お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

徳川秀忠の家紋「徳川葵」を解説|江戸幕府2代将軍は戦嫌い!?

   

徳川秀忠の家紋を解説

徳川秀忠は、徳川幕府を開いた徳川家康の三男。
家康に続き、徳川二代目将軍となった人物です。
徳川家の将軍は個性派揃いで、戦であまり目立つことのなかった秀忠は知名度も低いです。
しかし、政治力には長けていたようで、父・家康と一緒に徳川幕府の基礎を築きました。

そんな秀忠が、どんなじんぶつだったのかをお話しましょう。

 

スポンサードリンク

 

徳川秀忠の妻は、超有名なあの女性の妹!

秀忠は、徳川家康のもとに三番目に生まれた男児です。

戦国時代は「家督は長男が継ぐ」という風潮があったため、三男の秀忠は本来なら将軍になることはない子供でした。

でも、家督を継ぐはずであった長男は切腹しなければならなくなり、次男は豊臣家の養子にいってしまいます。
そこで、三男の秀忠に白羽の矢が立ったというわけです。

 

秀忠の奥様は信長の血を引く「お江」

秀忠といえば、奥さんと娘が有名ですね。
秀忠の奥さんになったのは、織田信長の妹・お市の方と浅井長政の間に生まれた三姉妹の末っ子・お江です。
お江の姉の一人は、秀吉の妻になった茶々(淀殿)ですから、これ以上なく身分が高い女性です。

そして、秀忠とお江の間に生まれたのが、豊臣秀吉の息子・秀頼の妻になった千姫。
千姫が嫁いだあとに豊臣家と徳川家は関係が悪化しますし、結果的に豊臣は徳川に滅ぼされてしまうのですが、秀頼は千姫をとても大切にしていたようで、夫婦仲はとてもよかったと言われています。

その後、千姫の弟にあたる家光が徳川三代目の将軍になるのですが、これはまた別のお話。

さすが家康の息子だけあって、秀忠の縁者も戦国時代に欠かせない人物ばかりです。

 

スポンサードリンク

 

「関ヶ原の戦い」に遅れた徳川秀忠

その秀忠ですが、あの「関ヶ原の戦い」への到着が遅れため、戦に参加できなかったのは有名な話です。

関ヶ原の戦いが始まる前、徳川秀忠は信濃(長野)にいる真田昌幸・幸村(信繁)の親子がいる上田城を攻めていました。そこに家康から書状が届き「関ヶ原の戦いに参加しろ」と言われたのですが、なにせ相手が戦上手の真田昌幸ですし、天候不良もあり思うように進軍をすることができなかったのです。


これに家康は大激怒!
結果的に「関ヶ原の戦い」では家康が勝利したものの、怒った家康は秀忠に会おうとしませんでした。

しかし、家臣たちが家康にとりなし、それで家康も許して対面をすることが出来たそうです。
とくにお咎めもなかったので、ここで本当に息子のことを許したのでしょうね。

 

 

家康の死~徳川幕府を守り続けた秀忠

豊臣家が滅亡したあと、秀忠は家康の跡継ぎとして父と色々な決まり事をつくりました。
有名なのが「武家諸法度」の存在ですね。
武家諸法度とは、大名に対しての決まりごとをまとめたもの。

特に厳しく定められたのが、以下の二つでした。

・城をかってに作らないこと。補修をしないこと。
・大名同士は、幕府の許可がなければ結婚してはいけない。

「武家諸法度」は三代将軍・家光の代にも発行されており、そこに記載されたのが有名な「参勤交代」です。

 

スポンサードリンク

 

家康が死ぬ前に残したメッセージ

家康は、亡くなる直前に秀忠に対してこう聞いたそうです。
「自分が死んだあと、世の中はどうなると思う?」
秀忠は、これに対して「乱れます」とだけ答えました。

これを聞いた家康は、「それだけを解っていればいい」と言って、この世を去りました。

そして、秀忠は家康が亡くなったあとも反対派を厳しく処罰し、徳川幕府が揺らぐことのないように懸命の努力をしたのです。
家督を息子・家光に譲ったあとも、徳川家の実験は秀忠が握り続けました。

父・家康と比べると少し地味な感もある秀忠ですが、家康が立ち上げた幕府をさらにきちんとしたものにしたという実績は十分に評価できることです。
家康・秀忠から、300年にわたって続く徳川幕府がはじまるのです。

 

徳川秀忠の家紋「徳川葵」

mitsubaaoi 徳川秀忠の家紋は、徳川家おなじみの「三つ葉葵紋」。
この葵紋は、(特例を除き)徳川家しか使うことが許されなかった特別な家紋です。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋