お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

山本勘助の家紋と生涯|武田信玄の家臣で隻眼の戦国武将

   

山本勘助の家紋
 

山本勘助は、武田信玄の家臣として活躍した人物。信玄関連の書籍には必ずと言っていいほど名前が出てくるので、そういった意味で非常に有名な人物ですが、実態は謎に包まれています。そんな彼の家紋について解説します。

 

スポンサードリンク

 

体が不自由で不遇だった幼少時代

山本勘助の出自ははっきりしないのですが、若いころは全国を旅して兵法を学んでいたと言われています。しかし、片足が不自由だったことや隻眼(片目がない状態のこと)、身長が低めであったことからなかなか出仕先が見つからず、あの今川義元にも断られてしまっています。若い時は不遇な生活をしていたことが解ります。

 

勘助の多彩な才能を発見する後の武田信玄

しかし、そんな勘助の才能を武田家の家臣は見逃さなかったようで、この家臣のすすめで武田家当主・武田晴信(のちの武田信玄)に仕えるようになりました。ここから、勘助はその才能を発揮していきます。兵法を学んでいた経験もあり、勘助は信玄の戦に数多く参加。武田軍の勝利に貢献しています。

 

出家後も信玄に厚い信頼を寄せる

さらに建築技術にも長けていたようで、武田家が領土を拡大していった背景には勘助の力があったと言われています。もちろん、信玄の方も勘助にかなりの信頼を寄せていました。勘助は信玄のことをかなり慕っていたようで、出家して「晴信」から「信玄」と名乗るようになったのち、自分も出家して名前を「道鬼斎」としています。

 

スポンサードリンク

 

上杉謙信の軍に敗れた山本勘助

武田信玄には、上杉謙信という生涯のライバルがいました。もちろん、山本勘助も上杉謙信を倒すために戦います。上杉謙信の軍を奇襲し、別軍と挟み撃ちにすることで謙信を倒そうと考えましたが、この策は相手方の武将に見抜かれてしまいました。別軍が予定の地に着いたときにはすでに上杉軍は去っており、山本勘助は別軍を欠いた状態で上杉軍と戦うことになります。

勘助は、自分の読みの甘さが武田軍を追い込んでしまったことを後悔しつつも最後まで奮戦。全身に六十以上の傷を作りながらも戦い、そこで命を終えました。

 

一時期は架空の人物と言われていた山本勘助

山本勘助の存在は資料に乏しく、一時期は「存在しない人物だったのでは」と言われるほどに謎めいた存在でした。上杉謙信を扱った大河ドラマ「天と地と」では山本勘助を出演させなかったほどです。しかし、後に一般家庭から勘助にまつわる史料が発見され、2008年に放送された大河ドラマ「風林火山」でも新資料が出てきたことから、今では「実在したことは間違いない」とされています。

 

山本勘助の家紋は「左三つ巴」紋

山本勘助の家紋は「左三つ巴」の家紋です。この家紋は「渦」をイメージした家紋で、他にも多くの戦国武将が使用していました。

 

家紋
 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋