お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

太田道灌の家紋を解説|初代江戸城を作ったとされる扇谷上杉家の戦国武将

   

太田道灌
 

太田道灌と言えば、初代江戸城を作ったことで良く知られる人物。この江戸城を改修して、後の形にしたのが徳川家康です。「江戸城の基礎を作った」というだけでも、ものすごく優秀な人物だったことが解るのですが、彼はあろうことか「直属の上司に殺される」という悲運の最期を遂げました。

彼がどんな人物だったのか、家紋と一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク


優秀過ぎたあまり、主君に殺されてしまった太田道灌

なぜ太田道灌が殺されてしまったのか?それは、「優秀過ぎて、その力を主君が恐れたから」です。

太田道灌は、「扇谷上杉家」というところの上杉定正に仕えていました。「扇谷上杉家」というのは、4つに分かれた上杉家のひとつ。

 

四つに分かれた上杉家

上杉家には「山内」「扇谷」「宅間」「犬懸」の四つがありますが、このうち「犬懸」は山内家と争った結果、滅亡。「宅間上杉家」は「山内」「扇谷」とは距離をおき、のちに北条氏に仕えています。残ったのが「山内上杉家」「扇谷上杉家」になります。

 

鎌倉幕府の仕組みを整理すると

さて、ここで少し当時の鎌倉幕府について説明しましょう。鎌倉幕府では、鎌倉に「鎌倉府」という出先機関を作っていました。この「鎌倉府」のトップにあたるのが「鎌倉公方」という役職です。今でいうなら長官ですね。

 

スポンサードリンク


上杉上杉憲忠が対立していたのが足利成氏

その鎌倉府のナンバー2に、上杉家の上杉憲忠という人物が就任します。この憲忠なのですが、鎌倉府トップとなった足利成氏と対立してしまいました。これには理由があって、憲忠の父はかつての主だった足利持氏(成氏の父)を殺害していて、このことから成氏は憲忠をかなり嫌っていたのです。

足利成氏による憲忠の暗殺

二人の関係は日に日に悪化し、とうとう成氏は憲忠を暗殺してしまいました。※余談ですが、これを予期していた憲忠の父は子供たちとともに出家し、俗世には決して戻るなと言い含めていたそうです。しかし、憲忠はそれを破ってしまいました。これがきっかけで絶縁しています。

 

30年も続いた「享徳の乱」の勃発

これに激怒した上杉家は、室町幕府に応援を頼み足利家と戦を始めます。この乱を「享徳の乱」と呼んでいるのですが、なんと30年余りも続いた日本史上一番長い戦いです。

この享徳の乱の最中に、道灌は防御のために「河越城」を作り、主の定正はここに移り住みました。その後は江戸城の築城も始めるなど、上杉家を守るために色々な行動をしています。

 

スポンサードリンク

 

戦のさなか長尾景春による反乱が起こる

この戦だけでも大変だったのですが、この最中に「山内上杉家」の家宰(家の中の政治を取り仕切る人)であった長尾氏の子・長尾景春が反乱を起こしてしまいました。原因は、次に家宰になるのは自分だと思っていたら、叔父が抜擢されてしまったためです。

 

長尾景春の上杉家への戦に待ったをかけたのが太田道灌

これに激怒した景春は上杉家に対して戦を仕掛けますが、これに待ったをかけたのが太田道灌でした。優秀な武将であった太田道灌は、景春の謀反に立ち向かい次々と攻略していきました。

この最中に、足利成氏は山内上杉家に和睦を申し入れ、これが成立。「享徳の乱」はここで終結しています。道灌はさらに戦いを続け、景春との争いも終わらせました。

 

「享徳の乱」を終わらせた太田道灌は一気に有名に

道灌は、上杉家が30年以上にわたってやっていた戦を終わらせた立役者であり、さらに家臣の反乱をおさめるという活躍をした道灌は、一気に名を知られる武将になります。

スポンサードリンク

 

しかし主の定正から命を狙われる羽目に

上杉家の危機を救ったと言える道灌ですが、実はこれが主・定正の機嫌を損ねることになってしまいました。定正は、足利成氏との和睦が山内上杉家主導であったことにも怒っており、もともと戦が上手くて評価の高かった自分を差し置いて、道灌が活躍したことも面白くなかったようです。

なにかにつけ道灌を冷遇するようになった定正を警戒した道灌は、自分の子供を他に預けるなどして対策をするようになりました。賢い道灌には、主が自分の命をねらっていることが分かっていたのでしょう。

 

風呂上りを狙われて暗殺された道灌

そして道灌は、主の屋敷で風呂から上がったところをねらわれ、暗殺されました。道灌は死ぬ直前に「当方滅亡」(自分亡きあと、扇谷上杉家は滅ぶだろう)という言葉を遺したとされています。

道灌の暗殺が知れたあと、道灌の子や他の家臣たちが一斉に定正のもとを離れてしまいました。定正は山内上杉家との戦いにも乗り出しますが、驕った態度が家臣たちの反発を買いどんどん裏切られる結果に。残った家臣たちに諫められても話を聞かず、最期は49歳で落馬しこの世を去りました。

道灌が言った通り、こののちに扇谷上杉家はどんどん凋落していくのです。

 

太田道灌の家紋「丸に細桔梗」

丸に細桔梗

秋の七草である桔梗をモチーフにした家紋。丸みを帯びた可憐なデザインのため、女紋として使われることも多い。

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋