お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

石田三成の家紋の由来を画像付きで解説!大一大万大吉は旗印、九曜紋、下り藤が家紋

   

石田三成
 

豊臣秀吉に忠臣を誓い、関が原で大敗した戦国武将というイメージが強い石田三成。その彼の家紋は「大一大万大吉」が有名ですが、実は「大一大万大吉」は戦の時に使う旗印だったのです。

それでは三成の家紋って何だったのか?と気になりますよね。彼の家紋を中心にこれまでの生涯についても解説します。

 

スポンサードリンク

 

石田三成ってどんな人?

石田三成と言えば「嫌われ者」

石田三成と言えば、「関ヶ原の戦い」で徳川家康に負けた武将です。「関ヶ原の戦い」は、家康の力を強めることになった「天下分け目の戦い」と言われていますが、当時の感覚では「豊臣家の中の家臣たちの争い」でした。

あくまでトップは豊臣で、その家臣たちが方向性を巡って対立した戦いだったわけです。注目したいのは、この戦いで「秀吉の忠臣と言われた加藤清正・福島正則らが徳川方についている」という点。

 

秀吉の忠臣である加藤清正・福島正則とは仲が悪かった三成

つまり、秀吉が可愛がっていた家臣たちから三成はものすごく嫌われていたのです。このため、「石田三成=嫌われ者」というイメージがどうしても付きまといます。

 

三成と仲が良かった大谷吉継さえ反対した関ケ原の戦い

ただ、そこまで嫌う方にも理由があったようで、三成と仲の良かった大谷吉継さえ「才知には長けているが勇気が足りない」「傲慢で横柄だと大名から百姓まで噂している。失礼だが、人望がない」と言っています。

三成の家臣・島左近は「決断が遅いせいで失敗ばかり」と言ったそうで、嫌われる要素があったのは事実の様ですね…。

 

スポンサードリンク

 

三成の性格って?

秀吉大好きで「豊臣五奉行」にまで上り詰めた人物

とにかく「秀吉が大好きだった人」と言えば、石田三成です。石田三成は小さいころから秀吉の小姓として働いており、大きくなってからは内政を支えました。朝鮮出兵で、兵をまとめていたのも三成です。秀吉も三成のことは気に入っていたようで、後に「豊臣五奉行」にまで上り詰めました。

 

秀吉好きだが欲はなかった三成

秀吉が領地をあげると言っても断っていますし、優秀な家臣には惜しみなく領地を与えているので、「傲慢、横柄」などと言われる一方で「欲がない武将だった」とも評されていますね。石田三成は佐和山城の城主でしたが、「関ヶ原の戦い」のあとに城を見てみたら「本当に質素な城だった」という逸話もあります。

島左近を家臣にした領地は半分ずつで

 

有名なのは、島左近を家臣にしたときの話しです。非常に優秀な武将だった左近ですが、どの武将からの仕官の依頼も断っていた時期がありました。しかし、三成が「自分が持っている四万石のうち、二万石を出す」と左近に言ったことで、左近は三成に仕えることを決めたと言います。主と家臣の領地が半々というのは、当時にすれば考えられないこと。それくらいの気持ちであるということを、左近は勝ったのでしょう。

 

なぜ三成と加藤清正らは対立していたのか

秀吉が亡くなった後、はっきりと対立するようになった三成と加藤清正、福島正則らですが、どうして対立をするようになったのでしょうか?いくつかある理由を挙げてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

朝鮮出兵が決定的?

もともとウマが合わないところはあったでしょうが、決定的なのは朝鮮出兵でしょう。

朝鮮出兵において、朝鮮側は「明」というところに援軍を頼んでいました。そのせいで、日本の武将たちは苦戦をしいられていたわけです。なのに、清正の軍は援軍たちと積極的に戦わず、現場の武将たちから顰蹙を買っていました。

 

明(中国)を討つために兵力を温存したのがあざとなり・・・

清正の行動には理由があって、「朝鮮ではなく、明(中国)を手に入れることが秀吉の願い。朝鮮で足止めを食っていても仕方がない」という考えだったようです。真打と戦うために、兵を温存したかったわけですね。

しかし、秀吉はこれを「戦に力を入れていない」と捉えて、清正らを処罰したのです。そして、これを秀吉の耳にいれたのが三成でした。三成が、清正らがさも戦に手を抜いているかのように伝えたと言われています。

清正らにしてみれば、「手を抜いていたのではなく、秀吉が手に入れたいと思っている明を目指したかった」ということなのですが、これは聞き入れてもらえなかったようです。そもそも、加藤清正は勇猛果敢な武将としてよく知られているので、ここで手を抜くことは考えられません。それをそのまま信じる秀吉もどうかと思うのですが…。

 

三成の言い分を信用した秀吉!

このエピソードからもわかるとおり、三成は豊臣政権の中でかなりの力を持っていました。その三成の言い方ひとつで、秀吉からの評価がガラッと変わってしまう。

三成がそれを意識していれば、現地で戦う武将たちの気持ちを考え、秀吉への報告の仕方を変えることもできたでしょう。でも、三成はそれができませんでした。

生真面目すぎて、人の気持ちに寄り添うことができなかったことが、対立の原因と言われています。

 

スポンサードリンク

 

「関ヶ原の戦い」で敗北し斬首~豊臣家の滅亡

石田三成は「関ヶ原の戦い」で敗北し、城の前にさらされたあとに六条河原で斬首されました。41歳でした。武士の誉れである「切腹」ではなく、罪人として「斬首」にされたところに、三成がおかれた立場がうかがえます。

 

三成を憎んだ家臣が家康側につき豊臣家は滅亡の道へ

しかし、「三成憎し」で多くの豊臣派が家康の味方になったことは、結果として豊臣家の滅亡を招くことになってしまいました。「豊臣家の内部抗争」だった「関ヶ原の戦い」ののち、大きな力を持った徳川家康は、結果的に豊臣家をしのぐ力を持つことになります。

 

秀吉家臣の加藤清正は家康が暗殺した?

加藤清正らは、豊臣家を守りながら家康に仕えるという方法をとったようですが、家康はもう豊臣を滅ぼすことを考えていました。清正は大阪の陣の前に亡くなっていますが、これは家康に暗殺されたと言う説もあります。石田三成を倒したことで、加藤清正らは結果的に豊臣家を失うことになってしまったのです。

加藤清正・福島正則は秀吉の妻でも「ねね」の方の味方であり、三成は「茶々」「秀頼」のほうに味方していたので、清正と正則は「茶々よりは徳川に」と考えていたふしもあります。が、「関ヶ原の戦い」のあとの行動を見ても、「一大名になったとしても、豊臣家を存続させたい」という気持ちが見えますので、豊臣家がほろんだことをどう見ていたのかが気になりますね。

 

スポンサードリンク

 

石田三成の家紋とは

「大一大万大吉」は家紋ではなく旗印

石田三成の家紋としてよく紹介される「大一大万大吉」。

旗印
 

これは家紋ではなく「旗印」です。

戦に持っていく旗に描く印を旗印といい、関ヶ原の戦いを描いた絵にもこの旗印がハッキリ残っています。これは、「1人が万人に、万人が一人に尽くすこと。そうすれば平和になる」という意味が込められているそう。この旗印を使った三成が、後世で言われるほどひどい人だったとも思い難いですが…

 

家紋には「九曜紋」をつかっていた

そんな三成が使用していた家紋は「九曜紋」。

家紋
占星術で疲れる9つの星を家紋にしたものです。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋