お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

豊臣秀次の家紋「五七の桐」と悲劇の最期 -秀吉の後継ぎとなるはずだったはずが秀頼誕生で転落?-

   

「豊臣秀次」の画像検索結果
 

実子になかなか恵まれなかった豊臣秀吉は、あちこちから養子をとっていました。
何人かの養子のなかで、特に有名なのは小早川秀秋でしょう。しかし、もう一人有名な養子がいます。豊臣家の将来を背負う人材と期待されながら、切腹に追い込まれて死んだ豊臣秀次の存在です。

スポンサードリンク

 

豊臣二代目将軍の座を約束されていた秀次

農民から将軍にまで駆け上がった異色の将軍・豊臣秀吉ですが、跡継ぎにはなかなか恵まれませんでした。
茶々との間にできた鶴松という男子がいたものの、早くに亡くなっています。ならば縁者から養子をとるという選択がありましたが、秀吉の弟・秀長とその子供も次々に亡くなってしまいました。

その中で、将来を期待されていたのが秀次です。秀次は秀吉の姉の子供で間違いなく豊臣の血を継いでいますし、成人した男子だったので、秀吉も秀次を跡継ぎにと考えて関白の地位も与えていました。

 

秀吉に実子・秀頼が生まれてすべてが変わった

鶴松が亡くなって以降、実子に恵まれなかった秀吉ですが、再び茶々との間に男児を授かりました。この男児が、豊臣秀頼です。これが秀次の運命を変えてしまいました。

秀次が誕生したと知るや否や、地方にいた秀吉はすぐさま出立し、10日かけて茶々のところに戻り秀頼を抱き上げるほどの喜びよう。これ以降、秀吉はあからさまに実子の秀頼を可愛がるようになり、秀次は自分の立場がどうなるのかとかなり不安を抱いていたようです。

 

秀吉の謀反を企てたという罪で切腹に追いやられる

その不安が的中したかのように、秀次は「秀吉への謀反を企てていた」という罪で切腹。27歳という若さでした。

 

スポンサードリンク

 

はっきりしない秀次切腹の理由

秀次の切腹の理由は今となってもはっきりしていません。ここでは高野山への追放説と秀次が邪魔になった説との2つを中心にお伝えします

 

高野山に追放・切腹説

昔から伝わるのは、秀頼に跡取りの座を持っていかれることを危惧した秀次が、秀吉に対して謀反を企てたことで高野山に追放・切腹となった説です。

しかし、時の将軍であった秀吉に対して謀反を企てていたとすれば「武士の誉」と言われた切腹が許されるとは考えにくいという指摘があります。のちに秀次の縁者は惨殺されているので、それを思えば謀反説もありかもしれませんが、当の秀次が切腹というのはやはり変です。

他にも、秀次が悪行を繰り返していた説や、秀吉が妻にしたいと思っていた娘を秀次が黙って妻にしたことが怒りを買ったとか、秀次が切腹した理由にはいろいろな説があります。しかし、どれもはっきりしていません。
悪行を繰り返していた話しについても、秀次がどんな人物であったにせよ秀吉が悪く言えばそれが伝わりますからね。

 

秀次が邪魔になったという説

色々な説の中でも、近年によく言われているのが「秀頼が生まれたことにより、秀次が邪魔になった」という説です。秀頼を将軍にしたいために、それまで時期将軍候補として扱っていた秀次を排除したいという考えが生まれたのではないか?ということです。

この時に秀吉はすでに病を患っていたと言われ、先のことを考えれば秀頼の未来を邪魔になるものはつぶしておきたかったのでしょう。実際、秀次以外の養子たちも豊臣家を出るなどしています。
実際の理由は解りませんが、どうにかして秀次を排除したいという考えが秀吉にあったと考えるのは自然です。

 

スポンサードリンク

 

秀次切腹が豊臣家の滅亡につながった

こうして秀次を切腹させた秀吉ですが、その後に秀次の側室や子供に至るまですべての縁者を惨殺しています。
その中には、東北の武将・最上義光の娘「駒姫」もいました。駒姫は秀次の側室になる予定だったものの、まだ本人に会ってもいませんでした。

さらに、秀吉は「秀次の謀反に加担しようとした」という嫌疑をかけて、色々な武将たちを処罰しようとしたのです。

この秀吉の行動は、諸大名に「豊臣不信」を植え付けることになり、それは徳川家康が力を強めることにつながりました。この秀次事件で謀反の疑いをかけられた大名たちは、「関ヶ原の戦い」でそろって徳川の東軍に参加しています。そして、大坂の陣で秀頼は死に、豊臣家は一代で滅亡してしまったのです。

 

豊臣秀次の家紋は「五七の桐」

秀次は豊臣家の武将なので、家紋も秀吉と同じ「五七の桐」です。

家紋
 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋