お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

朝倉義景の家紋「三つ盛り木瓜」と生涯|朝倉家を滅亡に導いた戦国武将

   

朝倉義景は、「越前(今の福井県)」の戦国武将です。越前において、朝倉家は非常に力を持った有力者であり、その力は将軍足利家と同格と言われていたほど。その後継ぎとして生まれたのが義景です。

 

朝倉義景
 

父が非常によく名を知られた名将であったことから、後継ぎとしての力を期待されていた義景ですが、彼は名門・朝倉家を破滅させる要因を作ってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

足利義輝によって松永久秀が暗殺される

義景が朝倉家を継いですぐ、時の将軍足利義輝が松永久秀に暗殺されてしまいます。これにより、義輝の弟であった足利義昭があとを継ぐことになり、京都を奪還して将軍になるための手伝いをしてほしいと義景に呼びかけます。

しかしなぜか義景はこれに乗らず、業を煮やした義昭は当時勢いのあった織田信長を頼りました。信長はその命を受け、見事に義昭を将軍職に復帰させています。

 

天下の織田信長を怒らせてしまった義景

これが面白くなかった義景は、将軍となった義昭の知らせを無視。
足利家を助けて権力を得た信長にあいさつに行かなければなりませんでしたが、これも無視してしまいました。
これで、信長を怒らせてしまいます。

 

信長、朝倉家の撃破に出陣!迎える義景を支える浅井家

怒った信長は朝倉家を滅びすために軍を率いて出陣。この朝倉家の危機をみた浅井家が、長く朝倉家に世話なった恩義のために織田信長との同盟を破棄して朝倉家につきます。しかし信長に勝つことはできず、浅井家は滅亡へ。浅井家が織田に攻め込まれたときに朝倉家は援軍を出したものの、義景自身は軍に参加していません。

 

スポンサードリンク


朝倉家の重臣からも見限られる義景

このような義景の態度に、朝倉家の重臣たちも彼を見限っていたのかもしれません。その後に起きた信長との戦いで、義景の家臣たちは戦に参加しませんでした。義景はそれでも織田軍とたたかいますが、織田軍の勢いに逃亡。その後は最後までついてきた部下にも裏切られ、寺の中にいるところをその部下に囲まれ、切腹して果てました。

 

朝倉義景の家紋は「三つ盛木瓜」

朝倉義景の家紋は「三つ盛木瓜」。木瓜が三つ重なった形の家紋で、どこか優雅さがあります。

43.fw
 

武将としては決して良い功績を残しているとは言えない義景ですが、文化人としては素晴らしい才能を持っていたそうで、彼が残した庭園は非常に美しかったと今も語られるほどです。

朝倉家が滅びるときにそのすべてが燃えてしまいましたが、戦を好まなかったともいわれる彼が作った庭がどんなものだったのか、見てみたいものですね。時代が違えば、彼は素晴らしい才を持った文化人として名を残していたのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋