お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

佐々成政の家紋と悲劇の最期を解説!さらさら越えで有名な戦国武将

   

織田家に仕え、最期まで織田家への忠誠を誓った武将「佐々成政」。忠義者で優秀な武将でしたが、時代のいたずらか悲劇的な最期を遂げます。

そんな彼の家紋と人生について解説していきます。

スポンサードリンク

 

元々は信長の「馬廻」を務めていた佐々成政

佐々成政
引用:https://ja.wikipedia.org/

佐々成政は、もともと織田信長の「馬廻」を勤めていました。「馬廻衆」とは、馬に乗って大将の周囲に付き添う人のことです。

「馬廻」は武芸に秀でた一部のものしかなることを許されず、いわば馬廻衆は「選び抜かれたエリートたち」という扱いだったそう。成政はたいへんに優秀な人物だったので、さらにエリートしかなることができない「黒母衣衆」にも抜擢されています。

戦に優れた才能をみせる成政

このことからもわかるように、成政は非常に優秀な人物でした。「姉川の戦い」「長篠の戦い」などでも活躍しており、信長が成政をかなり信頼していたことがよくわかります。

その結果、成政は信長から越中(富山)を任されるようになり、富山城に移り住むことになります。ちなみにこの富山城は、あの「滝廉太郎」が作った「荒城の月」に出てくる城のモデルとも言われています。

信長のもとでメキメキと力を発揮していく成政ですが、ここから彼の不運がはじまります…。

 

主君の織田信長が本能寺の変で討たれる

彼にとって一番の不幸は、主君である織田信長が明智光秀に討たれてしまったことです。この訃報を聞き、敵対していた毛利と和睦してまで光秀を討ったのが羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)でした。

織田家の中で急に存在感を増していく秀吉を、成政は良く思っていませんでした。「主が討たれたのをいいことに、織田家を乗っ取ろうとしている」と見たのかもしれません。

 

存在感を増す秀吉を討つために家康と手を結ぶ

「なんとか織田家に復活してもらいたい」と考えていた成政は、信長の息子・信雄(のぶかつ)を支持し、同じように秀吉と対立関係にあった徳川家康と手を結びました。

 

しかし信長の息子「信雄」が秀吉と和解

ここで思いがけない事態が。成政が推していた信雄が、秀吉と和解してしまったのです。信雄が秀吉と手を結んだとなれば、もはや家臣たちが秀吉をにらむ必要はありません。家康も秀吉と和解し、成政は取り残されたような形になってしまいます。

 

スポンサードリンク


佐々成政のさらさら越え

それでも、織田家の復活を諦められなかった成政は、真冬の北アルプスを越えて徳川家康・織田信雄のもとを訪れ、説得を試みました。これが有名な「さらさら越え」です。

しかし、ここまでやっても家康と信雄の気持ちを変えることはできず、成政は失意の底に叩き落されます。時代は既に秀吉に動いていると、周辺の者たちは判断していたのでしょう。けれど忠義者の成政は、そう器用な方向転換をすることはできませんでした。

秀吉と敵対した成政は、大軍を率いた秀吉に攻め込まれ、越中を追われてしまいました。

結局は秀吉につかえるように

その後は大阪に住みながら秀吉に仕え、九州出兵では平定に尽力します。この時、成政の能力の高さを秀吉は評価したようで、肥後(熊本県)を成政に任せています。

成政は、それまで適当だった肥後の税収を正すために、「太閤検地」を行おうとしますが、「真面目に計算されてしまうと税金が高くなる」と肥後の大名たちは反発。

この時に病気を抱えていたという成政は、事態の打開を急いだのか武力で反対派を鎮圧しようとしますが、これが反発を招いて一揆が勃発。ほどなくして鎮圧されたものの、騒動の責任をとる形で成政は切腹を言い渡され、亡くなりました。

忠義もので優秀な人物でありながら、その忠誠心が仇になってしまった悲劇の武将です。

 

佐々成政の家紋は「角立て七つ割り四ツ目結紋」

佐々成政は、「角立て七つ割り四ツ目結紋」を家紋として使用していました。

角立て七つ割り四ツ目結紋
引用:http://sengokumiman.com/sasanarimasakamon.html

「目結紋(めゆいもん)」とも呼ばれるこの家紋は、着物の染め技法のひとつである「鹿の子絞り」をもとにして造られたデザインです。見れば、よく似ていますよね。

「一族の結束」という意味もあるそうで、「一致団結」「絆」という意味も込められています。

織田信長に忠義を近い、そのために「さらさら越え」という一大事までやってのけた成政にぴったりの家紋ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋