お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

森長可の家紋「鶴丸」を解説!父に森可成、弟に森蘭丸をもつ戦国武将

   

織田信長の小姓として有名な森蘭丸。その蘭丸の兄にあたるのが「森長可」です。
「もり ながよし」と読みます。

有名すぎる蘭丸と比べると、知名度が低めの森長可ですが、個性派揃いの信長の家臣だけあって、彼もまた面白い逸話を遺しています。

 

スポンサードリンク


信長にめちゃくちゃ可愛がられた森長可・その破天荒な人柄に迫る

morinagayoshi
 

森長可は、信長の家臣・森可成(よしなり)の次男として生まれました。

次男なので、当初は家督相続をせず長男が森家を継いでいたのですが、父・兄が相次いで戦で亡くなってしまったため、森家の当主となりました。

 

長可の「長は」信長からもらったもの

父が優秀な家臣であったことから、信長は遺された子供たちのことを大層可愛がります。弟の蘭丸は信長の小姓となり、長可は織田家の嫡男・織田信忠に仕えるなど、破格の扱いを受けました。

 

弟の蘭丸はインテリに対して長可はやんちゃ

弟の森蘭丸は大層頭が良く、その優秀さを信長が買っていたのは有名ですが、この長可はとにかく「やんちゃ」。

どのくらいやんちゃなのかというと、関所で止められれば止めた人間を切り殺し、橋を通ろうとしたときに止められれば相手を殺す、という逸話が残るくらいです。。

信長も信長で、「橋の上で人を斬るのは武蔵坊弁慶を思わせる。武蔵守と名乗ればいい」というわけのわからない言葉だけで済ませたそうなので、やっぱりお気に入りだったのでしょうね。

このやんちゃさに比例するように、戦も巧くて戦果もよく挙げていたようです。ただ、甘やかされたせいかもともとの資質か、軍のルールを守らずに勝手に行動することも多かったので、さすがに信長も怒ったといいます。
この長可は信長と蘭丸が「本能寺の変」で討ち死したあとも生き続けました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

信長亡き後は秀吉につく~しかし27歳で討ち死

信長が亡くなったのち、織田家では当主争いが勃発。

信長の次男・信雄を推す羽柴秀吉と、三男・信孝を推す柴田勝家が対立してしまいます。

当主を決めるために「清須会議」では、信忠の嫡男・三法師を当主にすることが決まったものの、両者の溝は埋まりませんでした。

 

賤ケ岳の戦いで敗れる柴田勝家

秀吉は「賤ヶ岳の戦い」で柴田勝家・織田信孝を自害に追い込み勝利します。しかし、もはや織田家をしのぐほどの力を得た秀吉は、残された信雄を必要としていませんでした。

小牧長久手の戦いで秀吉軍に就く長可

信雄は、徳川家康と共に秀吉を討つべく挙兵し、秀吉も戦うことを決意(「小牧長久手の戦い」)。長可は秀吉軍に加わって戦いますが、戦はなかなか決着がつかない状態でした。

事態を動かすために、秀吉の甥・豊臣秀次が総大将になって軍を率いますが、この軍の第2軍を率いたのが長可です。死を覚悟していた長可は、鎧の上から白装束を着て戦に挑み、敵軍の将を討ち取るなど大きな活躍を見せます。

しかし、徳川家康軍の井伊直政軍と戦っているときに眉間を討たれ、27歳でこの世を去りました。

 

長可が遺した遺書から見える、また別の人柄

長可自身が持つエピソードや、戦上手という評判から「猛将」という印象ばかりが強いですが、一方で書を愛し、戦にも紙や筆を持ち込んでいたそうです。

何か報告しなければならないことがあると、自分で筆をとって書を書いたとか。

それもあって、長可は「小牧長久手の戦い」の中で妻にあてた遺書をしたため、自分が死んだあとの森家について指示もしています。

スポンサードリンク

 

遺書には子供にはお医者さんを勧める

この遺書の中に幼い子供たちについて書かれているのですが、娘については「武士の妻ではなく、庶民の嫁になってほしい。できればお医者さんがいい」と書き遺しています。

父と兄を早くに亡くし、その後は可愛がってくれた信長と弟の蘭丸を亡くし…「猛将」として勇ましいエピソードを遺しながらも、子供たちには自分と同じような目にあってほしくなかったのでしょう。

この遺言状は内容が「異様」ともいえるものだったため、秀吉も扱いに困ったそうなのですが、自分亡き後の家のことを慮る長可の心が透けて見えます。

ただ、さすがに武家の娘が庶民の嫁に…というのは考えられないことで、遺言は守られることなく娘は武家に嫁ぎました。

 

森長可の家紋とは

turumaru鶴丸

 

森長可が使用していた家紋は「鶴丸」です。鶴が二つの羽を広げたような、とても鮮やかな家紋ですね。

「鶴」は長寿の動物であること、姿も鳴き声も美しいことから、家紋に使用されるようになりました。森家では、この鶴丸の家紋を代々使っていたようですね。

 

鶴丸紋の逸話

この「鶴丸紋」ですが、有名な逸話があります。

日本航空が、フランスの著名なアーティストに「会社のロゴを作ってもらえないか」と頼んだところ、「日本の伝統をみなさい。素晴らしいものがあるではありませんか」と言われました

そこで、鶴丸の家紋に似たデザインのロゴを作り上げたのです。日本の奥ゆかしい伝統が産みだした、とても美しい家紋ですね。

 

スポンサードリンク

 

 

一緒によみたい関連武将・関連合戦まとめ

織田信長
織田信忠
本能寺の変
豊臣秀吉
柴田勝家
織田信雄
賤ケ岳の戦い
小牧長久手の戦い
豊臣秀次
井伊直政

 

 - 戦国武将の家紋