お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

本願寺顕如の家紋とは?本願寺が2つのお寺に分かれてしまった理由

   

「本願寺顕如」の画像検索結果
 

京都の観光名所としても知られる「西本願寺」「東本願寺」。
特に、「西本願寺」の方は幕末に京都で活躍した「新選組」の屯所として使用されていたことでも有名です。
※ただし、屯所として使われていた場所は現在は移築されています。

 

信長との戦いから「東」「西」に分かれた本願寺!中心となった「本願寺顕如」に迫る

 

今では、二つの本願寺が分かれていることが当たり前のようになっていますが、もともとはひとつのお寺だったことをご存知ですか?そう、西本願寺も東本願寺も同じ浄土真宗なので、ひとつのお寺にすることも可能だったのです。
もともとはひとつのお寺だった「本願寺」が二つに分かれた理由には、織田信長と本願寺顕如という人物が関わっています。

スポンサードリンク

 

「宗教」が持つ力をおさらいしよう

この「本願寺」というのは、浄土真宗の総本山です。厳密に言うと、今と昔の浄土真宗では違いも大きいのですが、それはここでは割愛します。

当時、宗教というのは非常に力を持つものでした。考えてみてください、その宗教を信仰する人が多ければ、そのお寺にはお布施(つまりお金)が集まるようになるでしょう。また、そのお寺で教えを説く法主を人々は尊敬することになります。

浄土真宗はたくさんの人が進行している宗教ですから、その総本山である本願寺はかなりの力を持っていました。
これを覚えておいてください。この「信仰」という形が、本願寺と織田信長の戦いに深く影響しています。

 

京都を支配した織田信長が、「第六天魔王」と呼ばれるようになった理由

室町時代に京都で「将軍」だった足利家。その足利家の13代目将軍・足利義輝が、突然暗殺されてしまいます。
これにより足利家は将軍職を追われてしまうのですが、義輝の弟・義昭は「もう一度将軍職に返り咲く」という覚悟を決め、兄を暗殺した勢力と戦う人物を探していました。

 

スポンサードリンク

 

足利義昭が信頼した人物こそ織田信長

そこで、義昭が頼ったのが織田信長です。信長は義昭と共に上洛(京都へ行くこと)し、無事に義昭を将軍職へと復帰させています。時の将軍を支えた信長ですから、もちろん将軍のいる京都で絶大な力を持つようになります。

 

信長に挨拶をする願寺顕如

その信長に、当時の本願寺法主・本願寺顕如は自ら出向いて挨拶をします。そう!この時点で本願寺はまだ二つに分かれていません。信長は、その場で顕如に大金を出すように命じますが、顕如はこれにもすぐ応えました。時の権力者だった信長と、なんとかしてうまくやろうとしていたのでしょう。

 

どんどん信長の要求は過激になっていく

ところが、信長と本願寺側の考え方には違いがあったようです。顕如としては、「本願寺と信長はあくまで対等な関係」と考えていたようですが、信長の方は「本願寺は自分の言うことを聞くべき」という考えだったようで、本願寺が何かする時は必ず織田家に知らせて許可を得るように、と命じます。

 

スポンサードリンク

 

織田信長VS本願寺顕如

前述した通り、浄土真宗の総本山である本願寺はそれなりに地位がある存在でした。なのに、織田家の家臣のように扱われることに顕如は強い不快感を抱いていました。さらに、信長が力を得るきっかけとなった将軍・義昭が、信長との関係が悪化して本願寺に助けを求めてきたのです。
これにより、顕如は「織田信長と戦う」と決意。全国の門徒に「信長を討つべし」という指令を出しました。

 

浄土真宗の門徒を次々と惨殺…「第六天魔王」の誕生

もちろん、これで黙る信長ではありません。信長は本願寺と戦い、女性や子供を含めた20000人を殺したり、門徒と解ったらすぐに殺害させたり、稀に見る残虐さを見せています。これにより亡くなった門徒は、70000人に上るとも言われています。

信長は、戦いで滅ぼした浅井家・朝倉家の人間をかくまった比叡山・延暦寺でも3000人の僧を殺害しており、そのことに恐怖を抱いた人々が「第六天魔王」と呼ぶようになりました。

 

本願寺では2000人、延暦寺では3000人を殺害する信長

とはいえ、信長がここまでの行動に出たことの背景には「宗教」というものの強さがあります。
ここで門徒たちの命を助けたとしても、信長に従うことはありません、門徒というのは何があっても信仰をとるもの。つまり、本願寺の力を削ぐためには門徒を殺して、信仰する人間を力づくで減らすしかなかったのです。
また、家臣や親族でさえ主にとって代わろうとする戦国の世で、徹底的におのれの怖さを見せつけなければ自分が食われる、という危機感もあったでしょう。

織田信長がやったことは確かに残虐極まりないのですが、それにも理由があるということを明記しておきます。
敵には厳しい信長ですが、民衆には優しかったという話しも伝わっています。
本願寺の門徒との戦いの中で、信長も兄と弟を含めた身内を多数失いました。そのことも、信長の心にあったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

 

10年にわたる信長との戦いに終止符~しかし本願寺が分裂してしまう事態に

信長と本願寺の戦いは、実に10年にも及びました。信長の恐ろしさの前に、各地の門徒たちも次第におとなしくなり、顕如もとうとう降伏。命は助けられましたが、本願寺は出ることになりました。しかし、顕如の息子であった教如はそれを良しとせず、徹底抗戦を唱え本願寺に居座ります。

 

顕如率いる「西本願寺」と教如率いる「東本願寺」に分裂

これで親子は決裂。本願寺は顕如率いる「西本願寺」と教如率いる「東本願寺」に分かれたのです。そしてそのまま、二つのお寺は今も京都にて人々を見守り続けています。

 

本願寺顕如の家紋

本願寺顕如が使用していた家紋は「下り藤」です。

 

家紋
 

本願寺は「西本願寺」「東本願寺」以外にも各地にありますが、そのすべてがこの下がり藤を使っているわけではないようです。でも、本願寺と言ったらやはりこの家紋のイメージが強いですよね。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋