葉菊について

十六葉菊の読み方「じゅうろくようぎく」と読みます

十六葉菊の意味・由来

皇室の家紋として有名です。織田信長は正親天皇から拝領しました。

「承久の乱」で有名な後鳥羽上皇が使用したことを契機に、十六葉菊は皇室の家紋となっていきました。

織田信長が当時の皇室とはかなり親密関係があったことがうかがえます。

 

無文字:織田信長の7つの家紋その7

織田信長の家紋無文字について 無文字の読み方

「むもじ」と読みます

無文字の意味・由来

漢字の「無」を崩した家紋です。禅の教えから作られたものです。
織田信長はキリスト教を保護したかたわらで、延暦寺の焼討ちをするし仏教に対して厳しいイメージがあります

 

いかがでしたでしょうか?やはり天下人寸前だった信長レベルになると家紋も7つ持たないといけないのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋