お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

秀吉に逆らった信長の次男・織田信雄の家紋「織田木瓜」を解説

   

織田信雄は、織田信長の次男に当たる人物です。織田信長という偉大な父を持ちながら、数奇な運命をたどることになった織田信雄。

実は世界遺産に認定された「富岡製糸場」にもつながりがある信雄の生涯をみていきましょう。父・信長に比べるとずっと地味ですが、面白い運命をたどった人です。

スポンサードリンク


三男・織田信孝との因縁

odanobukatsu
 

織田信長には、たくさんの子供がいたことが解っています。その中で、信長が家督を譲ったのは長男の織田信忠。

織田信雄はその下の次男に生まれた人物です…が、実は諸説あり、三男の織田信孝の方が先に生まれていたという説があります。しかし信孝の母は身分が低かったため、信雄の方が先に生まれたことにしたとか。

生まれた時からこのような事情があった信雄と信孝なのですが、この因縁が今後に大きく関わってきます…。

 

スポンサードリンク

 

信雄の運命が大きく変わった「本能寺の変」

信長が信忠に家督を譲り、織田家は安泰かに思われました。ところが、あの「本能寺の変」が信雄の運命を大きく変えてしまいます。

「本能寺の変」で信長が死に、そして家督を継いだ信忠も明智光秀軍と闘い命を落としました。
※ちなみに、信忠は信長と別の場所にいたので逃げれば助かったのですが、彼は御所に向かって天皇家の人たちを逃がした上で明智軍と戦っています。さすが信長の子。

 
詳しくはこちら

本能寺の変|家紋で見る合戦シリーズvol.13

 

信雄より早く動いた秀吉による「中国大返し」

この話を聞き、信雄ももちろん明智光秀を討とうとしますが、その前に「中国大返し」をして戻ってきた羽柴秀吉が信長の仇を討ちました。

近年では否定されているのですが、信雄は明智軍が去った安土城と城下町に火をつけ、焼失させてしまったという説があります。

安土城はもともと信長のものでしたし、信雄が火をつける理由は一切ないので「織田信雄は無能」と言われる要因になってしまったとか…。今も信雄には「無能」の評価が付きまとうので、これが事実でないなら大きな誤解ですね。

 

清須会議で対立した次男の信雄と三男の信孝

この後、信長と信忠を失った織田家では「清州会議」が開かれ、跡取りを決めることになります。「清須会議」は、織田家の筆頭家老として力を持っていた柴田勝家が招集したもの。

 

勝家も信長の仇を討ちたいと考えたものの、当時は北の上杉景勝と戦っていたため向かうことはできませんでした。その中で、敵を討ったのは羽柴秀吉。まあ、この二人が仲良くできるわけがありません。

 

この時点で信雄と信孝は「どちらが当主になるか」ですでに揉めていたと言います。

二人とも会議への出席を許されなかったくらいですから、顔を合わせたら必ず喧嘩になると周囲からも思われていたのでしょう。

 

スポンサードリンク


柴田勝家と秀吉で別れた信長の後継者

信長の子供二人が不在の中で行われた清須会議では、

・柴田勝家→三男の織田信孝
・羽柴秀吉→次男の織田信雄

をそれぞれ当主にしたいと主張し、対立します。

※「清須会議」で、秀吉は信忠の子・三法師を推したという説がありますが、現在は否定されつつあります。

 

当主は織田信忠の子・三法師が継ぐことに

織田家の筆頭家老の勝家の面目を保つために後見人を信孝にしたものの、三法師はまだ三才という幼さであったため、跡取り抗争は激化していきます。

 

清須会議後の信孝~織田家当主の後見人へ

「清須会議」ののち、羽柴秀吉は織田家から養子に来た羽柴秀勝(信長の4男)を喪主にして、大規模な葬儀を執り行います。この葬儀のやり方に、織田信孝や柴田勝家は反発。

しかし、これがきっかけで「信長の後継者は羽柴秀吉」と世間は受け止めるようになりました。

 

スポンサードリンク


羽柴秀吉と柴田勝家の対立を決定的なものにし、「賤ヶ岳の戦い」が勃発

ここで勝家と信孝は切腹して果て、当主の三法師は信雄が貢献することになりました。実質、織田家の実験を握ったのは信雄…と思われたのですが、そうはいかなかったのです。

 
詳しくはこちら

賤ケ岳の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.16

 

力をつけた羽柴秀吉との関係が悪化・領地を没収される…

そもそも、秀吉は信雄に仕える気なんかさらさらありませんでした。なので、「賤ヶ岳の戦い」のあとは両者の関係が悪化し、秀吉は安土城から信雄を追い出すことまでしています。

かつての主の子の一人を切腹させ、さらにもう一人は城から追い出し、秀吉がやったことはなかなかえげつないですよね(ちなみに晩年にやったこともかなり酷い)。

 

秀吉と信雄はついに小牧長久手の戦いへ

秀吉と対立した信雄は、勢力を広げていた徳川家康と組んで秀吉を討とうと奮起(小牧長久手の戦い)。

ここで信雄は「無能」という評判はどこにいった?というくらいの奮闘を見せるのですが、羽柴軍の力には及ばず、結果的に和睦しています。しかも、家康に断りもなく和睦…。

 

その後に秀吉は信雄より高い地位につき、かつての主従関係は完全に逆転。秀吉は最初は信雄が大名でいることを許しますが、のちに信雄が持っていた領地をぜんぶ没収してしまいます。

家臣が完全に上になっただけでなく、領地まで没収。信長が天でどんなに嘆いたでしょうか…。

財産を失った信雄は、家臣もほとんどつかない状態で転々としますが、秀吉の許しを得て「御伽集」に加えられることになりました。

秀吉は周りを自分の信用できる人物で固め、天下統一を果たし豊臣政権を樹立します。

 
詳しくはこちら

小牧・長久手の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.19

 

スポンサードリンク


秀吉の死後から晩年まで

信雄の人生を見ても「人生とは数奇なものだ」としみじみ感じますが、それは豊臣家も同じでした。

天下統一を果たした秀吉でしたが、晩年はようやく生まれた嫡子・秀頼を当主にするために養子たちを冷遇。跡取りとして育てていた秀次も、切腹させてしまいます。

これらの所業が諸国の大名たちの反発を買い、秀吉亡き後は徳川家康が勢力を拡大させることになりました。

 

関ケ原では西軍についた信雄

豊臣家家臣の間で勃発した「関ヶ原の戦い」では、信雄は西軍の石田三成につきます。でも、結果は家康軍の東軍が勝ち、信雄は家康に領地を没収されてしまいました。

以前は秀吉に領地を奪われ、今度は家康に奪われ、このあたりも信雄が「無能すぎる」と言われる要因になっているようです。

とはいえ、ここでも「織田信長の息子」という血筋が彼を救います。

 
詳しくはこちら

関ケ原の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.29

 

敗戦後は家康に救われ5万石の領主に

信長の血を引いている信雄の存在を重く見た家康は、新しく5万石の領地を彼に与えました。

その後も、「信長の次男」という肩書が彼を守り続け、家康のあとをついで二代目将軍となった徳川秀忠、三代目家光からも大切にされ、老後は豊かに生活したようです。

 

秀吉と争い家康にもにらまれ、信雄はいつ命を落としてもおかしくない人生を送りました。にもかかわらず、江戸時代まで生きて織田家の血をつなぐことができたのは、ひとえに父・織田信長の偉大さのおかげといっても過言ではありません。

織田信長の息子を、簡単に殺すことはできない。信長の名声は、死んでからも息子の命を守ったのです。

天下統一を果たした豊臣家が一代で滅亡したことを思えば、最終的に勝ったのは織田家と言えるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

富岡製糸場と織田信雄

「無能すぎる」という評価が付きまとう信雄ですが、戦以外のところでは優秀さを発揮。

信雄が作った「楽山園」という庭園は、国が指定する「名勝(鑑賞の価値が高い場所のこと)」として指定され、彼がはじめた養蚕業は、のちに伊藤博文が「富岡製糸所」を作ることにもつながりました。

世界遺産にも認定された「富岡製糸所」と織田家に関りがあるというのは、ちょっと驚きですよね。

 

織田信雄の家紋「織田木瓜」と副紋「揚羽蝶」

織田信雄が使用していたのは「五つ木瓜」

odamoko 織田木瓜

「織田木瓜」とも言われる家紋で、信長も使用していました。信長が使用していたことから、この家紋は戦国武将の家紋の中でも屈指の知名度と人気があります。

 

副紋は揚羽蝶

ageha

揚羽蝶

副紋も、信長も使用していた「揚羽蝶」です。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋