お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

細川忠興の家紋の由来を解説!明智光秀の娘・ガラシャとの結婚で有名な戦国武将・

   

他の人間とは違う発想や優秀さが無ければ、渡っていくことはできなかった戦国時代。それだけに、今の時代から見ると武将たちは「変わり者」がとても多いのですが、その中でさらに突拍子もないことをやっているのが細川忠興です。

今回は戦国時代でも変わり者といわれる細川忠興の家紋とその面白い人生を解説します。

スポンサードリンク

 

織田信長から可愛がられた細川忠興

細川忠興は、「細川藤孝」という人物の長男として誕生しました。

この時、父である藤孝は足利義昭に仕えていたため不在がち。忠興は親ではなく、家臣たちに育てられて幼少期を過ごしたと言います。

どんな生活をしていたのかはよくわかっていませんが、小さなころに信長に踊りを披露しているという記録があるので、信長とは早い時期に会っていた様です。

細川忠興
引用:https://ja.wikipedia.org/

 

信長のお気に入りとして知られる細川忠興

さて、この忠興のことを信長はかなり気に入ってた様子。代筆を頼むことなく自ら書を書いて忠興に送ったり、「忠」の字を与えたり、14歳で忠興が明智光秀の娘・玉子(のちの細川ガラシャ)と結婚すると自らの家紋「九曜紋」を使わせたりしています。気性が激しい信長が、ここまで誰かを気に入るというのは珍しいことです。

 

信長が本能寺で明智光秀に討たれる

しかし、信長は本能寺で明智光秀に討たれてしまいます。信長を討ったことで天下統一に近づいた光秀は、忠興の嫁が自分の娘であることから、「当然自分の味方になってくれるだろう」と計算します。

しかし、忠興はこれを拒否。逆に自分の妻・玉子を「裏切り者の娘」として幽閉し、明智光秀を遠ざけました。このため、後に秀吉が光秀を討ったときも疑われずに済んだようです。

このエピソードから察するに、忠興も信長のことを信頼していたのでしょう。信長が忠興に送った自筆の文を、忠興は生涯大切にしています。

 

トンデモエピソードがいっぱい!細川忠興の破天荒な人生

幼いころに家臣に甘やかされたのか、それとも主君・信長に似たのか、忠興はかなり突拍子もないことをする人物だったようです。

 

スポンサードリンク


総勢36人もの家臣を斬り殺す

まず、家臣を次々と斬り殺しており、その数はなんと36名。その36人が「三十六歌仙(平安時代に活躍した36人の歌人のこと)」の人数と同じであることから、自分が使っている刀に「歌仙」という名前を付けました。

家臣を36名殺しているだけでも驚きですが、さらに名前を付けてしまうあたり驚きです。

 

妻ガラシャに色目を使う人間は即斬殺

そして、有名なのが妻・玉子に関する話。玉子は後にキリシタンとして洗礼を受け、「細川ガラシャ」と名乗るようになりました。

細川忠興と妻がラシャ
引用:https://ja.wikipedia.org/

このガラシャ、とても美しい女性だったようで、忠興は彼女のことが心配だったようです。ある日、庭師がガラシャを見かけ、そのあまりの美しさに見入っていたところ、孝興はその場で斬り殺してしまいました。なんとも嫉妬深い孝興の性格がよくわかるエピソードです。

ちなみに、ガラシャは後に忠興の留守中に進軍してきた石田三成に人質になるよう言われますが、これを拒んで屋敷に火を放って自害

正室が自害してしまうのは、敵将にとってとても不名誉なことであったため、石田三成は人質作戦を諦めています。しかし、ガラシャの自害は三成ののちの評判に大きく関わることになりました。

このような出来事のひとつひとつが、関が原での石田三成敗北につながっていったのでしょう。

 

細川忠興の家紋は、信長からもらった「九曜紋」

細川忠興は、妻・玉子(ガラシャ)と結婚したときに信長から「九曜紋」を下賜されています。
主君が家臣に家紋を与えるのは信頼の証ですので、信長はよほど忠興を気に入っていたのでしょう。

九曜紋
九曜紋に描かれている丸は星をあらわしており、「曜」は「輝く」という意味を持っています。
つまり、この家紋は「九つの星が輝く」という意味で、真ん中の大きな星は太陽、まわりに描かれた8つの星は「太陽を囲む星」をあらわしています。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋