お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

毛利輝元家紋「一文字三星」について|関ケ原で西軍の総大将だった戦国武将

   

毛利輝元
 

毛利輝元は、中国地方を治めていたことで有名な毛利元就の孫にあたる武将です。
一時期は毛利家の領地拡大のために戦を勝ち抜き、豊臣秀吉の五大老に任命されるほどの活躍を見せていた輝元ですが、戦国時代を代表する優秀な武将だった元就に比べて、その評価はかなり低めです。なぜ輝元は評価されないのか?その秘密は「関ヶ原の戦い」にありました。そんな彼の家紋とこれまでについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に…これが失敗だった

「関ヶ原の戦い」で西軍を率いたと言えば石田三成が有名ですね。しかし、実際には三成は参謀という立場で、総大将はこの毛利輝元でした。特に三成と深い関係があったわけでもない輝元がどうして西軍の総大将になったのか?そこには、かつて毛利家の家臣だった安国寺恵瓊という人物が関わっています。

 

安国寺恵瓊から打診された西軍総大将

恵瓊は毛利家から豊臣の家臣になっているのですが、「関ヶ原の戦い」にあたって毛利輝元に総大将になってくれるように頼みます。毛利家から豊臣家に行ったかつての家臣の言うことを聞く義理もないはずですが、なぜか輝元は家臣たちに相談することなく、総大将になることを承諾しています。

 

スポンサードリンク

 

西軍に反対だった吉川広家、聞く耳を持たない輝元

これに真っ青になった吉川広家が、輝元のあとを追って大阪城に入り「東軍の徳川家康につくように」と説得しましたが、輝元は聞き入れませんでした。総大将になったものの、実質の指揮は石田三成がとっていたこともあり、輝元自身は出陣していません。そして西軍が敗北すると、大阪城を捨てて領地に戻ってしまうという行動に出ています。この時点で、周囲から「無能」と言われても仕方がありません…。輝元が西軍の総大将になってしまったことで、毛利家は家康に領地も取られてしまいました。

 

敗戦も吉川広家のおかげで救われる輝元

しかし救いなのは、戦の前に「東軍につくように」と輝元を説得しようとした吉川広家が、家康と内通して「毛利家の領地を残してくれるように」と頼んでいたことです。広家は西軍に参加しながらも家康に内通し、西軍の命令があっても軍を動かさずにその場をやり過ごしました。そのうちに小早川秀秋が寝返り、西軍は総崩れになって東軍が勝利したのです。

 

家康に与えられた土地を輝元に渡す広家

家康は毛利家から取り上げた領地のうち、二国を広家に与えようとしますが、広家は「その領地を毛利家に遺してください」と懇願しました。これが認められ、輝元は総大将でありながら命を救われ、毛利家も二国のみの領地ではありますが存続することができたのです。

広家に救われたものの、毛利家は輝元のせいで大幅に領地を減らされてしまったため、彼の評判も良くないのです。

 

スポンサードリンク

 

新田開発では功績を挙げる輝元

戦の面ではいいように語られることのない輝元ですが、実は内政には優れていたようです。「関ヶ原の戦い」で多くの領地を失った毛利家ですが、その中で残った家臣たちを食べさせていかなければなりませんでした。そこで、輝元は徹底的に無駄を省いて倹約を行います。

 

戦は下手でも自らの才能を開花させる

さらに新田の開発にも着手し、コツコツと石高をあげて10万石以上にも増やしたという実績も作りました。戦は下手だった輝元ですが、自分の国を向上させる才能には恵まれていたようですね。

 

毛利輝元の家紋は「一文字三星(いちもんじみつぼし)」

 

家紋
 

毛利輝元の家紋は、毛利家で有名な「一文字三星」です。この家紋は、「一品」の文字を表していると言われています。平安時代に生きた阿部親王という人物が、亡くなった後に一番高いと言われていた品位「一品」をもらったことから、この家紋が生まれたとか。

また、「●」は星を表す意味もあるので、縁起がいいという意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋