お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

高山右近(彦五郎)の家紋「七曜」と生涯|フィリピン・マニラに渡った異色の戦国武将

   

高山右近
 

キリシタンだった戦国武将はたくさんいるのですが、その中でもフィリピンのマニラに渡ったという驚異の経歴を持つのが高山右近です。右近は私的な呼び名で通称は彦五郎です。なぜ彼がフィリピンのマニラにわたることになったのでしょうか?そんな彼の家紋と生涯にスポット当てます。

 

スポンサードリンク

 

秀吉の家臣から家康の家臣へ~二度に渡るキリスト教弾圧の末

高山右近は、もともとは織田信長の家臣だった人物です。もともと仕えていた主君荒木村重が信長と対立するようになったため、右近のいた高山家でも「主と織田信長、どちらにつくのか」の話し合いが行われましたが、右近は信長を選びました。その結果信長が勝利し、高山家の領地は守られることになりました。

 

右近の運命を変えた秀吉の「バテレン追放令」

ところが、織田信長は「本能寺の変」で明智光秀に討たれてしまいます。これにより右近は織田家の中で有力者となった羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)につくようになり、秀吉のもとで四国攻めなどにも参加しています。右近の運命が変わったのは、その秀吉が「バテレン追放令」を出したことでした。

 

バテレン追放令後は前田利家を頼る

バテレン追放令とは、簡単に言えば「キリスト教は禁止」ということ。時の権力者となった秀吉の命令ですから、多くのキリシタン大名がキリシタンをやめました。しかし、この右近だけはキリシタンをやめることなく「それまで持っていた財産のすべてを捨てて出家」という行動に出ました。その後は、前田利家などを頼って生活したようです。

 

スポンサードリンク

 

やがて秀吉が亡くなり、時代は「関ヶ原の戦い」→家康に仕えるが、、

右近はここで東軍の徳川家康について戦い、東軍勝利に貢献しました。しかし、この家康も「キリスト禁止令」を出したため、右近は日本を出てフィリピンのマニラへ向かいました。秀吉に続き、家康もキリスト教を弾圧し始めたのを見て、「もう日本に自分の居場所はない」と考えたのかもしれませんね。

 

フィリピンでは熱烈な歓迎を受ける高山右近

無事にフィリピンにたどり着いた右近は限定で熱烈な歓迎を受けましたが、64歳で亡くなりました。死後、彼はキリスト教の殉教者として認められ、2012年に「福者」となっています。このための式典が、2017年に日本で開催されるそうです。右近のキリスト教への信仰が、時を超えて認められたのです。

 

高山右近の家紋は「七曜」

高山右近の家紋は「七曜紋」です。この紋の丸は星をイメージしたもので、戦国武将の多くがこの星を使った家紋を使用しています。

 

家紋
 

「十字架」紋

また、もう一つの家紋が「十字架」。

家紋
 

日本を捨ててまで、キリスト教への信仰を守り続けた右近の気持ちが込められた家紋です。
こちらの方が、右近の生涯の生きざまをよく表しているかもしれません。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋