お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

立花宗茂の家紋とは?豊臣家から徳川家の家臣となった戦国武将の運命とは

   

戦国時代は、武将が他の武将に敗北すれば領地を取り上げられ、追い出されるというのが常。これで多くの武将が自分の領地を失い、時には命も失いました。

その時代の中で、「改易→旧領復活」という驚きの運命をたどっているのが「立花宗茂」です。改易から旧領に戻ることができたという経歴は異色で、あらゆる戦国大名の中で実現したのは彼一人だけです。

この記事ではそんな立花宗茂の家紋とこれまでの経緯について解説していきます

スポンサードリンク

 

豊臣秀吉に仕えた立花宗茂

彼は、主に豊臣秀吉に仕えた武将です。その時から彼の有能さは良く知られていたようで、「関ヶ原の戦い」の前には徳川家康が「褒賞をたくさん渡すから、こちら側(東軍)について欲しい」と懇願したほどとか。

しかし、豊臣家に仕えていた宗茂は「主君を裏切るような真似をするくらいなら、死んだ方がまし」と言って聞き入れませんでした。

立花宗茂
引用:https://ja.wikipedia.org/

関ケ原では石田三成率いる西軍へ

そして「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍に属して戦いますが、敗北してしまいます。敗軍の将となってしまったため、彼は武将の地位から平民へ落とされてしまい、浪人生活を送ることになりました。

かつての有能な武将であった宗茂を惜しんだのか、加藤清正や前田利長は家臣として宗茂を迎え入れようとしますが、彼は聞き入れませんでした。

 

西軍の立花宗茂が東軍を率いた家康に家臣として迎えられる

ところが、江戸に移動して静かに暮らしていた宗茂に転機が。徳川家康の部下であった本多忠勝が、宗茂を江戸城に呼んだのです。「関ヶ原の戦い」の前から、家康は宗茂の力を高く評価していたので、家臣として宗茂を迎え入れました。

やがて、豊臣家と徳川家の間で「大坂の陣」が勃発。この時、家康は宗茂が豊臣側に行かないようにかなりの説得を行ったと言います。この家康の情熱に心を打たれたのか、それとも「すでに主君は家康」と認めていたのか、宗茂は徳川秀忠(家康の息子)につき、敵方の大野治房がどう動くのかを予言して軍を動かしました。

スポンサードリンク


大坂の陣での貢献からタイ妙に復活する立花宗茂

また、敵将・豊臣秀頼が戦場に出ないことを先読みするなど、徳川に多くの貢献をしています。この活躍を認めた家康は、宗茂にかつての領地である築後・柳川を与え、大名に復活させています。

戦国時代でも異色の経歴を持つ立花宗茂。それができたのは、彼が極めて優秀な力を持つ武将であったからに他なりません。

 

立花宗茂の家紋は「祇園守紋」

立花宗茂は、「祇園守紋」と呼ばれる紋を使用していました。

祇園守紋
この家紋は、京都にある「八坂神社」の守り札から生まれた紋だそうで、他にも多くの武将が使用しています。

中央にある巻物がクロスした形になっていることから、「クロス=十字架」をデザインしたとも考えられ、キリスト教の布教を禁じられたキリシタンが使用していたのでは?という説もあるとか。

実際、「キリシタン大名」と呼ばれる小西行長は祇園護紋(中結祇園守紋)を使用していました。とはいえ、確固たる証拠はありません。

また、立花家がこの祇園守紋を使うようになったことには「宗茂が夢のなかで聞いたお告げをもとにしてこのデザインが生まれた」という説もあるようです。

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋