お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

伊達成実と父・実元と伊達家の家紋の深い話|上杉家の「竹に二羽飛び雀」と伊達家の「竹に雀」

   

伊達成実
 

伊達政宗の家臣と言えば、片倉景綱こと片倉小十郎。しかしもう一人「腹心」と呼ばれた家臣がいて、それが伊達成実(だてしげさね)です。「伊達」の名字で解る通り、成実は政宗の従兄弟で、知略で政宗を支えた小十郎に対し、成実は数々の武勲をあげて政宗に尽くしました。その成実ですが、「家紋」をめぐって政宗ともめたことがあるそうです。

 

スポンサードリンク

 

「竹に二羽飛雀」はもともと上杉家の家紋

伊達家では多くの家紋を所有していましたが、中でも特に有名なのが「竹に二羽飛雀」です。「仙台笹」「伊達笹」とも呼ばれていますね。政宗が使っていた家紋の中で、もっともよく知られているものです。

家紋 伊達家の「竹に雀」


竹に雀は元々は上杉家が所有していた

この家紋は伊達家が特に大切にしている家紋で、今では商標登録もされており、使用には許可が必要なほど。
そしてこの家紋の前身となる紋は、もともと越後(新潟)の上杉家が所有していたものでした。

この家紋を伊達家が所有することになった経緯には、成実の父・伊達実元が大きく関わっています。

 

上杉家が実元の勇気を買い養子を申し出る

実元は戦国時代には欠かせない「勇気」を十分に備えた逸材で、その評判は伊達家周辺の国にも伝わるほどでした。それを知った上杉家が、「ぜひ実元を養子に欲しい」と伊達家に申し入れをしてきたのです。それを伊達家も了承し、実元と上杉家の娘を婚姻させる約束をしました。

 

スポンサードリンク

 

婚姻の証に竹に雀を譲る上杉家

その時に、上杉家が「婚姻の証」として伊達家に譲った家紋が「竹に二羽飛雀」です。正確に言うと、伊達家では上杉家に家紋を譲ってもらった後に改良を加えて今の形にしていますが、発祥は上杉家の家紋です。上杉家と実元の婚姻は残念ながら実現されませんでしたが、家紋は伊達家に残りました。ちなみに上杉家の家紋はこちらです。

 

家紋上杉家「竹に二羽飛び雀」

伊達家が所有しているものと確かによく似ていますね。

 

自分と同じ家紋を使っている成実を咎めた政宗

この「竹に二羽飛雀」は上杉家と実元の婚姻話が発端になって伊達家が所有することになってので、実元の子である成実が使用していてもなんら不思議はありません。しかし、後に伊達家の当主となった政宗は、自分と同じ家紋を家臣の成実が使用していることを咎めたそうです。

 

政宗まで謝罪させた成実

これに成実は怒り、「もともとはうちの父がもらい受けたもの。そちらに渡す時にこちらも使い続けることは伝えているはず」と言い返しました。それを聞いて反省した政宗は、成実に謝罪しています。

成実の父がきっかけで上杉家から来た家紋が、形を変えて伊達家の象徴的なものになっているところに、戦国時代の不思議な縁が見えます。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋