お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

仙石秀久の家紋は「無」それとも永楽銭紋?秀吉初の部下となった戦国武将

   

仙石秀久は、「無」の旗印で有名な武将ですね。この仙石秀久ですが、見ようによっては能力のない武将になり、しかし別の方面から見れば「恩」を大切にした武将にもなり、なんとも不思議な武将です。そんな彼の家紋について解説します

仙石秀久
 

スポンサードリンク

 

秀吉に初期から仕えた武将・仙石秀久

仙石秀久が生まれた仙石家は、美濃(今の岐阜県の一部)の斎藤道三という大名に仕えていました。四男として生まれたために養子に出されていましたが、後継ぎになるはずだった兄たちが続けて亡くなったために秀久が仙石家を継ぐことになります。

その後、勢力を伸ばしつつあった織田信長についた秀久は、14歳という若さながらその才能を信長に認められ、信長の家臣・木下藤吉郎に仕えることになりました。

 

秀吉初めての部下こそ戦国久秀

さて、この木下藤吉郎がだれだか分かりますか?そう、後の豊臣秀吉です!(ここでは藤吉郎を秀吉で統一します)秀吉は農民出身で、織田信長と出会った時も足軽という低い身分でした。その秀吉が信長に取り立てられてから、はじめてできた家臣がこの秀久。秀吉にとって初めての部下ですから、それは嬉しかったでしょう。

 

本能寺の変後は現在の淡路島を平定

秀久は、織田信長が「本能寺の変」で討たれたあとは「淡路平定(淡路;現在の淡路島、病後県の一部)」を平定するなどの活躍をしており、これにより洲本城の城主にもなりました。後に行われた四国攻めでも功績を残し、讃岐13万石を得るなど、秀吉のもとでどんどん力をつけていったのです。

 

スポンサードリンク

 

九州征伐の失敗ですべてを失った秀久

そんな秀久ですが、どうやら人の言うことをきかないところがあったようです。秀吉が九州征伐を仕掛けようとする際、秀久に「援軍をやるから待つように」と言われたのに、それを聞かずに軍を率いて攻め込んでしまいました。その結果、秀久の軍は敗北。

それも、同じ四国の土佐藩を治めていた長曾我部信親らが奮戦しているにもかかわらず、「負ける」と分かったとたんに逃亡。その結果、長曾我部信親は戦死してしまいます。
※この信親が死んだことが、後の長曾我部家滅亡のきっかけになってしまいます…。

 

秀吉から臆病者と呼ばれ領地減少

これに激怒した秀吉は、秀久から讃岐の領地を取り上げます。さらに、まだ兵が戦っているのに逃げ帰った秀久を「臆病者」と罵り、高野山に追いやられてしまいました。自分の命令を無視した結果、敗北した秀久への怒りはただならぬものがあったのでしょうね。

 

・その後「鈴鳴り武者」としての復活

しかし、秀久は秀吉のもとで働くことをあきらめていませんでした。もはや天下統一をすることが確実となった豊臣秀吉が、関東の名家・北条氏を攻める「小田原征伐」では、わずかな家臣たちを率いて秀吉のもとに向かい、自分たちも戦わせてくれるように願い出ます。

まだ秀久を許していなかった秀吉ですが、徳川家康がとりなしたことで秀久の軍参加を許しました。
この戦で、秀久は「何もかも失った自分の立場」を示すかのように、旗印に「無」の紋を入れて出陣。

旗印
 

小田原征伐で秀吉の信頼を回復することに成功

羽織りに鈴をつけ、敵に見つかりやすくしたうえで戦い、秀吉への忠義を示しました。それを見た秀吉は、ようやく秀久と謁見。ここで秀久を許し、自らの黄金の金団扇を手渡したうえで、5000万石と小諸城を与えています。なお、小諸城はこの時点で未完成のままで、秀久が完成させています。

ただ、秀久は領地と城をもらってもほとんど住まなかったといいます。なぜなら、今でいう長野県にあった小諸城は秀吉がいた大阪にあまりに遠かったため。秀吉の近くにいるために、秀久は大阪に近い京都に住むことを選びました。秀吉への恩を大切にしていたのでしょう。

 

スポンサードリンク


「恩」を忘れず、「関ヶ原の戦い」では家康についた

その秀吉が亡くなったあと、豊臣家の家臣・石田三成と徳川家康の間で「関ヶ原の戦い」が勃発。ここで秀久は、小田原征伐の際に秀吉との間を取り持ってくれた徳川家康の軍に参加しています。

※秀久の次男は三成の軍に参加。「関ヶ原の戦い」では、こうして親子が分かれて双方の軍に入ることが多くみられました。有名どころだと、真田幸村がそうですね。

 

秀吉亡き後は家康の息子秀忠に忠義を立てる

秀久は家康の息子・徳川秀忠に付き添って「上田城攻め(真田昌幸)」をしていましたが、真田軍は思った以上に手ごわく、秀忠は苦戦を強いられます。その最中、秀久は自らを真田軍に人質と差出し、秀忠本人には家康のところへ向かうようにと進言。秀忠の命を守るために捨て身の覚悟を見せました。
さらに家康から「(関ヶ原の戦いがはじまるため)美濃にいくように」と言われた秀忠が、悪天候のために戦の参加に遅れてしまった時は、怒る家康に秀忠を許してくれるように嘆願を行い、秀忠を助けています。

 

徳川2代目将軍秀忠が秀久を認める

命を懸けて「恩」に生きた秀久に、秀忠は「恩」を返します。徳川家の二代目将軍になったあと、秀忠は自分をかばってくれた秀久を大切に扱いました。こうして秀忠に仕えながら穏やかな生活を送ったのち、64歳で亡くなりました。

秀吉の命に背いて戦に敗北・さらに自分だけ逃げかえったことで「臆病者」と言われ、悪評もある秀久ですが、その後の人生では秀吉に忠義を尽くし、さらに徳川家にも認められる存在になっています。一度讃岐の領土を取り上げられ、追いやられたことで生き方を見つめ直したからこそ、かもしれません。

 

仙石秀久の家紋は「永楽銭紋」

仙石秀久の家紋は、貨幣でもよく知られる「永楽銭紋」。
この家紋は織田信長も使用しており、信長が秀久に下賜したと言われています。

家紋 「丸に無」の文字を入れたものが非常に有名ですが、これは家紋ではなく「旗印」です。一度領地を取り上げられた秀久が、再び「小田原征伐」で豊臣秀吉のもとで戦うことをきっかけに使用するようになりました。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋