お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

脇坂安治の家紋は長谷寺に由来?石田三成を裏切った関ケ原で裏切った戦国武将に迫る

   

脇坂安治
 

「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる「西軍」を裏切り、東軍側に寝返った武将と言えば小早川秀秋が有名ですね。しかし、実は戦の途中で三成を裏切ったのは秀秋だけではありませんでした。
脇坂安治という武将もまた、三成を裏切った一人です。

 

スポンサードリンク

 

水軍でよく知られた武将・脇坂安治~関ヶ原での裏切りの真相とは

脇坂安治と言えば「水軍」。浅井長政→織田信長→豊臣秀吉の順に仕えていた安治は「水軍」を率いていた武将として知られ、秀吉の朝鮮出兵で水軍で朝鮮の李舜臣(りしゅんしん)と戦ったことが特に有名です。ここで安治は李舜臣に敗北していますが、死後も朝鮮で英雄として語られている李舜臣と戦った彼は「日本一の水軍の将」と今も現地で語られているそうです。

 

関が原では家康率いる東軍につきたかった安治

豊臣秀吉に仕えていた安治ですが、彼の死後に豊臣家で力を持つようになった石田三成とは反りが合わなかったようです。三成は秀吉の側近であった福島正則らとも軋轢があり、豊臣家の家臣たちからは良いように思われていませんでした。安治も、三成には思うところがあったのでしょう。

その対立から時代は家康と三成が戦う「関ヶ原の戦い」へと流れていくのですが、三成に見切りをつけていた安治は当初から家康側につきたいと考えていました。
しかし、その気持ちを三成側に見抜かれていたために妨害に遭い、三成率いる西軍への参加となってしまったのです。

 

家康側に「戦中に寝返る」と伝える

どうしても家康につきたいと考えていた安治は、家康側に「戦中に寝返る」ということをあらかじめ伝えていました。つまり、安治にしてみれば「裏切りどころか、そもそも三成側についたつもりはない」ということだったのでしょう。

 

大谷吉継は小早川秀秋の裏切りを読む

実は、石田三成の家臣・大谷吉継は小早川秀秋の裏切りは事前に察していました。「小早川は裏切る」ということを前提に軍を動かしていたので、大谷軍と小早川軍が戦になった時には大谷軍の方が小早川の軍勢を圧倒し、西軍の方が有利だったのです。

 

スポンサードリンク


大谷義継でも読めなかった脇坂安治、小川祐忠、赤座直保、朽木元網の寝返り

しかし、脇坂安治をはじめ小川祐忠、赤座直保、朽木元網が寝返ることは予想しておらず、安治たちの軍勢によって大谷軍は壊滅、戦の情勢は東軍に傾いたのです。

さらに、西軍に参加した他の武将の中にも情報を東軍に流していた武将がいますし、四国の武将で有名な長曾我部盛親も「仕方なく西軍に参加」という状況でした。

当時の家康の勢いから「東軍につきたい」と考えた武将も多いと考えられますが、もうひとつの理由は「豊臣秀吉の版年の行動が諸大名からよく思われていなかったこと」。そして「石田三成自身に人望がなかった」ということが、大きな理由でしょう。こうして石田三成はこの世を去り、時代は徳川へと急速に動いていくのです。

 

脇坂安治の家紋は「輪違紋」

脇坂安治が使用していた家紋は「輪違紋(わちがいもん)です。
この紋は、「長谷寺」というところが使用していた寺の紋で、そこから派生して武将たちが使用するようになりました。もちろん、この二つの輪が重なっている様なデザインにもちゃんとした意味があります。

家紋
 

まず、この二つの輪は「天を表す金剛界」と「地を表す胎蔵界」を表しています。

「金剛界は智」「胎蔵界は理」のことで、二つの輪がつながることで「天と地の調和」という意味になるそう。意味もさることながら、この家紋の美しさも輪違紋が広まった大きな理由の一つになっています。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋