お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

池田輝政の家紋と生涯|現在の姫路城を作った戦国武将(池田恒興の次男)

   

池田輝政
 

近年、「平成の大改修」として姫路城が綺麗にされましたが、現在の姫路城の姿を作ったのが池田輝政という武将です。この池田輝政の家紋とこれまでを見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

父と兄が戦死したために、家督を継ぐことになった輝政

池田輝政は、池田恒興という武将の次男として生まれました。上に兄がいたために家督相続をする予定はなく、兄と共に信長に仕えたあとに養子にいっています。兄と一緒に父の名代を務めるなど、兄との関係はなかなか良かった様子。父のために二人で行動していたようで、その様子が伝わっています。

 

信長死後は秀吉に仕えた輝政

信長の死後は、その家臣であった羽柴秀吉に仕えるようになり、明智光秀討伐にも参加しました。その後も父や兄と共に手柄を立てましたが、兄と父は戦死してしまいました(この戦いで、森蘭丸の兄・森長可も戦死しています)。

 

ついに池田家の家督を継ぐことになった輝政

二人が死んだと伝えられた輝政は、敵を討つために敵陣に行こうとしたのを家臣に止められたとか。日ごろから仲のいい兄が亡くなったことがよほど悔しかったのでしょう。しかし、これはもともと家督を継ぐはずではなかった輝政が継ぐチャンスにもなりました。父と兄の跡を継ぎ、輝政は池田家を継ぐことになったのです。

 

スポンサードリンク

 

姫路城を改修~幕末まで家は存続

上述した通り、輝政は姫路城の改修を行っています。姫路城は敵に攻め込まれやすい弱点があったため、家臣は「別のところに建て直したらどうか」とすすめたそうですが、輝政は「敵が攻め込んで来たら倒せばいい」と言い切り、城を改修したとか。

この輝政が回収した城が、現在の姫路城です。平成に入って改修されたものの、輝政が作り上げた姫路城が今も見られるというのは感慨深いですよね。池田家は親族全員の国を合わせると西国一の大名になるほど上り詰め、幕末までその勢力を維持したと言われています。

これだけ大きな勢力をもっても、輝政は倹約家で家臣たちをとても大切にしており、慕われていたと言われています。

 

池田輝政の家紋は「備前蝶(池田蝶)」

家紋
池田輝政が使用していた家紋は「備前蝶」です。「池田蝶」とも呼ばれており、池田家といったらこの家紋ですね。実は、この前には「揚羽蝶」という家紋を使用していたことが解っており、輝政が改修した姫路城にも「揚羽蝶」の家紋が残されています。

 

揚羽蝶

 

家紋
 

しかし、池田家の勢いが強まるとともに「池田姓」を使う人がかなり増えたそうで、区別する意味で「備前蝶」を使用するようになったとか。「揚羽蝶」は、織田信長も使用していた家紋として有名です。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋