お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

片倉小十郎の家紋「ばら藤に井桁」について|伊達政宗の忠臣・白石城主の生涯に迫る

   

片倉小十郎
 

片倉小十郎は、伊達家16代目当主・伊達輝宗と、その息子政宗の二代にわたって仕えた武将です。特に政宗の忠臣として知られ、政宗を語るときに小十郎の存在は欠かせません。
※「小十郎」という名前は通称で、本名は「片倉景綱」ですが、ここでは小十郎で統一していきます。

 

スポンサードリンク

 

喜多家に育てられた幼少期

小十郎は神職の息子として生まれ、両親が早くに亡くなったことから姉の喜多に育てられました。その喜多が、伊達輝宗のもとに生まれた子供の乳母に任命されたことが、小十郎と伊達家をつなげる縁となります。のちに、小十郎は輝宗の小姓に採用されています。輝宗の死後は息子の政宗に仕えました。

 

伊達政宗に忠誠を尽くす小十郎

小十郎がいかに政宗に忠誠を尽くしていたのか、よくわかるエピソードが残っています。政宗が幼い時に片目に毒が入ってしまい、それが悪化して眼球が垂れ下がった状態になり、失明してしまいました。あまりの容貌にショックを受けた政宗は、ショックを受けて人目を避けるようになります。このままでは政宗にとってよくないと考えた小十郎は、自ら政宗の失明した目を取り去りました。以後、政宗は小十郎を一番の家臣として頼るようになり、小十郎も生涯その信頼にこたえています。

 

秀吉の打診も断り政宗に仕え続けた

小十郎は頭脳明晰な武将であったと言われ、その才能を認めた豊臣秀吉が「自分の家臣にしたい」と申し出たと言われています。しかし小十郎はこれを固辞。変わらず政宗に仕え続けることを選んでいます。

 

スポンサードリンク

 

小十郎を有名にした「小田原征伐」の存在

小十郎は伊達家の多くの戦に参加し、戦果をあげています。中でも彼を有名にしたのは、豊臣秀吉と北条氏の間で勃発した「小田原征伐」という戦でした。この小田原征伐は、豊臣秀吉の天下統一がかかっていた戦いです。

 

小田原征伐で豊臣側につく英断

当初、伊達家は北条家のほうに味方しようと考えていましたが、時勢をみた小十郎が「豊臣側につくべき」と助言したことから豊臣軍に参加。その結果、豊臣秀吉が勝利し天下統一を果たしました。ここで伊達家が北条氏についていれば、伊達家は秀吉に滅ぼされていたでしょう。また、小十郎の進言だからこそ伊達家も豊臣秀吉を選んだはずです。小十郎の優秀さ、そして両家のつながりの深さがよく伺える出来事です。

 

小十郎の居城「白石城」の存在

小十郎は、「白石城」というお城を持っています。政宗が仙台藩主となったときに、江戸幕府は「一国一城」の令をだしており、本来であれば政宗の家臣が城を持ちつづけることは許されないはずでした。しかし、この白石城だけは特例で残され、変わらず片倉家が居住しています。

片倉家では小十郎が亡くなったあとも息子の重長が政宗と子らに仕え、両家は世代を超えて強い結びつきを維持しました。現在も、政宗を祀るために作られた「青葉神社」の神主は片倉家が務めています。

 

片倉小十郎の家紋は「ばら藤に井桁」

片倉小十郎の家紋は「ばら藤に井桁(ばらふじにいげた)」。

 

barahujini
 

ちょっとわかりにくいですが、「藤紋」のひとつです。この家紋は他の家で使用している例がないことから、片倉家のみがしようしていた家紋と言われています。片倉家の菩提寺でも、この家紋を使用しているとか。

政宗から与えられた「九曜紋」

さらに、政宗から「九曜紋」を与えられて使用していたことも解っています。

 

家紋
 

九曜紋は星を家紋にしたもので、政宗自身も愛用していました。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋