お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

直江兼続の家紋の由来・意味とは?「愛」の兜文字でよく知られる戦国武将

   

「愛」の兜文字でよく知られる直江兼続、その家紋とは?

戦国時代の武将の兜はどれも特徴的ですが、とりわけ注目を集めているのが直江兼続の愛のこの兜。
「愛」の文字が入っている兜で、ひときわ変わったデザインとかなり有名な兜です。
naoe2
一度見たら忘れない、このインパクト大な兜を被っていたのは、直江兼続という武将。
彼の人生と、使用していた家紋はどのようなものだったのかについて触れていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

優れた武将でありながら、本をとても愛した武将・直江兼続

naoe3 直江兼続は、上杉謙信の息子(養子)であった上杉景勝に仕えた人物です。
非常に聡明な人物で、景勝の信頼を得ていたばかりでなく、天下人となった豊臣秀吉からも高く評価されていました。

豊臣秀吉は、兼続に対し「政治をきちんと任せることができるのは、直江兼続と数名のみ」と言っているほどで、兼続に対し「豊臣」の姓も与えているほどです。豊臣秀吉は家臣に自分の姓や家紋を多く与えていますが、それでも兼続に与えているという事実は彼への期待と信頼の表れと言っていいでしょう。秀吉が亡くなったあとには、秀吉の遺命で刀を受け取っています。

彼は文学を非常に愛していたことでも有名で、戦の際に本(漢文のもの)が燃えてしまうことを惜しみ、収集にも尽力していました。当時の武将の中でも、特に文学を愛していた武将です。

 

徳川家康を激怒させた「直江状」

 

naoe

 

豊臣秀吉が亡くなったあと、勢力を拡大しつつあった徳川家康は上杉景勝に上洛を呼びかけます。しかし、景勝は越後の国の政治を理由に拒みます。そのとき、兼続が家康に対し送った返書が「直江状」なのですが、この内容がとてもひどい。

スポンサードリンク



直江状をわかりやすく言うと

家康「景勝がやっていることが謀反のように見えるから、上洛して説明してほしい」

兼続「上洛しろと言われても、こっちはおととしに越後から会津に国が変わったばかりなんですよ。その時に上洛したのに、また上洛しろと言われたらいつ政治をすればいいんです?会津は雪が多くて冬は何もできないので、そちらで知っている人間に聞いてください」

家康「武具を集めているようだが、謀反の準備ではないのか」

兼続「上流の方が茶器を集めているように、私たち田舎者は武具を収集しているだけです。景勝が茶器を集めていたらおかしいでしょう?そんなことを考える家康さまの器量が疑われますよ。忠告しておきますね」

家康「景勝がやっている国の整備が、謀反の準備にしか見えない」

兼続「国で道路や橋を造るのは当たり前ですけど?」

などなど、とにかく皮肉と煽りが満載。
これを見た家康は大激怒し、上杉家が収める会津の討伐にいったほどです。

 

直江兼続が家康に挑戦的な書を送った理由とは

では、どうしてこんなに挑発的な書を兼続は書いたのでしょう。

これは憶測の域でしかありませんが、この「直江状」により徳川が会津攻めをした直後、秀吉の家臣であった石田三成が「関ヶ原の戦い」を起こしています。

つまり、わざと煽るような内容の書を書いて家康を怒らせ、会津に意識を逸らせている間に石田三成が挙兵するという密約があったのではないか?という説があるのです。

もちろん、これに関してはあくまで仮説ですし、直江状に関しても残っているのは写しであることが解っているため、正しい内容であるかも疑問が残っています。

ただ、現実として「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍は敗走。家康に歯向かった上杉家は、120万石から30万石に減らされ、米沢へと国を移しています。

 

 

苦しい米沢での生活

敗軍となり、米沢に追いやられた上杉家ですが、家康に逆らったことを思えば家が残るだけでも奇跡でした。

財政難が続く上杉家の生活はたいへんなものでしたが、少しずつ国を整備していき、兼続自身は学問所を作るなど貢献しています。

米沢の大地に栗や柿の木などを植えさせ、自分の家臣たちが食べられるようにと気を配ったのも兼続の思い付きでした。その後、兼続は江戸にて60歳の生涯を終えます。

亡くなってから、「家康についていれば上杉家がこのようになることはなかった」と兼続は責められるようになりますが、現在ではその手腕が評価されるようになっています。

 

スポンサードリンク

 

家紋がはっきりしない?直江兼続

さて、その直江兼続ですが、家紋は一体なにを使っていたのでしょうか?実は、兼続の家紋には諸説あり、どれを使っていたのかいまいちはっきりしません。
ただ、直江兼続の肖像画にある着物を見る限り、「三盛亀甲に三枚葉」のように見えます。

naoe5-fw

「三盛亀甲に三枚葉」

ただ、これに関して否定的な人もいるようで、「三盛亀甲に花菱」ではないか?という説もあります。

naoe6

「三盛亀甲に花菱」

 

どちらなのかは今後の研究が待たれるところですね。

 - 戦国武将の家紋