お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

井伊直政の家紋について|井伊直虎が守り抜いた井伊家の血脈

   

井伊直政
2017年の大河ドラマの主人公・井伊直虎。この井伊直虎のかつての婚約者と、妻の間に生まれたのが井伊直政です。徳川家を支える「徳川四天王」にまでになった直政ですが、実はその生まれには「井伊家の悲劇」が関係しています。そんな彼も家紋と生涯をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

次々と男子が死んでしまった井伊家

直政が生まれる前のこと。井伊家は次々と男児が死んでいくという悲劇に見舞われます。主である今川家から謀反を疑われて切腹させられたり、桶狭間の戦いで死んでしまったり…。あまりに不可解な死に方が多いので、今川家が井伊家を乗っ取るために暗躍していたとさえ言われるほどです。

 

直政の父は「井伊直親」は井伊家当主・井伊直盛の親族だった

直盛には女児一人しか子供がなかったため、この女児(のちの井伊直虎)と直親を結婚させることで井伊家を存続させるつもりでした。しかし、井伊家の男子が次々と死んでいく中で直親の身も危うくなり、直親は脱出。結婚するはずだった娘は、仏門に入って俗世を離れます。

 

直親にようやく生まれた男児こそ「井伊直政」

そして直親は、井伊家を継ぐときになって戻り、娶った妻との間に男児をもうけました。この男児が「井伊直政」です。父・直親もまた謀反の疑いをかけられて殺害され、井伊家の男子は幼い直政だけになってしまいました。
直政を生かして大名にすること。これは井伊家の血をひく全員の悲願だったと言っていいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

直親殺害後に直政を養う直虎

この時、仏門に行った直盛の娘が井伊家に復帰します。そして「井伊直虎」と名乗って女城主となり、井伊家に遺された希望である直政を守り、育て上げました。直政は井伊家の希望の星であり、養母である直虎が、かつての婚約者の忘れ形見を守り抜いた証でもあるのです。

 

15歳で家康に仕え、徳川四天王にまでなった直政

直政は15歳にして家康に仕えるようになり、以後死ぬまで家康への忠誠を誓っています。武田信玄に仕えた最強のエリート集団「赤備え」を引き継ぎ、真っ赤な甲冑で戦を駆け抜ける姿は「井伊の赤備え」とも呼ばれたほど。その優秀さを家康もたいそう気に入り、異例の速さで出世を遂げています。これには、「主である家康に応えたい」という気持ちと「井伊家のために」という強い願いがあったに違いありません。

 

齢42歳で他界するも井伊家の復興に大いに貢献

「関ヶ原の戦い」の傷が響いて42歳の若さで亡くなりましたが、彼は井伊家の復興に大いに貢献し、子孫もちゃんとのこしています。井伊家を存続させたいという一心で彼を育てた直虎や、先に死んでいった父や他の親族たちの願いは彼によって果たされることになります。幕末に「桜田門外の変」で殺害された大老・井伊直弼は彼の子孫です。

 

井伊直政の家紋は「丸に橘」

 

家紋
 

井伊直政の家紋は「丸に橘」紋です。橘紋は他にもたくさんありますが、井伊家が使用したものは「井伊橘」とよばれ、区別されています。

 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋