お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

鍋島勝茂の家紋と生涯について-肥前佐賀藩初代藩主となった戦国武将-

   

「鍋島勝茂」の画像検索結果]

頭脳明晰で知られる鍋島直茂の息子・勝茂

鍋島勝茂は肥前佐賀藩初代藩主となったことで良く知られる武将ですが、実は彼よりも父の直茂の方が有名です。

直茂は、肥前を治めていた龍造寺隆信という武将に仕えていた人物。頭脳明晰な人物として知られる直茂は、九州の大きな勢力であった大友家と隆信の戦いを勝利に導く作戦を立てているほか、隆信が亡くなったあとは島津氏に仕えながらも豊臣家と連携するなどして、鍋島家の存在を大きく躍進させています。その勢いは主の龍造寺家をもしのぐほど。

スポンサードリンク

 

秀吉は龍造寺家よりも鍋島直茂を高く評価

秀吉は龍造寺家の当主であった龍造寺高房よりも直茂の能力を買っており、「肥前の大名は事実上鍋島直茂であっった」と考えて間違いありません。秀吉の朝鮮出兵の総大将が直茂であったことからも、それは明らかです。

 

「関ヶ原の戦い」で見えた勝茂の本気

その直茂の子・勝茂が活躍したのは「関ヶ原の戦い」でした。勝茂は当初、石田三成率いる西軍に参加する予定でしたが、「東軍が勝つ」と読んでいた父・直茂は「西軍を抜けて東軍の徳川家康につくように」と言いました。

これを受け入れた勝茂は、関ヶ原の戦いの本戦開始前に西軍参加をとりやめ、徳川家康の東軍で闘うことを決意します。そのために大阪の屋敷に戻り、家康に忠誠心を見せるために「家の者全員で切腹して見せる」とまで言っています。家康はこの勝茂の行動を大いに気に入り、戦で九州の武将たちを攻撃することを条件に東軍に加えました。
頭脳明晰な父が活躍する一方、勝茂もこうして潔さを見せることで鍋島家を存続させたのです。

 

鍋島化け猫騒動について

こうした活躍もあって、鍋島勝茂は主での龍造寺家を抜く形で肥前佐賀藩初代藩主になっています。戦国の世にありながら、鍋島家は龍造寺家と争うことなく大名となりましたが、それでも「主を裏切った、利用した」などと悪く言われることも多く、それは歌舞伎の題材になるほど。
※1968年には「呪いの沼」というタイトルでこのことが映画化されました(しかし、実際の史実とはかなり内容が異なります)。

 

スポンサードリンク

 

造寺家当主・高房も死亡

大名の座を鍋島家に渡すことを拒んだ龍造寺家当主・高房は、直茂の養女でもあった妻を殺害して自分も自殺未遂をし、その後に実際に亡くなっています。この死にショックを受けたのか、高房の父も亡くなってしまいました。

無念のうちに亡くなった高房の心情を思う人が多かったのか、高房が死後に白装束をまとって城下町を馬で走っているという噂が流れました。これが「高房が飼っていた猫が化けて出て、直茂と勝茂を呪ったという伝説になっています。
勝茂の父・直茂は、晩年に耳の病気を患い苦しみ抜いて亡くなったそうで、これもまた「呪い」と言われる要因になったとか。

ただ、家臣が主と争うことが当たり前の戦国時代で、恨みを買いつつも主と戦うことはしなかった鍋島直茂と勝茂は、龍造寺家にきちんとした敬意も持っていたのではないでしょうか。

直茂が藩主となってもおかしくなかったところを、息子の勝茂にしたのも配慮のためと言われています(ただ、直茂が高齢であったためという話しもあります)。

 

鍋島家の家紋は「鍋島花杏葉」

鍋島勝茂が使用していた家紋は、「鍋島花杏葉」です。

 

家紋
 

この家紋は、勝茂の父・直茂が九州の有力者であった大友家の軍を破った時に得たもので、以来鍋島家ではこの家紋を定紋にしています。
九州で知らないものはいないと言われた大友家の家紋は、多くの武将にとってあこがれの存在でした。その大友家を破った証として、鍋島家はこの家紋を掲げるようになったのです。大友家と言えば大友宗麟が有名ですが、その勢いがどれだけ凄かったのかが解るエピソードです

 

スポンサードリンク

 

 

 - 戦国武将の家紋